競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね322 コメント27
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で12年目に突入。
(レジまぐではダントツの老舗メルマガ)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字以上が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2020年4月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RSS
RSSフィード RSS
有効な外厩データ
2020-04-08 15:30:00
テーマ: 未設定
いいねする
昨年の下半期(7~12月)は回収率119%。
(海外を入れてもプラス)

10月に設定したマイルールに沿って◎や○を決めている上、
スランプに陥らないように工夫しているので、

今年の上半期もこのぐらいの数字は出せるだろうが、
◎○の精度が抜群に高いので驚異的な回収率を叩き出す可能性も十分。


4月は一撃が期待できる重賞が目白押し、
最低でも3月(120%超)を上回る月間回収率を達成したい。

4月も計11重賞と盛りだくさん、メルマガ量は10万文字を大きく超える見込み。
(ちなみに4月1週目の先週は2重賞で約3万文字

1レース1万文字以上を誇るメルマガの使い方は様々、
今週の3重賞においても様々な有効データを惜しみなく紹介するのでお楽しみに。


というわけで本日のランキング内では、
枠順発表前のNZトロフィーの穴候補を紹介中。

前走から条件が好転するこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


4/7現在の的中率&回収率
2020-04-07 15:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
方針を変更した直近6ヶ月弱(24週)の◎○成績は、
(31-28-14-57)

勝率24%、連対率45%、3着内率56%
単勝回収率118%、複勝回収率105%

半数近くが連対、ほぼ6割が馬券に絡んでいる上、
機械的に全頭の単複を買い続けてもプラスになるほどの精度の高さ。

自分の重い印を知りたいためにメルマガを読んでいる方もいるほど。
(買い目をアレンジしている読者は多い。メルマガの使い方は多種多様)

先週の2重賞もそれぞれ◎や○が優勝。
(大阪杯は◎ラッキーライラック、ダービー卿CTは○クルーガー※単勝10倍)

先月はFレビューで◎○のワンツー。
(◎は単勝13倍の伏兵エーポス※回収率681%

スプリングSは▲◎のワンツー。
(▲は大穴ガロアクリーク※回収率795%


上記データに海外競馬は含まれていないが、
年末の香港国際競走4レースの◎は(2-1-0-1)

勝率50%、連対率75%
単勝回収率440%、複勝回収率140%

香港ヴァーズの◎(単勝万馬券)は狙い過ぎたが、
他3頭は分析通りに連対、香港マイルは回収率746%と一撃炸裂。

ちなみに現地のオッズなら回収率はさらに上昇。
(アドマイヤマーズは香港だと単勝27倍


10月下旬に設定したマイルールに沿って◎や○を決めているので、
重い印の精度は今後も安定するだろう。

1レース1万文字以上を誇るメルマガの使い方は、
会員様によって様々である。

データや印を参考に買い目を決めるという方のお役にも立てる内容、
自分で予想するのが競馬の醍醐味、買い目をアレンジしている方は非常に多い。


というわけで本日のランキング内では、
現時点の阪神牝馬Sの大穴候補を紹介中。

格下だが名門ファミリー出身のこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。
(月間の回収率、年間の的中率&回収率を公開)


ラッキー◎、1人気ダノン&3人気ブラスト無印も
2020-04-06 13:30:00
テーマ: 未設定
いいねする いいね1
今週から3週連続で豪華3重賞、
今週はNZトロフィー、阪神牝馬S、桜花賞。

一昨日のランキング内では土曜の注目馬としてクルーガーを挙げ、
昨日のランキング内では日曜の注目馬としてラッキーライラックを挙げた。

そして2頭共に勝ち切ったわけだが、
本日のランキング内では一週前の桜花賞の穴候補を紹介中。

相当な能力を秘めているこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では先週の結果報告。


大阪杯は上位人気を複数無印、消えるのはあの馬
2020-04-04 17:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
明日の注目馬は一番下。
(ランキング内で発表中。大阪杯に出走するあの馬)


直近4ヶ月強の的中例を振り返ってみると…
(印数と回収率を記載)

マイルCS→○◎で回収率504%(印3頭)
京都2歳S→◎○で回収率170%(印2頭)
JC→◎▲で回収率773%(印3頭)

京阪杯→◎○で回収率326%(印3頭)
香港マイル→◎☆▲で回収率746%(印4頭)
香港スプリント→◎☆▲で回収率111%(印5頭)

カペラS→▲◎で回収率420%(印3頭)
阪神C→○◎☆で回収率934%(印6頭)
ホープフルS→▲◎○で回収率463%(印3頭)

京都金杯→◎○で回収率462%(印5頭)
東海S→◎○▲で回収率328%(印5頭)
京都記念→◎○▲で回収率338%(印5頭)

オーシャンS→▲◎○で回収率285%(印4頭)
弥生賞→○◎▲で回収率210%(印4頭)
Fレビュー→◎○で回収率681%(印4頭)
スプリングS→▲◎☆で回収率795%(印4頭)


例によって少ない印で高回収率のオンパレード、
人気馬を消しまくっての馬連勝負中心で大勝を実現。

先々週はスプリングSで回収率約800%の大勝、
4番人気以内を2頭無印、そして馬連2点&3連複2点と絞りに絞った買い目を提供。

印4頭で▲◎☆の順に入線、
馬連2点で29倍、3連複2点で30倍のW的中。

3週前もFレビュー(このレースは単発でも提供)で回収率約700%の大勝、
1番人気カリオストロ完全無印が予想の見せ場であり馬券のキモ。

18頭→印4頭に絞って◎○のワンツー、しかも◎は単勝13倍の人気薄、
さらに1番人気、4番人気無印という完璧な予想を披露。

一方で4週前の2重賞(オーシャンS、弥生賞)のように、
どう儲けるかが焦点のレースも得意分野。


自分のモットーは印をダラダラと打たないこと、
昨年の印数は1レース平均4.7頭のみ、今年もここまで4.5頭。

印は多ければ多いほど資金が必要、会員様もアレンジがしづらい、
特に人気馬は金がかかるので消せば消すほど馬券は組みやすくなる。

競馬は「どの穴馬を買うか」だけでなく「どの人気馬を買わないか」が大切、
どうやって儲けるの?という印や買い目は意味がない。

明日の大阪杯もスリムな印と買い目を提供する予定、
先々週のキセキ(単勝1.6倍)や先週のダノンスマッシュのような危険馬は果たしてどの馬か?

そして先月のFレビュー(印4頭で◎○、回収率681%)や、
スプリングS(印4頭で▲◎☆、回収率795%)に続く大勝と行きたい。


大阪杯は単発でも提供するので興味のある方は是非。
ご希望の方はこちら→単発予想

本日の19時に販売開始、
1万文字以上の大ボリュームで999円(税込)とお手頃価格。

事前検証、出走全馬の見解(前編、後編)、買い目、印(無印)の説明の5部構成、
数々の大阪杯専用の独自データを惜しみなく披露。

もちろん今回も少ない資金で高回収率を実現できる印と買い目を提供。
軍資金3千円でも大丈夫なように資金配分を明記)

他では決して見ることができないデータの宝庫、
馬券検討の参考になることだろう。

分析や印を参考に買い目を決めるなどメルマガの使い方は様々、
当該レースだけでなく今後の馬券検討に役立つデータも満載。


月購読をご希望の方はこちら→メルマガ
大阪杯だけをご希望の方はこちら→単発予想


そして本日のランキング内では、
例によって明日(日曜)の注目馬を紹介中。

大阪杯に出走するこの馬。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

2年連続で◎優勝、1番人気無印で的中させているダービー卿CT
2020-04-03 15:00:00
テーマ: 未設定
いいねする
メルマガを創刊した09年以降、大阪杯の予想は10回提供しているが、
(オルフェーヴルが出走してガチガチだった13年は見)

この10回の◎成績は(2-2-3-3)
なんと10頭全馬が掲示板。

3着内率70%、単勝回収率157%、複勝回収率118%
抜群の安定感を誇っている。

15年から一昨年まで4年連続で◎が馬券絡み、
しかも4頭中3頭が「4番人気以下」

18年3着アルアイン(2番人気)
17年2着ステファノス(7番人気)
16年3着ショウナンパンドラ(4番人気)
15年1着ラキシス(4番人気)

17年の◎ステファノスは7番人気に甘んじていたが、
深く分析すると鉄板軸と言える状況。

15年のラキシス◎も会心、
単勝12倍ながら単勝1.4倍のキズナに2馬身差をつける圧勝劇。


昨年の◎エアウィンザー(5番人気)は5着止まりだったが、
○のアルアインが9番人気ながら1着。

条件好転に反して人気落ちという「絶好の買い時」が到来、
アルアインをこのオッズで買えることは滅多にないとお伝えした。

週1頭しか提供しない厳選穴馬にも指名。
(18年夏~19年秋にかけて提供していた企画)

今年の◎は果たしてどの馬か?
○にも注目していただきたいと思う。

そして競馬ファンが最も知りたい「消える人気馬」は?
昨年は1番人気ブラストワンピース(6着)を無印。


というわけで本日のランキング内では、
例によって明日(土曜)の注目馬を紹介中。

ダービー卿CTに出走するこの人気薄。
(↓ここをクリック)
banner_br_ume.gif
人気ブログランキング
(競馬・データ理論のカテゴリーで1位付近)

では本日の本題に入る。


TOP