競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼173 コメント1
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2017年5月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
リボー持ちのディープ産駒
2017-05-18 18:00:00
テーマ: 未設定
オークスは5年連続でディープ産駒が連対中だが、
今年はディープ産駒が2頭出走。

今年は手薄と言わざるを得ない状況だが、
(それぞれ前走フローラS3着、スイートピーS辛勝)

自分の評価は果たして…?
ディープの取捨には自信を持っている。

4月以降の勝負レース(芝重賞)の結果を振り返ってみると、
(ディープ産駒は計35頭出走)

印を打ったディープ産駒(3-1-4-8)
無印のディープ産駒(0-0-0-19)


自分が印を回したディープ産駒は述べ16頭だが、
3着内率50%でなんと半数が馬券絡み。

単勝回収率163%、複勝回収率133%、
単複ベタ買いでもプラス。

大阪杯では7番人気ステファノス◎、
皐月賞では9番人気アルアイン○。

そして先週のVマイルのジュールポレール(7番人気ながら○)など、
人気薄でも関係なく重い印を打っている。


一方で自分が無印としたディープ産駒は19頭全滅、
1頭も来られていないというのは我ながら優秀。

しかも消した馬の1/3が5番人気以内と、
上位人気でも容赦なくぶった切っているのである。

大阪杯のアンビシャス、皐月賞のカデナ、マイラーズCのプロディガルサン、
青葉賞のポポカテペトル、そして先週のVマイルではスマートレイアー無印。


印を打ったディープは3着内率50%で、
消したディープは3着内率0%。

ディープの選別にはちょっとしたコツがあるのだが、
いずれにしても完璧な成績。

今後のディープの取捨も楽しみにお待ちいただければと思うが、
(印を回していれば買い、無印なら買う必要一切なし)

本日のランキング内では、
ダービーで注目しているディープ産駒を先行公開中。

オークスとは違って強力なラインナップ(4頭登録)だが、
現時点ではズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。


先週のヴィクトリアマイルは、
ジュールポレールを◎にしていれば一撃炸裂だった。

☆デンコウアンジュとのワイド万券を、
数点分は間違いなく買っていただろう。

2点分(×2)でも回収率は1000%を超えたのだが…。
(5点分なら2500%オーバー)

4頭まで絞るという攻めの予想をしたつもりだったが、
(しかも4頭中3頭は人気薄)

攻めきれなかったことが敗因、
ジュールポレールは人気を考えれば◎にすべきだったと反省。


同馬が大穴データに該当していたというのは、
前回のブログでお伝えした通りだが、
(詳細はこちら→デンコウアンジュが該当した破壊力十分のデータ

血統的にも買い材料満載だった。
(以下は最終結論から抜粋)


○ジュールポレールは底を見せていないディープ産駒、
牝系からもいきなりG1で勝負になっていい。

しかも兄サダムパテックがマイルCSでG1初制覇した時と似た状況。
(稍重、内枠、単勝10倍台)

サダムパテックは道悪を苦にせず走っており、
特に稍重だった重賞では3度も穴をあけている。
(マイルCS4番人気1着、中京記念7番人気1着、スワンS10番人気3着)

ジュールポレールも前走は重馬場の阪神をこなしており、
今回も問題なく走れるはず。

しかも東京は内から乾いていくので、
同馬にとって有利な馬場状態になる可能性は十分ある。

この馬の強みは先行しながらメンバー上位の上がりをマークできること。
(前走は4角5番手から上がり3位、前々走は4角4番手から上がり最速)

幸が継続騎乗する点もいい。
(幸とのコンビでは7戦4勝、2着2回、3着1回とパーフェクト)


さらにリボーの血を持っているので今回の状況は最高。
(リボーはG2、G3よりG1、そして上位人気より伏兵の立場でこそ)

前走はG2で上位人気、今回はG1で人気薄、
リボーの血が炸裂する環境が整っている。

リボーの血が流れているディープ産駒と言えば、
昨年の宝塚記念で大金星を挙げたマリアライトが記憶に新しい。
(単勝25倍ながらドゥラメンテ、キタサンブラック撃破)

この時のマリアライトも、
前走G2で1番人気からG1で人気薄という流れだった。

さらに今年の皐月賞を単勝22倍で制したアルアインも、
リボーの血が流れているディープ産駒。

そしてアルアインはマリアライトに酷似した状況だったのだ。
(前走G3で2番人気→G1で9番人気)

ちなみに宝塚記念のマリアライトも皐月賞のアルアインも、
無料メルマガで配信している「週1頭のみの厳選穴馬」に指名。

そのぐらい狙い目十分だったのだが、
今回のジュールポレールも期待できる。

リボーの血を持った伏兵ディープ産駒がいかにも走りそうな流れ、
大物食いがあるかもしれない。


以上がメルマガからの抜粋文。

◎を打つには十分すぎるほどの状況、
G1でリボーの人気落ちほど魅力的なものはない。

特にリボーの血を持ったディープ産駒は近年要注意、
これは覚えていて損はない。

マリアライトアルアインのように勝ち切ることはできなかったが、
7番人気での激走はさすがの一言。

ちなみにドバイで大金星を挙げたヴィブロスも、
母系の奥にリボーの血を持ったディープ産駒。
(前走G2で凡走という臨戦過程も最高だった)


ジュールポレールは父系、牝系共に相手強化を苦にしない血統、
500万からG1まで一気に突っ走ったのは血統のなせる業だろう。

兄サダムパテックのG1初制覇は4歳秋、
妹も今後が大いに楽しみ。

そして冒頭に記述した通り、
今週のオークスにも複数のディープ産駒が出走。

ジュールポレールのように重い印を打つ馬はいるのか?
詳細はメルマガにて。


メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成となっている。

重賞全レースを予想、
1レースあたり「1万文字」が基本という圧倒的な量。
(春天やVマイルなどは約1万5千文字)

そして当該レースだけでなく、
今後(他レース)の馬券検討にも役立つデータが満載。
(馬場傾向、前走の有利不利、その馬自身の狙い時など)

読んでいてワクワクするメルマガがモットー、
使い方は会員様によって様々。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるだろう。

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自身のストロングポイント。


牝系や配合にもこだわって予想しているので、
(かなり有効だから)

牝系や配合を知りたい方はぜひ。
(新聞には書いてない情報が満載)

他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み、
もちろん血統以外のデータも惜しみなく披露。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

覚えておいて損はないマニアックなデータが豊富、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き、リンク先に2種類のサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ