競馬データぶろぐ。

09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね203 コメント11
プラグイン
プロフィール
コリフ
コリフ
09年にメルマガ創刊、今年2月で9年目。
(5000回以上に及ぶ発行回数)

13年1月レジまぐ初の公認メルマガ認定、
そして13年5月には売上1億円を突破。

レジまぐ公式ブログ内でインタビュー掲載中
「競馬データぶろぐ著者の独占インタビュー」

フリースペース
勝負レースは重賞レースのみ、
モットーは「資金一極集中」

メルマガは事前検証、出走全馬の見解、
そして買い目、印(無印)説明の4部構成。

1レースあたりの量は1万文字が基本。
(しかも初月無料の特典付き)

<モバイル版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

<PC、スマホ版メルマガ>
レジまぐ商品の購入はこちら!

最新の記事
カレンダー
<  2017年10月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
RSS
RSSフィード RSS
とっておきの隠し玉
2017-10-21 18:30:00
テーマ: 未設定
本日は富士Sの1本勝負、
荒れる想定で3連複勝負としたが不的中。

3連複万馬券狙いは良かったのだが、
(結果は128倍)

選ぶ馬を完全に間違えてカスリもせず、
センスのない予想を提供してしまって大変申し訳ない。

明日の菊花賞はバシッと決めて、
共に戦っている会員様と喜びを分かち合いたい。

先週の秋華賞は4頭に絞っての3連複勝負で◎☆○、
完璧な予想で回収率795%を達成。

ちなみにレジまぐの秋華賞予想記事数は352件、
その中でNO.1の回収率(詳細はこちら)だったようである。


言うまでもなく菊花賞はそれ以上の大勝が見込める状況、
ワクワクが止まらないのは自分だけではないはずだ。

秋華賞同様に上位人気馬をガシガシ消す予定、
新聞で印がビッシリと並んでいる状況はありがたい。

というわけで本日のランキング内では、
例によっていろんな意味で注目している人気薄を紹介。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


ファンディーナは恐怖のデータに該当
2017-10-20 19:00:00
テーマ: 未設定
秋競馬に突入して明らかに調子が上向き、
それは印の精度を見ても明らか。

10月はこれまで6レース提供して印の総数は「17」
馬連と3連複中心の勝負だが例によって相当絞っている。

そして17頭の成績は(3-3-3-4-0-4)
(左から1着-2着-3着-4着-5着-着外)

1レース平均「2.8頭」しか印を打っていないが、
人気薄にも平気で印を回している。

にもかかわらず17頭中13頭が「4着以内」
そして印を打った半数以上が馬券に絡んでいる。

もちろん回収率は単複共に100%オーバー、
なんと印全頭の単複を買ってもプラス。

この印の精度の高さを買い目に反映させるだけでいい。
(攻めすぎには気を付けよう)


ちなみに◎は3戦連続で連対中。
(トーセンバジル6人気2着→クロコスミア5人気1着→ディアドラ3人気1着)

今週の2重賞の◎も期待大、
楽しみに予想(1万文字以上の分析&買い目)をお待ちいただければと思う。

明日は富士Sの1本勝負だが、
10年は単勝85倍の13番人気ガルボ◎で大反響。

14年は◎☆○で3単26万馬券的中、
回収率は驚異の2000%オーバー。

今年もドカンと一発かまして、
いい形で日曜の菊花賞に繋げたいところ。

例によって富士Sも複数の上位人気を消す予定だが、
本日のランキング内では上位人気の中で無難に走りそうな馬を紹介。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


血統通りのタフな短中距離馬
2017-10-19 20:00:00
テーマ: 未設定
今秋のG1シリーズは「ある理由」から自分の分析が嵌る可能性大、
こうお伝えしていたが、

まずは第2弾の秋華賞で回収率795%達成。
(第1弾のスプリンターズSも印2頭中1頭が人気薄で馬券絡み)

第3弾の菊花賞も自信があるので連勝といきたいところ、
ちなみに前哨戦は完璧な予想で的中している。

セントライト記念、神戸新聞杯共にガチガチの配当だったが、
絞りに絞って勝負したのでそれぞれ回収率575%、445%。

自分は基本的に穴狙いだが、
ガチガチの堅いレースでも儲けることができることを証明。

セントライト記念、神戸新聞杯共に「3頭立て」の結論、
そして印を打った馬は(2-2-2-0)

穴馬にダラダラと印を回さず、
3頭ずつしか買わなかったことに価値がある。


少ない資金で高回収率を実現できる印と買い目を提供、
これが自分の役割(軍資金2千円でもOK)。

秋競馬に突入して明らかに調子が上向き、
今週も楽しみに予想(1万文字以上の分析)をお待ちいただければと思う。

菊花賞の枠順が先程発表されたが、
本日のランキング内では好枠をゲットした穴候補を紹介中。
ズバリこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


2000M最強血統マキャベリアン
2017-10-18 21:00:00
テーマ: 未設定
スペシャルウィークは父として「牝馬の超大物」を出したが、
(シーザリオ、ブエナビスタ)

現在は母父として注目、
いい繁殖牝馬が揃っているので今後も大物が出る可能性大。

エピファネイア、クラリティスカイ、リオンディーズに続き、
ディアドラが4頭目の「母父スペシャルウィークのG1馬」となった。

さらにディアドラの秋華賞優勝は、
父ハービンジャーにとって待望のG1馬誕生。

2000Mでの達成だったのもハービンジャーらしい。
(3着馬もハービンジャー産駒というおまけ付き)

ハービンジャー産駒の初G1制覇のレースで、
大勝(回収率795%)することができたのは喜ばしいこと。

データが覆る瞬間に馬券を仕留めることが「データ派の醍醐味」
特に「初物馬券」をゲットした瞬間はうれしいもの。


というわけで本日のランキング内では、
今週注目している種牡馬を紹介中。
ズバリこの種牡馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


千載一遇のチャンス
2017-10-17 20:30:00
テーマ: 未設定
いいねする いいね1 コメント1
秋競馬に突入して明らかに調子が上向き、
それは印の精度を見ても明らか。

10月はこれまで6レース提供して印の総数は「17」
馬連と3連複中心の勝負だが例によって相当絞っている。

そして17頭の成績は(3-3-3-4-0-4)
(左から1着-2着-3着-4着-5着-着外)

1レース平均「2.8頭」しか印を打っていないが、
人気薄にも平気で印を回している。

にもかかわらず見せ場を作れなかった馬はほとんどおらず、
そして印を打った半数以上が馬券に絡んでいる。

もちろん回収率は単複共に100%オーバー、
この印の精度の高さを買い目に反映させるだけでいい。


ちなみに◎は3戦連続で連対中。
(トーセンバジル6人気2着→クロコスミア5人気1着→ディアドラ3人気1着)

今週の2重賞も伏兵に◎を打つ予定だが自信あり、
楽しみに予想(1万文字以上の分析&買い目)をお待ちいただければと思う。

ここ2日のランキング内では菊花賞の有力候補を紹介したが、
本日は富士Sの有力候補を紹介中。
現時点でこの馬→人気ブログランキングへ
(競馬・データ理論のカテゴリーで3位付近)

では本日の本題に入る。


ページの先頭へ