競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね262 コメント22
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年6月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS
RSSフィード RSS
オークスは◎○で回収率595%
2018-05-21 21:00:00
テーマ: 未設定
いいねする いいね1
今週は豪華3本立て、
土曜に新設重賞の葵S、日曜にダービー、目黒記念。

先週も土日の2重賞で3万文字という圧倒的な分析量を配信したが、
今週は3重賞なので先週以上の量になるだろう。

特にダービーはかなりの量になる見込み、
週末を楽しみにお待ちいただければと思う。

というわけで本日のランキング内では、
一週前のダービーの穴候補を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では先週の結果報告。


<平安S>
ワイド
5-13(10点分)

馬連
5-13(3点分)
6-13(7点分)

計20点→不的中

◎ナムラアラシ
○テイエムジンソク
▲グレイトパール


<オークス>
馬連
1-13(10点分)
3-13(6点分)
5-13(4点分)

計20点→的中(馬連11.9倍×10。回収率595%)

◎アーモンドアイ1着
○リリーノーブル2着(4番人気)
▲マウレア
☆カンタービレ


平安Sはグレイトパールが単勝1.7倍の圧倒的1番人気、
テイエムジンソクとの馬連は2.7倍という1本かぶり。

しかし◎は伏兵ナムラアラシ、
相手を2強に絞って馬連2点、ワイド1点で勝負。

しかし結果はカスリもせず、
サンライズソア(7番人気)がスローで逃げた時点で諦めた。

サンライズソアは人気的にも馬場的にも前走から上積みあり、
消した中では最上位評価とお伝えした馬。

気性的にポカがあるタイプなので、
1番人気から開放される点はプラスだったのだ。

同馬の戦歴は以下の通り。
(今回の結果も上乗せしたダート成績)

4番人気以下(3-2-0-0)
稍重以上(3-0-2-0)

買い時が非常にわかりやすい馬、
今後は買い時をしっかりモノにしていきたい。


オークスは当てるだけなら誰でもできるレース、
言うまでもなく「どう儲けるか」が焦点。

人気3頭の3連複オッズは4倍、
3頭全てに印を回しているようではレースに参加しない方がまし。

オークスもダラダラと印を打つ気は毛頭なし、
複数の人気馬を含めてバッサリと消しまくりたいと思う。


前日のブログでこう宣言したが、
宣言通り5番人気以内の5頭中3頭を無印。

3強の中では2頭を容赦なく消した。
(2番人気ラッキーライラック、3番人気サトノワルキューレ)

アーモンドアイとラッキーライラックの馬連は3倍、
アーモンドアイとサトノワルキューレの馬連は5倍。

競馬に絶対はないが自分の中では「ありえない組み合わせ」
にもかかわらず激安オッズ。

これは非常にありがたく、
実は今年のオークスは大勝が見込めるチャンスレースだったのだ。


提供した買い目はアーモンドアイ軸の馬連3点のみ、
しかも相手3頭は4、6、7番人気の伏兵なので配当妙味十分。

特に◎○は抜けた評価とお伝えした。
(▲☆は不安材料あり。しかし人気薄だったので印を回した)

◎○は死角が全くなかったので好走必至、
よって◎○の馬連に資金の50%を投入。

結果は◎○のワンツーで回収率595%、
大本線でしっかりチャンスレースをゲット。

買い目配信前(11時の段階)では14倍あったオッズが、
いきなり11倍まで下がってしまったのは誤算。

予定では回収率700%達成だったのだが、
このメンバーでこの回収率なら上々で贅沢は言えまい。


○リリーノーブルはチューリップ賞、桜花賞と3着が続いていたが、
今回は条件が好転していたにもかかわらず人気落ち。

連対まで期待できる場面で無料メルマガの推奨穴馬に指名したほど。
(週1頭しか提供しない厳選の1頭)

世界レベルのアーモンドアイはともかく、
桜花賞で0.1差だったラッキーライラックは逆転できるはず。


メルマガではこう明記したが、
その見立ては正解だった。


桜花賞前から世界レベルと評価していたアーモンドアイは今回も鉄板。
(血統を基にした鉄板データ、生産者とローテを絡めた鉄板データにダブル該当)

つまり今年のオークスのポイントは2つ、
3着続きで人気が落ちたリリーノーブルを馬連の相手筆頭で買えるか。

そしてもっと大切なのが、
ラッキーライラック、サトノワルキューレの取捨。

馬連勝負からこの2頭を外すのは高度な技術が要求される。
(だからこそアーモンドアイとの馬連は3倍、5倍と大人気)

前走は鉄板だったサトノワルキューレだが今回は典型的な危険馬に変貌。
(週中のランキング内でもオークスの危険馬として紹介)

ラッキーライラックも今回は死角だらけ(血統も臨戦過程も最悪)で、
デビュー以来初めて「連対を外す」可能性が高かったのである。

ラッキーライラックは桜花賞でアーモンドアイの相手筆頭を務めたが、
(桜花賞はこの2頭以外に連対まで来れる馬はいなかったので馬連1点

今回の相手筆頭を務めたのはリリーノーブル、
この馬の4番人気はおいしかった。

これもラッキーライラック、サトノワルキューレのおかげ。
(特に後者を今回買うのは金をドブに捨てるようなもの)


ラッキーライラックは連対率が僅か2%という恐怖データに該当、
このデータは集計期間10年以上なので信頼度は絶大。

このデータ(連対率2%)を知っている者から見れば、
ラッキーライラック絡みの馬連や馬単を買うのは暴挙。

サトノワルキューレに至っては連対率2%データの他に、
3着内率4%データにも該当するというダブルパンチの状況。

ちなみに5番人気オールフォーラヴはトリプルパンチだった。
(上記2つの恐怖データに加えて、3着内率0%の致命的データに該当)


競馬は穴馬の選別よりも危険な人気馬の選別の方がはるかに難解、
しかし競馬ファンが最も知りたいのは「消える人気馬」なのだ。

様々な恐怖データ(消去データ)を持っているのが自分の強み。
(つまりメルマガ会員様の強み)

これを知っていると知らないでは「雲泥の差」
人気馬は金がかかるので消せば消すほど馬券は組みやすくなるのだから。

新聞で重い印がビッシリと並んでいる大人気馬を沈める恐怖データ、
他ではお目にかかれない代物ばかり。

今後も数多く登場することだろう。
(特に夏競馬で最も威力を発揮するのでお楽しみに)


世代限定のG2以上は危険馬がわかりやすく、
自分が消した人気馬はまず勝たない。

連対まで来ることも稀、
人気以上に走ることは滅多にない。

実際に3歳G1、G2の直近7レースの結果を見てみると、
(NZトロフィーからNHKマイルC)

自分が無印とした5番人気以内は、
(0-1-3-18)

なんと7レースで5番人気以内を22頭も消しているが、
(1レース平均3頭)

勝率0%、連対率5%、
上位人気だけで構成されたデータとは思えない低調な成績。

馬連、馬単レベルではとてもじゃないが買えないゾーン。
(WIN5攻略にも役立つはず)

連対まで来られたのはNZトロフィーのケイアイノーテック1頭のみ、
しかもこの馬は1番人気だったので人気より走っていない。



これはオークス前日のブログで宣言した内容だが、
まさにオークスではその通りになった。

ラッキーライラック→2番人気3着
サトノワルキューレ→3番人気6着
オールフォーラヴ→5番人気9着

もちろん今週のダービーでも複数の人気馬をバッサリ消す予定、
楽しみに予想(1万文字以上の分析&買い目)をお待ちいただければと思う。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

単発予想はこちら。
競馬データぶろぐ。の単発予想

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ