ウイなび ブログ

競馬は、システムで勝てる!!

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
¥0 初月無料
初月無料について

※初月無料は2ヶ月以上の継続講読の場合に適用されます。

※初月の途中で講読解除を行った場合は、1ヶ月分の購読料をお支払いいただきます。

※ポイントでお支払いする場合は、1ヶ月分のポイントを所持している必要があります。

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね32 コメント7
プロフィール
Winning Navigator
Winning Navigator
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年11月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
中山牝馬Sとフィリーズレビューで5万馬券ゲット!!
2018-03-13 21:52:00
テーマ: 競馬予想 競馬
3月10日(土)と11日(日)は、面白い結果となりました。
そろそろ競馬の世界は春本番です。
『ウイなび』もこれからバンバン当てていきますよ。

まずは、先週の成果を報告いたします。

★中山牝馬S 3連単50,360円的中
?content_type=blog&content_id=570&type=i


★フィリーズレビュー 3連単56,610円的中
?content_type=blog&content_id=570&type=i
先週は、ウイなびVer.3のチカラを存分に発揮することができました。

勝負レースは、土曜日と日曜日を合わせて4レース。
条件やグレードもバラバラで、さらにハンデ戦もあり、非常に難しいレースが多かった印象です。
また、G1を狙う馬たちの中には、調整のために出走したり、権利をとるために本気で走ってくる馬もいて、
この時期は、本当に難しいレースになります。

まず、土曜日の勝負レースは、中山競馬場の中山牝馬Sです。
ウイなびが本命に推奨したのは、大外になったカワキタエンカでした。
このところ安定したレースをしていたのですが、前走は大きく敗退となりました。

原因は、イレコミですが、レース前にテンションが高くなってしまうとどうしようもありませんよね。
しかし、ウイなびは、カワキタエンカの実力は、こんなものでないことを見抜いていました。

レースは、想像通り大外からカワキタエンカが頭を狙います。
かなり後続を引き離し、大逃げのようになりましたが、1,000メートルの通過タイムは、
そんなに早いものではありませんでした。
うまく足をためることができた池添騎手は、ニンマリだったはずです。

直線に入っても足色は衰えることなく、さらに後続を引き離していきます。
いやーっ、逃げると強いですね。堂々と1着ゴールで、3連単的中です。

?content_type=blog&content_id=570&type=i

一方のポラリスSは、コウエイエンブレムが必ず勝てるレースと思いましたが、
こちらが想定外の結果となり、びっくりしました。

コウエイエンブレムが、スタートダッシュを決めて積極的に前に行きました。
直線までは、良い感じでした。
出ごたえもあったし、馬自体も走る気がみなぎっていました。
そして、直線半ばで抜け出しを図りましたが、なかなか伸びません。
楽勝ムードから一転怪しい感じに。

案の定、後続馬に追いつかれゴール前は接戦に。
ゴールした時は、何とか3着に残ったかと思いましたが、スローで見るとしっかりかわされていました。
コウエイエンブレムは、強い馬なのですが、いまいち勝ちきれません。
どうしてしまったのでしょうか?
それともこれが実力なのでしょうか?

結果的にタガノエスプレッソも購入できていませんでしたので、
3連単はハズレでしたが、なんとも納得がいかないレースでした。

そして、日曜日は中京競馬場の金鯱賞と阪神競馬場ではトライアルのフィリーズレビューです。
金鯱賞には、凱旋門賞で、日本の期待を裏切ってしまったサトノダイヤモンドが出走。
チカラをつけてきたデムーロ騎手が騎乗するスワァーヴリチャードとの一騎打ちムードです。

ウイなびの本命は、凱旋門賞で力を出し切れなかったサトノダイヤモンドを本命としました。
腐ってもサトノダイヤモンドです。
日本の競走馬の中では、トップといって過言ではありません。

出走頭数も少ないレースでしたので、これでは、3連単で勝負はできません。
的中率が上がっても、回収率が下がってしまっては、
予想で勝って、馬券で負けるトリガミになってしまいます。

金鯱賞は、ウイなびの本命と対抗、単穴の単勝勝負です。
サトノダイヤモンドが2番人気でしたので、サトノダイヤモンドが1着に来てくれれば儲かります。

結果は、みなさんのご存知の通りです。

やはり、サトノダイヤモンドの調子は良くなかったようですね。
レース中も。もっさりとした動きで、前に行くスワァーヴリチャードについて行けません。
逃げるサトノノブレスに追いついたスワァーヴリチャードは、あっさりかわしていきます。
サトノダイヤモンドは、直線に入ってもエンジンがかかりません。
最後の200メートルでやっとエンジンがかかりますが、遅すぎました。
追い込んできましたが、結果サトノノブレスもかわせず3着まで。
まあ、仕方ないのですかね。
次は、走ってくれそうな予感はさせましたが、どうなるのでしょうか?
ウイなびは、次がチャンスと見ると思いますので、どうなるか楽しみです。

そして、最後の勝負レースのフィリーズレビューです。
このレースのウイなびの本命は、浜中騎手が騎乗するアマルフィコースト
対抗は、リバティハイツ。そして、単穴に人気しているモルトアレグロとなっていました。

3歳の牝馬のトライアルだけに、何が来てもおかしくないレースです。
あれそうな予感がプンプンでしたね。

そして、レースがスタート。
おやっ、一頭騎手が乗っていない馬が中段にいるではありませんか?
落馬です。場内も騒然としています。
6番の馬です。
あれっ。6番は、ウイなびの本命馬、浜中騎手が騎乗するアマルフィコーストではありませんか?
オワタ。オワタ。

そうです。このレースは、終わってしまったのです。
落馬しては、さすがに3着に入ることはできません。まさか、発走と同時に落馬とは…。
あまりにも早い幕切れでした。

いやいや、対抗のリバティハイツが1着に来る可能性もまだ残っています。
しかし、その可能性は、非常に薄い期待でしかありません。
なんせ、リバティハイツは、8番人気なのですから。

実際、レース中は、どの位置につけて走っているのかもわかりませんでした。
もちろん実況でも人気薄のリバティハイツを紹介してくれることはありません。

しかし、しかしですよ。

直線に入ると、黄色の帽子のリバティハイツが、先頭に並んでくるではありませんか。
この時ばかりは、手に汗握りましたね。
そして最後のひと伸び。リバティハイツが抜けるではありませんか。
大外からは、もう一頭の黄色い帽子、一番人気のアンコールプリュが突っ込んできます。
何とかリバティハイツが1着ゴール。

2着にアンコールプリュ、3着は混戦となりましたが白い帽子が2頭。
鼻差で2番のデルニエオールが入り、結果的に3連単56,610円が的中

?content_type=blog&content_id=570&type=i

もう少し高配当になるかとドキドキしましたが、
まあ当たってよかったという気持ちでいっぱいです。

タラレバの話はしたくありませんが、
落馬したリバティハイツがしっかり走ってくれていれば、
3連単のダブル的中も夢では無かったかもしれません。

しかし、こんなこともあるのですね。
ウイなびVer.3にしていなければ、このレースの的中はありませんでしたね。

まだまだ、運は味方してくれているようです。
正しく天国と地獄を1レースで味わうことができました。
結果、天国で良かったですが。

この調子で、今週も高配当をゲットしたいと思います。
みなさん、お楽しみに!!

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ