競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね280 コメント24
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で10年目に突入。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2018年9月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
RSS
RSSフィード RSS
4/10現在の的中率&回収率
2018-04-10 19:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
10年目に突入した有料メルマガ。
(09年2月創刊。13年5月に累計売上1億円突破)

長期購読割引、初月無料などお得な特典満載。
(もちろん合わせ技での使用可)

今年も重賞全レースを提供中。
(事前検証、出走全馬の見解、買い目、印の説明の4部構成)

1レースあたりのメルマガの量は「1万文字以上」が基本、
先週の桜花賞も約2万文字というとんでもない量を配信。

分析を参考に買い目を決めるなど使い方は会員様によって様々。
(当該レースだけでなく今後の馬券検討に役立つデータも満載)

一人で作成しているので相当な時間が掛かっているが一切手抜きなし、
10年近く「睡眠時間以外のほぼ全て」を分析やメルマガ作成に注いできた。

大変というよりもワクワク感の方が大きいからこそ出来ること、
会員様と喜びを分かち合った時の感動は何ものにも代えがたい。


他では決して見ることができないデータの宝庫、
今週も渾身の重賞予想を提供するのでお楽しみに。

というわけで本日のランキング内では、
一週前のアーリントンCの穴候補を紹介。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。
(月間の回収率、年間の的中率&回収率を公開)


<今月>
的中率25%(4-1)
回収率60%(48/80)

<今年>
的中率34%(41-14)
回収率115%(940.8/820)


今年は派手なパフォーマンスよりも、
馬連やワイド中心でプラスを積み重ねていきたいと思う。

こう宣言してスタートした2018年、
4月2週目を終えた時点で的中率は30%超え。

回収率は110%オーバーとまずまず、
◎の3着内率も50%を超えている。

今年も例によって印数は少ないが、
(1レース平均4.2頭。モットーは印をダラダラと打たないこと)

14週中10週で的中させている。
(1週平均2.9レースのみの提供で)


年明けから好調が続いているが、
直近2週は1頭余計で一撃炸裂を逃している。

先々週のダービー卿CTは、
◎▲(4番人気、9番人気)のワイドをゲットしたものの、

キャンベルジュニア(2着)がいなければ、
◎▲○で回収率約1000%のホームランだった。

○テオドールが4着まで来ただけにもったいない。
(ちなみに◎▲○の3複は279倍、3単は10万馬券)

▲ストーミーシー(9番人気)は4角で突き抜けそうな手応え、
2着に上がってくれるだけでも良かったのだが…。
(◎ヒーズインラブとの馬連は65倍)


先週の桜花賞はデータ的に「3頭立て」
(ボーナス馬券でシンガリ人気も買ったが)

資金の90%を馬連1点とワイド2点に投入。
(馬連1点に資金の50%、ワイド2点に資金の40%)

馬連は◎アーモンドアイ、○ラッキーライラックの1点、
ワイド2点は▲トーセンブレス(8番人気)から◎○へ。

結果は◎○▲が1、2、4着とパーフェクト予想まであと一歩、
▲が3着なら回収率約800%(馬連&ワイド2本のトリプル的中)だった。

馬連1点に資金の半分を投入していたので、
ガチガチの決着でも回収率240%はマークできたが。


このように弾けそうで弾けきれていないが、
上昇気流に乗っていることは確か。

そろそろホームランが出そうな頃合い、
今週の3重賞もチャンス十分だろう。

4、5月は春のG1シリーズ真っ只中だが、
他にも楽しみなレースが目白押し。

個人的には「G1の谷間」となる来週に、
すごいことが起こりそうな予感がしているが果たして。

いずれにしても1つ1つの勝負レースを丁寧に全力で取り組むことが大切、
そうすれば自ずと結果はついてくるだろう。


昨年は分析がド嵌りしないと的中できないような買い目。
(3連複1点で当てようだなんて虫が良すぎ)

常に回収率「数千%」の大ホームランを狙っていたので、
ある程度の「惜しい」は覚悟していたが、

もったいないレースのオンパレード、
強気と無謀は紙一重だということを痛感した1年だった。

少ない資金で高回収率を実現できる印と買い目を提供、
これが自分のモットーだが昨年は度が過ぎた。

馬連やワイド中心に切り替えた今年は的中率が格段にアップ、
ヒットの延長線上にホームランがあるという考えを年末まで貫きたい。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
初月無料や長期購読割引などの特典付き。リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ