競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね262 コメント22
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年6月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS
RSSフィード RSS
大変申し訳ない
2018-06-11 20:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
今週は函館SS、ユニコーンSの2本立て、
本日のランキング内では一週前のユニコーンSの有力候補を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では先週の結果報告。


<マーメイドS>
馬連
5-6(7点分)
5-7(4点分)
2-5(3点分)
6-7(3点分)
2-6(2点分)
2-7(1点分)

計20点→不的中

◎ルネイション
○キンショーユキヒメ
▲レイホーロマンス
☆エテルナミノル


<エプソムC>
馬連
10-16(9点分)
8-10(6点分)

ワイド
2-10(5点分)

計20点→不的中

◎ダイワキャグニー
○サトノアーサー
▲サーブルオール
☆ベルキャニオン


マーメイドSは4頭まで絞った上に、
1番人気でも単勝6倍という混戦の牝馬限定ハンデG3なのでBOX。

的中すれば回収率500~600%超えという勝負だったが、
結果はカスリもせず。

2番人気ミリッサ、5番人気トーセンビクトリーなどを消したのは正解も、
自分が買った馬も来てくれず。

10番人気で勝ったアンドリエッテは好走条件のダブルクリア馬だったが、
ルネイション(この馬もダブルクリア)の方に行ってしまった。

ルネイションは詰まって競馬にならなかった一方で、
アンドリエッテはスムーズな競馬で差し切り。

確かにアンドリエッテが重賞で好走するなら、
芝2000Mのハンデ重賞しかなかったのだが…。

だからこそ今年の愛知杯では大穴に抜擢したのだが、
(この時は12番人気ながら上がり3位で0.5差)

しつこく狙い続けるべきだったと反省。
(今回は愛知杯以来の重賞挑戦、しかも芝2000Mのハンデ重賞)


さらに前週の鳴尾記念でトリコロールブルーに◎を打った際、
(マーメイドSと同時期同コース)

ステイゴールドについて熱く語ったが、
マーメイドSもステイゴールド産駒が好走。

これでステイゴールド産駒は、
今開催の阪神芝2000M重賞で(0-1-2-0)

3着内率100%、複勝回収率270%、
この条件(季節&コース適性)での強さを痛感。

終わってみれば1~3着に入った馬は納得なのだが、
ナンセンスな結論としか言いようがない。


エプソムCはダイワキャグニーを軸に相手2頭の馬連、
大穴ベルキャニオンへはワイド。

ダブル的中なら回収率600%付近という勝負だったが、
こちらもカスリもせず。

○サトノアーサーが快勝したものの、
軸のダイワキャグニーが惨敗ではどうしようもない。

道悪適性を完全に見誤ってしまった。
(少量の雨ならサトノとのワンツーだったはずだが…)

あとは間隔を詰めたローテもまずかったか。
(これまでの5勝は全て山元トレセン帰り)


道悪を考慮すればサトノアーサーの方が軸信頼だったと反省、
以下は自身のメルマガ(最終結論)からの抜粋文。

母系にダンチヒとリボーの血を持っているディープ産駒と言えば、
14年1着→15年3着のディサイファと同じ。

ディサイファはダンチヒ、リボー持ちらしく梅雨時期~夏場に強かったが、
(6~9月はG1を除くと11戦連続好走経験あり。札幌記念も優勝)

サトノアーサーも血統通りなら、
今はどんどん調子を上げてくる時期だろう。

16年2着フルーキーとも酷似した配合。
(父、母父がSSとリダウツチョイスの組み合わせ。そして母母父がヌレイエフ系)


さらに8枠の人気馬(5番人気以内)は近年ほとんど崩れておらず、
過去5年で(1-2-1-1)

16年1着ルージュバック
16年2着フルーキー(3番人気)
15年3着ディサイファ(4番人気)
13年2着ジャスタウェイ(3番人気)

人気以下の着順だったのは13年サトノアポロ(1番人気7着)のみ、
サトノアーサーは血統だけでなく枠順もディサイファ、フルーキーと共通。

余程悪くならない限りは道悪もこなせる。
(2走前は道悪で1着。上がりはメンバー最速。重のきさらぎ賞も2着)


以上がメルマガからの抜粋文。

血統的にドンピシャの条件、
8枠をゲットした時点で印を1つ上げるべきだった。

2着も道悪実績十分のハクサンルドルフ。
(この馬は得意の短縮ローテも良かったが)

道悪の高松宮記念を圧勝したセイウンコウセイと似た配合。
(父アドマイヤムーン。母系にシアトルスルーとミスプロ持ち)

道悪2戦2勝(クイーンS、オールカマー)のヒシアマゾンとも似ている。
(ケイティーズとシアトリカルの組み合わせ)

これはメルマガでお伝えしたことだが、
道悪に重きを置いた予想に切り替えなかったことが敗因。


先週の2重賞は全く見せ場のない予想を提供してしまい、
大変申し訳なかったと思う。

完全に流れが悪くなっているが、
そろそろ断ち切らなければならないだろう。

敗因を分析、そして復習をしっかり行うことが大切。
(競馬予想は復習が全て)

いずれにしてもいい予想が提供できるように、
本日から入念に準備をして週末に備えたいと思う。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ