競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね197 コメント9
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2017年9月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS
RSSフィード RSS
デンコウアンジュが該当した破壊力十分のデータ
2017-05-17 18:00:00
テーマ: 未設定
先週のVマイルは上位人気(5番人気以内)の5頭中4頭を無印としたが、
(そして全馬が馬券圏外)

本日のランキング内では、
オークスで半信半疑の人気馬を紹介。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで2位付近)

では本日の本題に入る。


先週のVマイルで印を打ったのは4頭のみ、
しかも4頭中3頭は7、9、11番人気という人気薄。

結果はこの人気薄3頭が2、3、5着と激走。
(2~5着までクビ、アタマ、クビ差の大接戦)

特に2着デンコウアンジュは単勝67倍と全く人気がなかったので、
3連単の配当は91万まで跳ね上がった。

この馬には☆を進呈したが、
その理由はVマイルの大穴データに該当していたから。

この大穴データには、
○ジュールポレール▲ソルヴェイグも該当していた。

以下は自身のメルマガからの抜粋文。
(レース前日に配信する事前検証から)


6番人気以下で馬券になった馬は、
過去5年で述べ7頭。

この7頭は全馬、
近2走内に「4角4番手以内」の先行経験をしていた。

16年7番人気1着
ストレイトガール(前走4角3番手)

15年12番人気2着
ケイアイエレガント(前走4角先頭、前々走4角4番手)

15年18番人気3着
ミナレット(前走4角4番手、前々走4角先頭)

14年11番人気1着
ヴィルシーナ(前々走4角3番手)

14年6番人気3着
ストレイトガール(前々走4角2番手)

13年12番人気2着
ホエールキャプチャ(前走4角4番手)

12年7番人気2着
ドナウブルー(前々走4角2番手)

近2走内に「4角4番手以内」の先行経験をしていた6番人気以下が、
5年連続で穴をあけている。
(14年、15年は2頭ずつ)

今年も近2走内に「4角4番手以内」の競馬をした人気薄が、
激走する可能性は十分あるだろう。

6番人気以下が予想される中で、
上記経験をしているのは以下の5頭。

オートクレール(前走4角4番手、前々走4角4番手)
ジュールポレール(前々走4角4番手)
ソルヴェイグ(前々走4角先頭)
デンコウアンジュ(前走4角2番手)
リーサルウェポン(前走4角4番手)


以上がメルマガからの抜粋文。

オートクレール、リーサルウェポンは論外として、
他3頭は大穴の資格十分。

というわけで素直に上位評価したのである。
(ジュールポレール○、ソルヴェイグ▲、デンコウアンジュ☆)

そして今年も上記データは完璧に機能、
人気薄限定データであるにもかかわらず6年連続連対という快挙達成。

しかも14年、15年に続いて2頭が馬券圏内、
近年は2頭が馬券に絡むことが定番。

もちろん2頭が馬券に絡めば特大配当になる。
(14年は40万、15年は2070万、そして今年は91万馬券)

来年以降も覚えておいて損はない「大穴の宝庫」
シンプルだが破壊力は凄まじいデータ。

Vマイルは近2走の戦い方(前向きさが大切)に注目すれば、
二桁人気でも簡単に拾えるレースなのだ。


デンコウアンジュは一昨年のミナレット同様、
福島牝馬Sで厳しいラップを経験したことが生きたわけだが、

本番では13年のホエールキャプチャや、
昨年のストレイトガールと同じパターンだった。
(前走積極的な競馬で失速、本番は差しに回って激走)

デンコウアンジュの最終結論も紹介しておくと、
(以下は自身のメルマガからの抜粋文)


☆デンコウアンジュは超人気薄だが、
この人気なら狙って面白い1頭だろう。

前走福島牝馬Sで捲ったのは今回に向けての布石、
4角2番手の競馬をしたことで大穴の資格を獲得。

しかも軽い芝で直線の長いコースという条件が得意なので、
(これについては出走全馬の見解を参照)

コース替わりはプラス、
その中でも東京マイルは最も得意とする舞台。

あのメジャーエンブレムを差し切っているのだ。
(アルテミスSで大外一気)

父メイショウサムソンは東京マイルの特注血統。
(これはアルテミスSの時に配信したメルマガでもお伝えしていたが)

そして東京マイルはアルテミスS以来、
しかも二桁馬番、人気が全くない点まで同じである。
(不器用なので外目の枠がいい)

むしろアルテミスSは今回より人気がなかった。
(単勝82倍の12番人気)


父メイショウサムソンはG1初制覇の皐月賞が6番人気、
母父マリエンバードも凱旋門賞を勝った時は8番人気。

父、母父共にビッグレースで一発かました馬。

さらに「父サドラーズウェルズ系」という括りで見れば、
古くはアサクサデンエン、最近ではロゴタイプが東京マイルG1を人気薄で優勝。

臨戦過程、コース適性、血統背景、そして人気薄、
デンコウアンジュは激走があっても驚けないプロフィール。


以上がメルマガからの抜粋文。

自分が購入している新聞では△でさえ1つもなし、
オール無印だったデンコウアンジュ。

自分もこの馬はしばらく無印としてきたが、
今回に限っては喜んで買う場面。

自分のメルマガを読めば絶好の狙い目だったことは一目瞭然、
複勝1580円はつきすぎだろう。

まさに世間の低評価をあざ笑うかのような直線強襲、
この馬がオール無印というのはどうかしている。

ちなみに出走全馬の見解では今回と似た条件のレースも解説、
特に6走前のオークスを高評価していた。


今週の2重賞も有効データが盛りだくさん、
楽しみにお待ちいただければと思う。

魅力溢れる穴馬が存在、
そして自分のメルマガは消える人気馬を知りたい方も必見。


メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、買い目詳細の4部構成となっている。

重賞全レースを予想、
1レースあたり「1万文字」が基本という圧倒的な量。

そして当該レースだけでなく、
今後(他レース)の馬券検討にも役立つデータが満載。
(馬場傾向、前走の有利不利、その馬自身の狙い時など)

読んでいてワクワクするメルマガがモットー、
使い方は会員様によって様々。

自分で予想するのが競馬の醍醐味、
分析を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てるだろう。

数え切れないほどの様々な有効データを所有、
これが自身のストロングポイント。


牝系や配合にもこだわって予想しているので、
(かなり有効だから)

牝系や配合を知りたい方はぜひ。
(新聞には書いてない情報が満載)

他人が知らない情報を知っているというのは大きな強み、
もちろん血統以外のデータも惜しみなく披露。

文字数で勝負しているわけではないが、
会員様の参考資料が増えるのはいいこと。

覚えておいて損はないマニアックなデータが豊富、
よって競馬好きには「たまらない内容」だろう。


メルマガ購読をご希望の方は以下のリンク先から。
(初月無料の特典付き、リンク先にサンプルあり)

モバイル版メルマガ
PC、スマホ版メルマガ

無料メルマガも発行しているので、
興味のある方はこちらから→競馬データぶろぐの無料メルマガ

最後に1日1回の応援クリックお願いします。
(↓)
banner_21.gif
人気ブログランキングへ

ページの先頭へ