競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね282 コメント24
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年11月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RSS
RSSフィード RSS
買う必要がない人気馬
2018-10-18 18:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
自身のメルマガは消える人気馬を知りたい方も必見。
(消し理由を詳しく説明。恐怖のデータが存在するレースもあり)

なぜなら人気馬は資金を圧迫するからだ。
(どうやって儲けるの?という印や買い目は意味がない)

これはなかなか完消しできないだろうという人気馬を、
独自の分析で理論的に消している。

分析を参考に買い目を決めるという方にも好評。
(1レースあたりのメルマガ量は1万文字以上

今年も例によって印数は少ない。
(1レース平均4頭のみ)

印は多ければ多いほど資金が必要、
特に人気馬は金がかかるので消せば消すほど馬券は組みやすくなる。

競馬は「どの馬を買うか」だけでなく、
「どの馬を買わないか」が大切なのである。

自分のモットーは印をダラダラと打たないこと、
今週の「消える人気馬」もお楽しみに。


さて菊花賞の枠順が先程発表されたが、
本日のランキング内では好枠をゲットした伏兵を紹介。
人気薄必至のこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


自身のメルマガは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目、印(無印)の説明の4部構成。

1レースあたり「1万文字以上」が基本という大ボリューム。
(ちなみに最も長いのは印の説明)

つまり週末はとんでもない量がメルマガが配信されているわけだが、
(分析を参考に買い目を決めるなど、使い方は会員様によって様々

本日はメルマガのサンプルとして、
先週の府中牝馬Sで危険だった3、4、5番人気の見解を紹介。

この3頭はレーステーマに合っていなかった上、
(レーステーマについては事前検証印の説明時に詳しく記載)

個別に見ても死角ありだったので、
新聞では印がビッシリと並んでいたが自信の消し。

資金を圧迫する上位人気をこれだけ切れることができれば、
競馬ファンの馬券検討には助かるだろう。

以下は自身のメルマガ(出走全馬の見解)からの抜粋文、
人気3頭の全文をノンストップでお送りする。


<ソウルスターリング>

オークスまでは(5-0-1-0)とパーフェクトな戦歴、
しかしオークス後は(0-0-1-5)

昨秋の3戦は1番人気8着→4番人気6着→4番人気7着、
そして今年の3戦は2番人気10着→5番人気7着→2番人気3着。

このように近6戦は全て「人気を下回る着順」
全く期待に応えることができていない。

昨年のオークスがハイレベルだったことは明らかで、
モズカッチャン、ディアドラ、リスグラシューなどは順調に成長しているが、

これらをねじ伏せたソウルスターリングは、
(後半1000M57秒台の流れを番手から押し切り。勝ち時計も秀逸)

3歳春に走り過ぎた反動で燃え尽きてしまった印象、
少なくともトップクラス(G1級)ではなくなっている。

前走クイーンSは久々に馬券に絡んだものの、
ディアドラには3馬身ちぎられたように完敗。

しかもベストと言える状況だったので物足りない。
(良馬場で適度に上がりの掛かるレースがストライクゾーン)

バリバリの欧州血統で持続力勝負には強いが、
高速上がりが要求されるレースでは切れ負けする。

大敗した毎日王冠や阪神牝馬Sがいい例だが、
(共にレース上がり33秒台)

府中牝馬Sも高速上がり勝負が定番、
そもそも東京の短中距離は本質的に合わないタイプ。


<ミスパンテール>

芝1600M以下では(5-1-0-2)
馬券圏外に敗れたのは桜花賞と前走Vマイルのみ。

桜花賞、Vマイル共に4番人気でも無印としたように敗因は明確、
この2戦は「間隔が詰まっていた」という共通点があった。

休み明けから能力全開のタイプだが、
その一方で父系、牝系共に反動が出やすい血統なのだ。

桜花賞は長期休養明けのチューリップ賞を激走した反動、
まさに血統に忠実と言える大敗。

2~4走前の重賞3連勝は適度に間隔をあけていたので、
(中8週→中8週→中6週)

問題なく走れていたのだが、
前走Vマイルは桜花賞(16着)と同じ中4週。

しかも破竹の連勝で迎えている中での短い間隔、
いかにも崩れるタイミングだったのである。

そもそも重賞3連勝は全て展開や馬場に恵まれたもの、
鞍上の好騎乗までありながら全て着差は僅か。

普通にG1では能力的に厳しく、
さすがに4戦連続で恵まれる可能性は低かったのである。

それを考慮すれば掲示板確保は頑張った方、
今後はG1級のマイラーに成長する可能性は十分。

今回は休み明けなので走れる状況だが、
やはり距離延長は大きなマイナスだろう。

ダイワメジャー産駒の牝馬は芝1800M以上の重賞で、
(0-0-3-49)

3歳限定のG2、G3で3着が3回あるのみ、
古馬重賞では1頭も好走したことがない。

今年はマーメイドSでミリッサが人気を裏切っている。
(2番人気に支持されるも5着止まり。もちろん無印)

ダイワメジャー産駒の牝馬はマイル以下が主戦場なので、
中距離重賞に出走してきた時は疑ってかかるべき。

ミスパンテールもオークス、ローズSで大敗を喫し、
マイル路線に切り替えた途端に快進撃が始まっている。

この馬は牝系もスピード血統。
(伯父のウインラディウスは芝1400~1600Mで重賞3勝)


<ジュールポレール>

前走Vマイルは8番人気ながら○を打ったように条件ドンピシャ。
(無料メルマガで配信していた週1頭のみの厳選穴馬にも指名)

そして兄妹G1制覇を達成した。
(半兄サダムパテックはマイルCS優勝)

昨秋はG1レーシングの使い分け!?でマイルCSへは向かわず。
(そのマイルCSではG1レーシングが1着、3着)

適性外のエリザベス女王杯に回されたのは不運だっただけに、
陣営としても今春は期するものがあったのだろう。

前走Vマイルのメルマガでもお伝えしたように、
血統的にピークを迎えているが、

今回は距離延長に加えて酷量56キロと分が悪く、
能力全開は次走マイルCSか。

休み明けから走れるタイプなので格好はつけるだろうが、
(中8週以上は4戦3勝)

言うまでもなくベストは全6勝中5勝を挙げているマイル。
(1800Mも守備範囲だが)



以上がメルマガからの抜粋文。
(人気3頭の出走全馬の見解)

人気凡走馬の中でジュールポレールだけが格好をつけたのは想定通り。
(そしてラストで甘くなったのも想定通り)

ソウルスターリングの根強い人気ぶりには驚いたが、
どう考えてもピークは過ぎており以前とは別馬。

しかもレーステーマに合っていない上に不向きな東京の短中距離、
まさにトリプルパンチの状況でブービー負けも必然。

前走クイーンS3着は復活でも何でもない、
メルマガを読んでいれば「お客さん」を買わずに済んだことだろう。


ミスパンテールは血統分析を土台にしている予想家で買う人はいないはず。
(結果はソウルスターリングにハナ差だけ先着)

競馬に絶対はないが十中八九来ない状況、
1円も買う必要はなかったのである。

レース前から勝負がついている馬を人気で買うのは金をドブに捨てるようなもの、
ダイワメジャーの危険データを知っているだけで手を出さずに済む。

案の定レースでは早々と終了、
この馬を軸に買っていた方が気の毒なほど見せ場なし。

今週の2重賞も人気馬をガシガシ消す予定、
楽しみに予想(1万文字以上の分析)をお待ちいただければと思う。


メルマガは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目、印(無印)の説明の4部構成。

1レースあたり「1万文字以上」が基本という大ボリューム、
つまり週末はとんでもない量がメルマガが配信されている。

そして当該レースだけでなく、
今後(他レース)の馬券検討にも役立つデータが満載。

消える人気馬を知りたい方も必見。
(消し理由を詳しく説明。恐怖のデータが存在するレースもあり)

読んでいてワクワクするメルマガがモットー、
使い方は会員様によって様々。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
分析や印を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるだろう。
(実際に買い目をアレンジしている方は非常に多い)


牝系や配合にもこだわって予想しているので、
(かなり有効だから)

牝系や配合を知りたい方はぜひ。
(新聞には書いてない情報が満載)

他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み、
もちろん血統以外のデータも惜しみなく披露。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

覚えておいて損はないマニアックなデータが豊富、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

7月半ばから新商品も発売しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐ。の推奨穴馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ