競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね284 コメント25
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年12月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
RSS
RSSフィード RSS
黄金のトライアングル
2018-08-09 18:00:00
テーマ: 未設定
いいねする いいね1
先週の小倉記念は当てるだけなら誰でもできるメンバー構成、
言うまでもなく「どう儲けるか」が焦点だったが、

◎○のワンツーで回収率ほぼ400%なら上々。
(馬連2点勝負)

もちろん今週の2重賞はそれ以上の回収率が見込めるので、
まずは月間プラスを確定させたいと思う。

いずれにしても分析を買い目にしっかり反映させることが大切、
夏重賞専用データの破壊力は凄まじいのだから。

というわけで本日のランキング内では、
エルムSの特注血統を紹介中。
この血統は攻略に欠かせない→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


先週の小倉記念はトリオンフを軸に、
相手を2頭に絞って馬連勝負。

今年のメンバーは能力差がはっきりしていたので、
4強の順位付けをするだけだった。

4強の中で危険馬に指名したのはストロングタイタン。
(1番人気に支持された昨年も無印としたように小倉記念は合わない)

よって連対まで来れる可能性があったのは3頭のみ、
その中でトリオンフが信頼の軸。

そしてサトノクロニクルが相手筆頭、
トリオンフには及ばないものの不動の○評価。

超高速馬場の適性疑問と思われていたが、
(時計が足りないという記事も多かった)

その点に関しては血統的に問題なし、
レコード決着にも十分に対応可能だったのである。

さらに外厩帰りだと決して崩れない馬、
以下は自身のメルマガからの抜粋文。

今後の馬券検討に役立つ内容でもあるのでお見逃しなく。
(特に高速決着時の種牡馬別データは必見)


○はサトノクロニクル。

小倉記念は血統面から言うと「トニービンレース」だが、
人間面から見ると「池江レース」

池江厩舎は小倉記念に滅法強く、
二桁人気を除くと(2-3-0-4)

連対率56%、複勝回収率128%、
半数以上が連対している。

9頭中7頭が「4着以内」
崩れる馬はほとんどいない。

さらに踏み込んで見てみると、
連対した5頭全馬「前走掲示板外」からの巻き返し。

まさに小倉記念に照準を合わせての好走、
さすがは池江厩舎と言ったところ。

16年2着ベルーフ(前走9着)
15年2着ベルーフ(前走12着)
14年1着サトノノブレス(前走8着)
13年2着ラブリーデイ(前走7着)
08年1着ドリームジャーニー(前走10着)


さらに事前検証でお伝えした通り、
当レースはここを狙い済ました「余力十分」の馬が有利。

期待値が高いローテーションは「中7週以上」だが、
連対した池江厩舎の上記5頭は全馬「中7週以上」

つまり池江厩舎で「前走掲示板外&中7週以上」なら、
信頼度は相当に高いのだ。

今年はサトノクロニクル、ストロングタイタン、マウントゴールドの3頭出し、
この中で「前走掲示板外&中7週以上」はサトノクロニクル。

まさに小倉記念に照準を合わせてきた馬、
トニービンの血まで流れているのだから言うことなし。

さらに4歳なので事前検証で紹介した重要ファクターを全てクリア、
レーステーマに完璧に合致している。


小倉記念は良馬場なら1分57秒台が定番。
(昨日の馬場を見る限り、レコードの可能性も十分)

サトノクロニクルの持ち時計は1分58秒台だが、
血統的に詰められるはず。

芝2000Mで1分56~57秒台の高速決着になると、
最も強い種牡馬は言うまでもなくディープインパクト。

そしてディープの次に勝ち星が多いのはハーツクライ。
(ディープ12勝、ハーツ4勝。データは13年以降)

代表例は何と言っても13年秋天のジャスタウェイ。
(1分57秒5で4馬身差の大楽勝)

14年秋華賞ではヌーヴォレコルトがクビ差2着。
(1分57秒0で走破)

昨年の新潟記念では12番人気カフジプリンスがクビ、ハナ差の3着。
(1分57秒9で走破)

小倉芝2000Mのレコードを持っているのはハーツクライ産駒メイショウナルト。
(13年小倉記念でマークした1分57秒1)

ちなみに昨日の小倉9Rは1分57秒台だったが、
1、2着ディープ産駒、3着ハーツクライ産駒と傾向通りの結果。


サトノクロニクルは(1-4-1-0)の外厩帰り(しがらき帰り)でもあり、
本来であれば迷わず◎の場面なのだが、

近2走「3000M以上」を使ってきている点だけが懸念材料、
超高速馬場で久々の2000Mに一抹の不安あり。

短縮ローテは(2-0-0-0)と得意ではある。
(それぞれ400M、1000Mの大幅短縮で勝利)


以上がメルマガからの抜粋文。

ハーツクライ産駒なので芝2000Mのレコード決着は歓迎も、
サトノクロニクルはとにかくズブくてエンジンの掛かりが遅いタイプ。

デムーロはそれを理解しているので今回も先行策。
(デムーロ騎乗時は全て3角3番手。他のジョッキーだと全て3角4番手以下

長距離(3000M超)を連戦していた分、
余計に勝負どころでモタついたが、

これを動かせるデムーロはさすがの一言、
相手をトリオンフ1頭に絞ったレース運びも見事。

トリオンフと能力以上に差が広がったのは大幅短縮の分だろう。
(相手は平坦小回りの鬼、外枠巧者で負けようがなかったが)


今回はレーステーマにもドンピシャだった上に、
(トニービン&池江。しかも余力十分の4歳馬)

サトノクロニクル自身が得意にしている外厩帰り、
トリオンフ不在なら◎を打っていただろう。

これで外厩帰り(しがらき)は(1-5-1-0)
パーフェクト継続中なので覚えておいて損はない。

そしてやはり小倉記念は「池江レース」だった。
(3着も池江厩舎のマウントゴールド)

逃げ粘ったマウントゴールドに関しては、
黄金のトライアングルで人気一息は軽視禁物だと再認識。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(今回のマウントゴールドに関する記述から抜粋)


ステイゴールド×池江厩舎×青芝商事のトライアングルは凄い成績なので、
今後も注目の1頭であることに間違いない。

何度か紹介しているデータだが、
このトライアングルは10番人気以内だと(19-7-4-29)

勝率32%、連対率44%、3着内率51%、
単勝回収率253%、複勝回収率145%。

このトライアングルを見かけたら、
即買いと言っても過言ではないほどの数字を叩き出している。

半数が馬券になっているのも凄いが、
異常なほど勝ち切ることが多いので単勝回収率が強烈。

マウントゴールドは昨年の夏に4番人気、9番人気で連勝、
先々週はハニーゴールドが500万で10番人気ながら2着。

かつてはオーシャンブルーが活躍。
(金鯱賞や中山金杯を5番人気以下で優勝。有馬記念は10番人気2着)

最近ではステイインシアトルが記憶に新しい。
(昨年の鳴尾記念を3番人気で優勝。今年は新潟記念で9番人気2着)

現3歳シャルドネゴールドも楽しみな好素材。
(京都新聞杯3着。先月に3勝目を挙げている)

追いかけ続けるだけで儲かる優れもの、
このトライアングルデータは覚えておいて損はないだろう。


以上がメルマガからの抜粋文。

自身のメルマガは当該レースだけでなく、
今後(他レース)の馬券検討にも役立つデータが満載。

数え切れないほどの様々な有効データを所有。
(他ではお目にかかれない代物ばかり)

さらに血統(牝系)の勉強や分析を参考に買い目を決めるなど、
使い方は会員様によって様々である。


メルマガは重賞全レースを予想、
事前検証、出走全馬の見解、買い目、印(無印)の説明の4部構成。

1レースあたり「1万文字以上」が基本という大ボリューム、
つまり週末はとんでもない量がメルマガが配信されている。

消える人気馬を知りたい方も必見。
(消し理由を詳しく説明。恐怖のデータが存在するレースもあり)

読んでいてワクワクするメルマガがモットー、
使い方は会員様によって様々。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
分析や印を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるだろう。
(実際に買い目をアレンジしている方は非常に多い)


牝系や配合にもこだわって予想しているので、
(かなり有効だから)

牝系や配合を知りたい方はぜひ。
(新聞には書いてない情報が満載)

他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み、
もちろん血統以外のデータも惜しみなく披露。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

覚えておいて損はないマニアックなデータが豊富、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

先月半ばから新商品も発売しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐ。の推奨穴馬

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ