競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね280 コメント24
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年9月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
RSS
RSSフィード RSS
印5頭中3頭が二桁人気で2、4、5着も
2018-06-18 22:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
今週は宝塚記念の1本勝負、
本日のランキング内では一週前の穴候補を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では先週の結果報告。


<函館SS>
馬連
8-9(1点分)
5-8(1点分)
8-14(1点分)
8-16(1点分)

ワイド
8-9(6点分)
5-8(5点分)
8-14(4点分)
8-16(1点分)

計20点→不的中

◎ワンスインナムーン
○タマモブリリアン5着(11番人気)
▲ヒルノデイバロー2着(10番人気)
☆ノボバカラ
注アドマイヤゴッド4着(13番人気)


<ユニコーンS>
馬連
7-8(10点分)

3連複
7-8-14(10点分)

計20点→不的中

◎ハーベストムーン
○グリム
▲ルヴァンスレーヴ


ユニコーンSはフルゲート16頭立てだが絞りに絞って勝負、
馬連は◎○の1点、3連複は◎○▲の1点。

馬連(16.8倍)的中なら回収率800%以上、
3連複(12.7倍)的中なら回収率600%以上。

ダブル的中なら回収率1400%以上だったが、
結果はカスリもせず。

◎ハーベストムーンが致命的不利を受けたが、
(加害馬のジョッキー2名は戒告と過怠金)

○グリムが不発に終わったのでいずれにしても不的中、
身動きが取れない進路取りになってしまって持ち味を生かせず。

1~3着は3角8番手以下、4~5着は3角先頭&2番手、
ごちゃついた好位勢は全滅という結果だった。


函館SSはワンスインナムーンを軸に相手4頭の馬連、ワイド勝負、
相手4頭は全馬「二桁人気」でヒモ荒れ狙い。

ワイド単独的中でも回収率500~600%、
馬連とのダブル的中なら回収率1000%以上。

馬連、ワイド2本のトリプル的中なら、
回収率2000%に肉薄。

ノボバカラが連対まで来たら回収率3000%超え。
(馬連オッズが500倍以上なので)


人気馬をほとんど消して一撃炸裂を狙ったが不的中、
狙ったゾーン(人気馬と人気薄で馬連万馬券)は良かったのだが…。

このレースは「短縮ローテ」が大前提。
(特に今年は)

というわけで印5頭は全馬「短縮ローテ」
特にアドマイヤムーンは「短縮向きの種牡馬」


◎ワンスインナムーンはアドマイヤムーン産駒、
相手4頭は全馬「人気薄の父SS系」

アドマイヤムーンはエンドスウィープ系だが、
この系統は日本の短距離界で急激に勢力を拡大中。

スプリント重賞では欠かせない血になっている。
(何も考えず単複を機械的に買い続けるだけでもプラス)

函館SS自体の傾向としては、
父SS系の伏兵が毎年連対しているという点。


この2つの血統傾向(父エンドスウィープ系、父SS系)が、
函館SSのポイントだったのである。

つまり自分は傾向通りに買い目を組んだわけだが、
(◎はエンドスウィープ系、相手4頭はSS系の人気薄)

勝ったのはもう1頭のアドマイヤムーン産駒セイウンコウセイ、
2着は10番人気のSS系ヒルノデイバロー。

まさに傾向通りに決まって馬連万馬券、
しかし軸を間違えるというセンスのなさ。


印5頭中3頭が「二桁人気で掲示板」
(▲…10番人気2着、注…13番人気4着、○…11番人気5着)

アドマイヤムーン違いで穴馬を生かせず。
(セイウンコウセイも短縮のアドマイヤムーン産駒)

短縮ローテが大前提、そしてエンドスウィープ系とSS系の組み合わせ、
見立て通りの結果で何の馬券も取れていないとは相変わらず詰めが甘い。

馬連フォーメーション(8点)という手もあったと反省。
(アドマイヤムーン2頭→SS系の人気薄4頭)


ヒルノデイバローは10番人気と全く人気はなかったが、
買い材料が揃っていた今回は「絶好の買い時」

この馬は短縮ローテ、父SS系という他に、
豊富ダート実績も加点ポイントだった。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。

昨日の11Rの結果も後押し。
(函館SSと同じ芝1200M)

このレースには「JRAダート勝利経験馬」が2頭出走していたが、
共に超人気薄で善戦したのである。

13番人気ダイシンバルカン(単勝118倍)が4着、
16番人気グランドポピー(単勝230倍)が5着。

それぞれ3着馬とはタイム差なしという大健闘、
ダート実績が生きる馬場である可能性が高い。



以上がメルマガからの抜粋文。

函館SSには4頭の「JRAダート勝利経験馬」が出走していたが、
(ノボバカラ、ヒルノデイバロー、ナックビーナス、セイウンコウセイ)

この4頭中3頭で1~3着独占、
ローテや血統だけでなく馬場も傾向通りに決まったのである。

にもかかわらず的中馬券を提供できず、
メルマガ会員様や単発予想を買って頂いた方に大変申し訳ない。

今週の宝塚記念も傾向は明確なので、
今度こそはそれを無駄にしないような買い目を組みたい。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ