競艇は確率と統計(無料更新中)

先物式競艇で凡人のアテクシが勝ち続けます。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
プロフィール
競艇確率統計舟券エンジニアとおるちゃん
競艇確率統計舟券エンジニアとおるちゃん

賭け事に確率理論は必須。選手や競艇場の特徴、エンジン相場、全て糞です。そんなのでは勝てません。 全ては優位性のある手法の継続からくる確率に収束します。 競艇を楽しむのではなく競艇で口座の残高を増やす方法を御提案。



只今、無料更新中。

RSS
RSSフィード RSS
ランキング

※レジまぐの人気プロダクトランキングです。

[総合ランキング]
集計されていません。
[ジャンルランキング]
集計されていません。
最新のコメント
登録がありません。
7月30日 応用の買い2点で10000円オーバー出ました。「背景付き」
競艇で負け続け、勝てないと絶望した人の為の最後のロジック
先物式競艇 2点で40~200倍狙い(回収率重視)
江戸っ子式競艇 2点~3点で1000~2000円前後(的中率重視)
先物式競艇お買い上げの方には江戸っ子競艇を無料で進呈中です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
こんにちは。競艇舟券エンジニアのとおるちゃんです。
20数年間競艇打ち捲り試行錯誤。

編み出した先物式競艇の手法で
年間601R消化の回収率126%を達成(画像)。
確率と統計で勝ち切る競艇技術を御案内しております。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



購入者の方はコチラをチェック

背景付き出ました。




手法がキマるたびに、検証コーナーとして購入者のみなさんに
チェックしてもらってます。
データー的にも、2017年の8月から現在までで455本出ており
・定期的に
・確率的に
・統計的に
勝負できる手法です。

結局、競艇は勝てないな。もうやめようか・・。

・予想屋のフォーカスを買う
・追い上げ、コロガシ
・競艇場の特徴の研究
・競艇選手の特徴。戦法
・個別場のオバケモーター
・マクール・BB は毎月購入
・JLCチャンネルにも加入

研究に研究を重ね、行きつく先は・・・

「3連単1番人気」

そしてこれが来ない。
微妙にズレて取りごろ外しごろの配当で決まる。
そうこうしてるうちに、自分のメンタルがキチってくる。
気付けばズルズル手を出し、たった1日でトンデモな損失を出す。

取り返すには太く張るしかない!チマチマ賭けるからいけないんだ!

結果は黒焦げ。
それでもなんとか必勝法は無い物かと毎日競艇の事で
頭が一杯。

気付けば毎日毎週口座に入金。毎年黒焦げ収支。

さすがに絶望。ふと立ち止まる。
そんな時に見えてくる。光明が・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!(2021年4月下旬現在)

?content_type=blog&content_id=495&type=i

立ち止まって初めて見える物
絶望を感じなければ見えない物

そういうものがあるのです。
上記はコロガシと予想屋のフォーカス以外
全て私がやってきたことです。

焦げました。絶望しました。

でもそれにより、年間で勝ち切るロジック(ガラスの階段)が見えたのです。
ここまで読んでくれた人は、私と同等かそれ以上かもしれない絶望を
競艇で味わったかもしれません。

カイジと同じです。絶望感じて初めてこの手法をやりきれるマインドが備わるのです。

競艇が好きだ。競艇は楽しい。
そんなマインドの内は年間で勝ち切ることなどできないのです。

「俺の少ない給料を毎月毟っていく競艇暴君に
 せめて一太刀でも浴びせたい!!」
?content_type=blog&content_id=495&type=i

競艇暴君を刺すのです。何度でも・・!

非常に簡単な手法です。
私が30年弱試行錯誤してやっとたどり着いたロジックを
1時間であなたの脳内にインストールできます。

辿り着いたら単純明快シンプルイズベスト。

・1日の参加レースは決まっている(規定レース5R前後)
・同じような選手層と形態
・強い選手の失敗狙い
・監視目は3連単6点のみ
・40倍以下を切り2点セレクトで40~200倍狙い
・最初は私と同じく1点100円の2点推奨
・勝ち金で1点額は太くしていくのが安全です

ここで、なぜ競艇で勝てないのかを見て行きましょう。

・寺銭
・波風
・選手の都合

この3大要素が主になります。
・寺銭
賭けた時点で25%引かれたうえでのエントリー。
パチンコで言えば1玉4円で買い、換金時は1玉3円。
つまり、最初から負けてる。
舟券買った時点で、1万円なら2500円負けているということです。
競艇の回収率75%の壁ですね。

75%以上なら優秀だとか、実質勝ちとかいう人いますが
負けは負け。競艇やる意味無いです。

・波風
自分の舟券が紙くずになる時起きます。
当る神風なんて滅多に吹かない。
これは次の選手の都合にも入るんですが
波風出たら

「無事故完走」

とキメて選手インタビューでそれ言っちゃう
山室先生みたいな人もいます。
先生は言ってくれるからまだ善良。
選手一人ひとりの波風出た時のやる気なんて、我々にはわかりません。

・選手の都合
得点に余裕があり外枠。
これから準優や優勝戦控えて誰が無理しますかって話。
上位着で御の字。そんなの関係ねえで気合走りする選手もいる。
そんな一人一人のマインドなんて把握しきれないですよね。

御の字選手を真面目に展開予想して買う我々。
御の字走りだと思って外して買ったら気合走りされてハズレ。

把握しきれない、結果なんてわからない。
わからないものをわかろうと真面目に舟券買う。
ここに競艇で負け続けて勝てない原因があるのです。
コイン投げの裏表を真剣に予想してるのと同じなんですね。
非常にくだらないと思います。

「勝つ秘訣は確率。コイン投げ理論」
コイントス、裏表当てゲーム。
確率は50%です。

交互に表裏が出るわけではなく、偏りが必ず出ます。

裏が10回連続さすがに表が次出ると思ってもまた裏。
かと思えばその逆。
交互に出始めるときも出てきます。

そういう過程を経て、数をこなせば極論確率は50%に
近づいていく。

2021年の私の月別収支がそんなかんじですね。
月ゼロの確率のドローダウンアリ、4月は一気に3本で巻き返し。
?content_type=blog&content_id=495&type=i

「確率50%ではなく60%70%の優位性と再現性」
数をこなせば、60,70%の優位性のある手法をする。

これは、勝ってる株トレーダーやギャンブラーの共通のマインド。
極論、博打で勝ち切るにはこの方法しかないです。
このマインドもってるから彼らは勝ち続けているのです。

株のチャートの形がそれです。
「この形になると、6割7割で上に行く下に行く」
これはもうすでに統計的に出ている事実なんですね。

つまり、その形が出たら、優位性ある確率に託して張る。
経済指標がどうだ材料がひかえてるだどうだ
フライングもってる、展示タイム悪いだどうだ
そんなこと考えずに入り続けるんです。

さすれば、確率の法則で結局6割7割は思惑の方向に動きましたね
という結果が得られるわけです。

あとは資金管理。
株チャートは6割7割思惑の方向に動く。逆に動いた時は小さい損失額で切る。
競艇の場合はとにかく

経費の圧縮

1Rにつき2点
強い選手の失敗狙い(40倍~200倍)

上記で示した先物式ロジックを繰り返すのみです。
勝てない理由の最大の原因は、経費を毎回かけすぎてるということです。
1Rに10点も20点も買う。その金は賭けた時点で帰ってこない金です。

当たる外れる以前にその損金は積み上がる。
その膨れ上がった損金を上回る配当を取り続けなければプラスにならない。
経費の圧縮がどれだけできるかが肝になります。

「先物式競艇の優位性」
優位性を得るには、

・キマった形が定期的に出る
・経費を最小にしつつそれを取る
・利益が経費を上回る

3年程前から統計取ってますが、月に10~15本出てます

2~3本取れば確実に月の回収率100オーバー。
もちろん、私の上記画像のとおり、月ゼロで確率のドローダウンはありますが
コイントスの話でしたように、こなしていけば年間100%オーバー
きっちり帳尻合うようになります。


肝心なのは忍耐ですが、この手法に慣れればいいだけ。
慣れますから。で、取れた時の気分は桃源郷。

「つまらない。苦痛だ」

という人は、まだ競艇に絶望してないってことです。
レジャー感覚だということです。
絶望とか心底嫌という気持ちが沸いて初めて人間は

・決断、行動、努力

が出来るようになります。
転職した人ならわかると思います。

「なぜ前の職場辞めたんですか?」

面接で聞かれたとき、当たり障りのない返答すると思います。
実際は、絶望したからですよね。心底嫌になったからですよね。
そこの会社が上司が給料が。

競艇で絶望感じたあなたは、人生変えるのと同様に
競艇人生も変えれるのです。
根詰めてやりあげてください。

「といっても、とおるちゃんよぉ・・
 もっとライトな手法ないの?」

御用意しております。
先物式を極めるのに役立つ江戸っ子式競艇
こちらを無料でSETでつけてます。

100人以上の同志達もがんばってます。



7月28日 応用の買い2点で5000円オーバー出ました。「背景付き」
競艇で負け続け、勝てないと絶望した人の為の最後のロジック
先物式競艇 2点で40~200倍狙い(回収率重視)
江戸っ子式競艇 2点~3点で1000~2000円前後(的中率重視)
先物式競艇お買い上げの方には江戸っ子競艇を無料で進呈中です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
こんにちは。競艇舟券エンジニアのとおるちゃんです。
20数年間競艇打ち捲り試行錯誤。

編み出した先物式競艇の手法で
年間601R消化の回収率126%を達成(画像)。
確率と統計で勝ち切る競艇技術を御案内しております。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



購入者の方はコチラをチェック

背景付き出ました。




手法がキマるたびに、検証コーナーとして購入者のみなさんに
チェックしてもらってます。
データー的にも、2017年の8月から現在までで454本出ており
・定期的に
・確率的に
・統計的に
勝負できる手法です。

結局、競艇は勝てないな。もうやめようか・・。

・予想屋のフォーカスを買う
・追い上げ、コロガシ
・競艇場の特徴の研究
・競艇選手の特徴。戦法
・個別場のオバケモーター
・マクール・BB は毎月購入
・JLCチャンネルにも加入

研究に研究を重ね、行きつく先は・・・

「3連単1番人気」

そしてこれが来ない。
微妙にズレて取りごろ外しごろの配当で決まる。
そうこうしてるうちに、自分のメンタルがキチってくる。
気付けばズルズル手を出し、たった1日でトンデモな損失を出す。

取り返すには太く張るしかない!チマチマ賭けるからいけないんだ!

結果は黒焦げ。
それでもなんとか必勝法は無い物かと毎日競艇の事で
頭が一杯。

気付けば毎日毎週口座に入金。毎年黒焦げ収支。

さすがに絶望。ふと立ち止まる。
そんな時に見えてくる。光明が・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!(2021年4月下旬現在)

?content_type=blog&content_id=495&type=i

立ち止まって初めて見える物
絶望を感じなければ見えない物

そういうものがあるのです。
上記はコロガシと予想屋のフォーカス以外
全て私がやってきたことです。

焦げました。絶望しました。

でもそれにより、年間で勝ち切るロジック(ガラスの階段)が見えたのです。
ここまで読んでくれた人は、私と同等かそれ以上かもしれない絶望を
競艇で味わったかもしれません。

カイジと同じです。絶望感じて初めてこの手法をやりきれるマインドが備わるのです。

競艇が好きだ。競艇は楽しい。
そんなマインドの内は年間で勝ち切ることなどできないのです。

「俺の少ない給料を毎月毟っていく競艇暴君に
 せめて一太刀でも浴びせたい!!」
?content_type=blog&content_id=495&type=i

競艇暴君を刺すのです。何度でも・・!

非常に簡単な手法です。
私が30年弱試行錯誤してやっとたどり着いたロジックを
1時間であなたの脳内にインストールできます。

辿り着いたら単純明快シンプルイズベスト。

・1日の参加レースは決まっている(規定レース5R前後)
・同じような選手層と形態
・強い選手の失敗狙い
・監視目は3連単6点のみ
・40倍以下を切り2点セレクトで40~200倍狙い
・最初は私と同じく1点100円の2点推奨
・勝ち金で1点額は太くしていくのが安全です

ここで、なぜ競艇で勝てないのかを見て行きましょう。

・寺銭
・波風
・選手の都合

この3大要素が主になります。
・寺銭
賭けた時点で25%引かれたうえでのエントリー。
パチンコで言えば1玉4円で買い、換金時は1玉3円。
つまり、最初から負けてる。
舟券買った時点で、1万円なら2500円負けているということです。
競艇の回収率75%の壁ですね。

75%以上なら優秀だとか、実質勝ちとかいう人いますが
負けは負け。競艇やる意味無いです。

・波風
自分の舟券が紙くずになる時起きます。
当る神風なんて滅多に吹かない。
これは次の選手の都合にも入るんですが
波風出たら

「無事故完走」

とキメて選手インタビューでそれ言っちゃう
山室先生みたいな人もいます。
先生は言ってくれるからまだ善良。
選手一人ひとりの波風出た時のやる気なんて、我々にはわかりません。

・選手の都合
得点に余裕があり外枠。
これから準優や優勝戦控えて誰が無理しますかって話。
上位着で御の字。そんなの関係ねえで気合走りする選手もいる。
そんな一人一人のマインドなんて把握しきれないですよね。

御の字選手を真面目に展開予想して買う我々。
御の字走りだと思って外して買ったら気合走りされてハズレ。

把握しきれない、結果なんてわからない。
わからないものをわかろうと真面目に舟券買う。
ここに競艇で負け続けて勝てない原因があるのです。
コイン投げの裏表を真剣に予想してるのと同じなんですね。
非常にくだらないと思います。

「勝つ秘訣は確率。コイン投げ理論」
コイントス、裏表当てゲーム。
確率は50%です。

交互に表裏が出るわけではなく、偏りが必ず出ます。

裏が10回連続さすがに表が次出ると思ってもまた裏。
かと思えばその逆。
交互に出始めるときも出てきます。

そういう過程を経て、数をこなせば極論確率は50%に
近づいていく。

2021年の私の月別収支がそんなかんじですね。
月ゼロの確率のドローダウンアリ、4月は一気に3本で巻き返し。
?content_type=blog&content_id=495&type=i

「確率50%ではなく60%70%の優位性と再現性」
数をこなせば、60,70%の優位性のある手法をする。

これは、勝ってる株トレーダーやギャンブラーの共通のマインド。
極論、博打で勝ち切るにはこの方法しかないです。
このマインドもってるから彼らは勝ち続けているのです。

株のチャートの形がそれです。
「この形になると、6割7割で上に行く下に行く」
これはもうすでに統計的に出ている事実なんですね。

つまり、その形が出たら、優位性ある確率に託して張る。
経済指標がどうだ材料がひかえてるだどうだ
フライングもってる、展示タイム悪いだどうだ
そんなこと考えずに入り続けるんです。

さすれば、確率の法則で結局6割7割は思惑の方向に動きましたね
という結果が得られるわけです。

あとは資金管理。
株チャートは6割7割思惑の方向に動く。逆に動いた時は小さい損失額で切る。
競艇の場合はとにかく

経費の圧縮

1Rにつき2点
強い選手の失敗狙い(40倍~200倍)

上記で示した先物式ロジックを繰り返すのみです。
勝てない理由の最大の原因は、経費を毎回かけすぎてるということです。
1Rに10点も20点も買う。その金は賭けた時点で帰ってこない金です。

当たる外れる以前にその損金は積み上がる。
その膨れ上がった損金を上回る配当を取り続けなければプラスにならない。
経費の圧縮がどれだけできるかが肝になります。

「先物式競艇の優位性」
優位性を得るには、

・キマった形が定期的に出る
・経費を最小にしつつそれを取る
・利益が経費を上回る

3年程前から統計取ってますが、月に10~15本出てます

2~3本取れば確実に月の回収率100オーバー。
もちろん、私の上記画像のとおり、月ゼロで確率のドローダウンはありますが
コイントスの話でしたように、こなしていけば年間100%オーバー
きっちり帳尻合うようになります。


肝心なのは忍耐ですが、この手法に慣れればいいだけ。
慣れますから。で、取れた時の気分は桃源郷。

「つまらない。苦痛だ」

という人は、まだ競艇に絶望してないってことです。
レジャー感覚だということです。
絶望とか心底嫌という気持ちが沸いて初めて人間は

・決断、行動、努力

が出来るようになります。
転職した人ならわかると思います。

「なぜ前の職場辞めたんですか?」

面接で聞かれたとき、当たり障りのない返答すると思います。
実際は、絶望したからですよね。心底嫌になったからですよね。
そこの会社が上司が給料が。

競艇で絶望感じたあなたは、人生変えるのと同様に
競艇人生も変えれるのです。
根詰めてやりあげてください。

「といっても、とおるちゃんよぉ・・
 もっとライトな手法ないの?」

御用意しております。
先物式を極めるのに役立つ江戸っ子式競艇
こちらを無料でSETでつけてます。

100人以上の同志達もがんばってます。


7月23日 応用の買い2点で4000円オーバー出ました。
競艇で負け続け、勝てないと絶望した人の為の最後のロジック
先物式競艇 2点で40~200倍狙い(回収率重視)
江戸っ子式競艇 2点~3点で1000~2000円前後(的中率重視)
先物式競艇お買い上げの方には江戸っ子競艇を無料で進呈中です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
こんにちは。競艇舟券エンジニアのとおるちゃんです。
20数年間競艇打ち捲り試行錯誤。

編み出した先物式競艇の手法で
年間601R消化の回収率126%を達成(画像)。
確率と統計で勝ち切る競艇技術を御案内しております。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



購入者の方はコチラをチェック

7月2本目。
確率のドローダウン中ですが、月末にかけて
怒涛の帳尻合わせがあるかもしれません。
ねらっていきますよ~。




手法がキマるたびに、検証コーナーとして購入者のみなさんに
チェックしてもらってます。
データー的にも、2017年の8月から現在までで453本出ており
・定期的に
・確率的に
・統計的に
勝負できる手法です。

結局、競艇は勝てないな。もうやめようか・・。

・予想屋のフォーカスを買う
・追い上げ、コロガシ
・競艇場の特徴の研究
・競艇選手の特徴。戦法
・個別場のオバケモーター
・マクール・BB は毎月購入
・JLCチャンネルにも加入

研究に研究を重ね、行きつく先は・・・

「3連単1番人気」

そしてこれが来ない。
微妙にズレて取りごろ外しごろの配当で決まる。
そうこうしてるうちに、自分のメンタルがキチってくる。
気付けばズルズル手を出し、たった1日でトンデモな損失を出す。

取り返すには太く張るしかない!チマチマ賭けるからいけないんだ!

結果は黒焦げ。
それでもなんとか必勝法は無い物かと毎日競艇の事で
頭が一杯。

気付けば毎日毎週口座に入金。毎年黒焦げ収支。

さすがに絶望。ふと立ち止まる。
そんな時に見えてくる。光明が・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!(2021年4月下旬現在)

?content_type=blog&content_id=495&type=i

立ち止まって初めて見える物
絶望を感じなければ見えない物

そういうものがあるのです。
上記はコロガシと予想屋のフォーカス以外
全て私がやってきたことです。

焦げました。絶望しました。

でもそれにより、年間で勝ち切るロジック(ガラスの階段)が見えたのです。
ここまで読んでくれた人は、私と同等かそれ以上かもしれない絶望を
競艇で味わったかもしれません。

カイジと同じです。絶望感じて初めてこの手法をやりきれるマインドが備わるのです。

競艇が好きだ。競艇は楽しい。
そんなマインドの内は年間で勝ち切ることなどできないのです。

「俺の少ない給料を毎月毟っていく競艇暴君に
 せめて一太刀でも浴びせたい!!」
?content_type=blog&content_id=495&type=i

競艇暴君を刺すのです。何度でも・・!

非常に簡単な手法です。
私が30年弱試行錯誤してやっとたどり着いたロジックを
1時間であなたの脳内にインストールできます。

辿り着いたら単純明快シンプルイズベスト。

・1日の参加レースは決まっている(規定レース5R前後)
・同じような選手層と形態
・強い選手の失敗狙い
・監視目は3連単6点のみ
・40倍以下を切り2点セレクトで40~200倍狙い
・最初は私と同じく1点100円の2点推奨
・勝ち金で1点額は太くしていくのが安全です

ここで、なぜ競艇で勝てないのかを見て行きましょう。

・寺銭
・波風
・選手の都合

この3大要素が主になります。
・寺銭
賭けた時点で25%引かれたうえでのエントリー。
パチンコで言えば1玉4円で買い、換金時は1玉3円。
つまり、最初から負けてる。
舟券買った時点で、1万円なら2500円負けているということです。
競艇の回収率75%の壁ですね。

75%以上なら優秀だとか、実質勝ちとかいう人いますが
負けは負け。競艇やる意味無いです。

・波風
自分の舟券が紙くずになる時起きます。
当る神風なんて滅多に吹かない。
これは次の選手の都合にも入るんですが
波風出たら

「無事故完走」

とキメて選手インタビューでそれ言っちゃう
山室先生みたいな人もいます。
先生は言ってくれるからまだ善良。
選手一人ひとりの波風出た時のやる気なんて、我々にはわかりません。

・選手の都合
得点に余裕があり外枠。
これから準優や優勝戦控えて誰が無理しますかって話。
上位着で御の字。そんなの関係ねえで気合走りする選手もいる。
そんな一人一人のマインドなんて把握しきれないですよね。

御の字選手を真面目に展開予想して買う我々。
御の字走りだと思って外して買ったら気合走りされてハズレ。

把握しきれない、結果なんてわからない。
わからないものをわかろうと真面目に舟券買う。
ここに競艇で負け続けて勝てない原因があるのです。
コイン投げの裏表を真剣に予想してるのと同じなんですね。
非常にくだらないと思います。

「勝つ秘訣は確率。コイン投げ理論」
コイントス、裏表当てゲーム。
確率は50%です。

交互に表裏が出るわけではなく、偏りが必ず出ます。

裏が10回連続さすがに表が次出ると思ってもまた裏。
かと思えばその逆。
交互に出始めるときも出てきます。

そういう過程を経て、数をこなせば極論確率は50%に
近づいていく。

2021年の私の月別収支がそんなかんじですね。
月ゼロの確率のドローダウンアリ、4月は一気に3本で巻き返し。
?content_type=blog&content_id=495&type=i

「確率50%ではなく60%70%の優位性と再現性」
数をこなせば、60,70%の優位性のある手法をする。

これは、勝ってる株トレーダーやギャンブラーの共通のマインド。
極論、博打で勝ち切るにはこの方法しかないです。
このマインドもってるから彼らは勝ち続けているのです。

株のチャートの形がそれです。
「この形になると、6割7割で上に行く下に行く」
これはもうすでに統計的に出ている事実なんですね。

つまり、その形が出たら、優位性ある確率に託して張る。
経済指標がどうだ材料がひかえてるだどうだ
フライングもってる、展示タイム悪いだどうだ
そんなこと考えずに入り続けるんです。

さすれば、確率の法則で結局6割7割は思惑の方向に動きましたね
という結果が得られるわけです。

あとは資金管理。
株チャートは6割7割思惑の方向に動く。逆に動いた時は小さい損失額で切る。
競艇の場合はとにかく

経費の圧縮

1Rにつき2点
強い選手の失敗狙い(40倍~200倍)

上記で示した先物式ロジックを繰り返すのみです。
勝てない理由の最大の原因は、経費を毎回かけすぎてるということです。
1Rに10点も20点も買う。その金は賭けた時点で帰ってこない金です。

当たる外れる以前にその損金は積み上がる。
その膨れ上がった損金を上回る配当を取り続けなければプラスにならない。
経費の圧縮がどれだけできるかが肝になります。

「先物式競艇の優位性」
優位性を得るには、

・キマった形が定期的に出る
・経費を最小にしつつそれを取る
・利益が経費を上回る

3年程前から統計取ってますが、月に10~15本出てます

2~3本取れば確実に月の回収率100オーバー。
もちろん、私の上記画像のとおり、月ゼロで確率のドローダウンはありますが
コイントスの話でしたように、こなしていけば年間100%オーバー
きっちり帳尻合うようになります。


肝心なのは忍耐ですが、この手法に慣れればいいだけ。
慣れますから。で、取れた時の気分は桃源郷。

「つまらない。苦痛だ」

という人は、まだ競艇に絶望してないってことです。
レジャー感覚だということです。
絶望とか心底嫌という気持ちが沸いて初めて人間は

・決断、行動、努力

が出来るようになります。
転職した人ならわかると思います。

「なぜ前の職場辞めたんですか?」

面接で聞かれたとき、当たり障りのない返答すると思います。
実際は、絶望したからですよね。心底嫌になったからですよね。
そこの会社が上司が給料が。

競艇で絶望感じたあなたは、人生変えるのと同様に
競艇人生も変えれるのです。
根詰めてやりあげてください。

「といっても、とおるちゃんよぉ・・
 もっとライトな手法ないの?」

御用意しております。
先物式を極めるのに役立つ江戸っ子式競艇
こちらを無料でSETでつけてます。

ニコイチ

どちらを買ってももうひとつついてきます。
最初は江戸っ子式で慣れてもらうのが早いです。

競艇に絶望を感じ、心底糞だと思えたあなたの
競艇人生は必ず変わります。
私もプレイヤーとして逐一ここでルポしていきます。

一緒に競艇暴君を何度も刺してやりましょう。
100人以上の同志達もがんばってます。
レビューもぜひご覧ください。

7月19日 応用の買い2点で5000円オーバー出ました。
競艇で負け続け、勝てないと絶望した人の為の最後のロジック
先物式競艇 2点で40~200倍狙い(回収率重視)
江戸っ子式競艇 2点~3点で1000~2000円前後(的中率重視)
先物式競艇お買い上げの方には江戸っ子競艇を無料で進呈中です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
こんにちは。競艇舟券エンジニアのとおるちゃんです。
20数年間競艇打ち捲り試行錯誤。

編み出した先物式競艇の手法で
年間601R消化の回収率126%を達成(画像)。
確率と統計で勝ち切る競艇技術を御案内しております。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



購入者の方はコチラをチェック

確率のドローダウンですね。
7月1本目がやっと出ました。

帳尻合わせで月末までにガンガン出る可能性ありますので
弱気にならずに淡々と張り続けましょう。




手法がキマるたびに、検証コーナーとして購入者のみなさんに
チェックしてもらってます。
データー的にも、2017年の8月から現在までで452本出ており
・定期的に
・確率的に
・統計的に
勝負できる手法です。

結局、競艇は勝てないな。もうやめようか・・。

・予想屋のフォーカスを買う
・追い上げ、コロガシ
・競艇場の特徴の研究
・競艇選手の特徴。戦法
・個別場のオバケモーター
・マクール・BB は毎月購入
・JLCチャンネルにも加入

研究に研究を重ね、行きつく先は・・・

「3連単1番人気」

そしてこれが来ない。
微妙にズレて取りごろ外しごろの配当で決まる。
そうこうしてるうちに、自分のメンタルがキチってくる。
気付けばズルズル手を出し、たった1日でトンデモな損失を出す。

取り返すには太く張るしかない!チマチマ賭けるからいけないんだ!

結果は黒焦げ。
それでもなんとか必勝法は無い物かと毎日競艇の事で
頭が一杯。

気付けば毎日毎週口座に入金。毎年黒焦げ収支。

さすがに絶望。ふと立ち止まる。
そんな時に見えてくる。光明が・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!
?content_type=blog&content_id=495&type=i
?content_type=blog&content_id=495&type=i

これは・・!(2021年4月下旬現在)

?content_type=blog&content_id=495&type=i

立ち止まって初めて見える物
絶望を感じなければ見えない物

そういうものがあるのです。
上記はコロガシと予想屋のフォーカス以外
全て私がやってきたことです。

焦げました。絶望しました。

でもそれにより、年間で勝ち切るロジック(ガラスの階段)が見えたのです。
ここまで読んでくれた人は、私と同等かそれ以上かもしれない絶望を
競艇で味わったかもしれません。

カイジと同じです。絶望感じて初めてこの手法をやりきれるマインドが備わるのです。

競艇が好きだ。競艇は楽しい。
そんなマインドの内は年間で勝ち切ることなどできないのです。

「俺の少ない給料を毎月毟っていく競艇暴君に
 せめて一太刀でも浴びせたい!!」
?content_type=blog&content_id=495&type=i

競艇暴君を刺すのです。何度でも・・!

非常に簡単な手法です。
私が30年弱試行錯誤してやっとたどり着いたロジックを
1時間であなたの脳内にインストールできます。

辿り着いたら単純明快シンプルイズベスト。

・1日の参加レースは決まっている(規定レース5R前後)
・同じような選手層と形態
・強い選手の失敗狙い
・監視目は3連単6点のみ
・40倍以下を切り2点セレクトで40~200倍狙い
・最初は私と同じく1点100円の2点推奨
・勝ち金で1点額は太くしていくのが安全です

ここで、なぜ競艇で勝てないのかを見て行きましょう。

・寺銭
・波風
・選手の都合

この3大要素が主になります。
・寺銭
賭けた時点で25%引かれたうえでのエントリー。
パチンコで言えば1玉4円で買い、換金時は1玉3円。
つまり、最初から負けてる。
舟券買った時点で、1万円なら2500円負けているということです。
競艇の回収率75%の壁ですね。

75%以上なら優秀だとか、実質勝ちとかいう人いますが
負けは負け。競艇やる意味無いです。

・波風
自分の舟券が紙くずになる時起きます。
当る神風なんて滅多に吹かない。
これは次の選手の都合にも入るんですが
波風出たら

「無事故完走」

とキメて選手インタビューでそれ言っちゃう
山室先生みたいな人もいます。
先生は言ってくれるからまだ善良。
選手一人ひとりの波風出た時のやる気なんて、我々にはわかりません。

・選手の都合
得点に余裕があり外枠。
これから準優や優勝戦控えて誰が無理しますかって話。
上位着で御の字。そんなの関係ねえで気合走りする選手もいる。
そんな一人一人のマインドなんて把握しきれないですよね。

御の字選手を真面目に展開予想して買う我々。
御の字走りだと思って外して買ったら気合走りされてハズレ。

把握しきれない、結果なんてわからない。
わからないものをわかろうと真面目に舟券買う。
ここに競艇で負け続けて勝てない原因があるのです。
コイン投げの裏表を真剣に予想してるのと同じなんですね。
非常にくだらないと思います。

「勝つ秘訣は確率。コイン投げ理論」
コイントス、裏表当てゲーム。
確率は50%です。

交互に表裏が出るわけではなく、偏りが必ず出ます。

裏が10回連続さすがに表が次出ると思ってもまた裏。
かと思えばその逆。
交互に出始めるときも出てきます。

そういう過程を経て、数をこなせば極論確率は50%に
近づいていく。

2021年の私の月別収支がそんなかんじですね。
月ゼロの確率のドローダウンアリ、4月は一気に3本で巻き返し。
?content_type=blog&content_id=495&type=i

「確率50%ではなく60%70%の優位性と再現性」
数をこなせば、60,70%の優位性のある手法をする。

これは、勝ってる株トレーダーやギャンブラーの共通のマインド。
極論、博打で勝ち切るにはこの方法しかないです。
このマインドもってるから彼らは勝ち続けているのです。

株のチャートの形がそれです。
「この形になると、6割7割で上に行く下に行く」
これはもうすでに統計的に出ている事実なんですね。

つまり、その形が出たら、優位性ある確率に託して張る。
経済指標がどうだ材料がひかえてるだどうだ
フライングもってる、展示タイム悪いだどうだ
そんなこと考えずに入り続けるんです。

さすれば、確率の法則で結局6割7割は思惑の方向に動きましたね
という結果が得られるわけです。

あとは資金管理。
株チャートは6割7割思惑の方向に動く。逆に動いた時は小さい損失額で切る。
競艇の場合はとにかく

経費の圧縮

1Rにつき2点
強い選手の失敗狙い(40倍~200倍)

上記で示した先物式ロジックを繰り返すのみです。
勝てない理由の最大の原因は、経費を毎回かけすぎてるということです。
1Rに10点も20点も買う。その金は賭けた時点で帰ってこない金です。

当たる外れる以前にその損金は積み上がる。
その膨れ上がった損金を上回る配当を取り続けなければプラスにならない。
経費の圧縮がどれだけできるかが肝になります。

「先物式競艇の優位性」
優位性を得るには、

・キマった形が定期的に出る
・経費を最小にしつつそれを取る
・利益が経費を上回る

3年程前から統計取ってますが、月に10~15本出てます

2~3本取れば確実に月の回収率100オーバー。
もちろん、私の上記画像のとおり、月ゼロで確率のドローダウンはありますが
コイントスの話でしたように、こなしていけば年間100%オーバー
きっちり帳尻合うようになります。


肝心なのは忍耐ですが、この手法に慣れればいいだけ。
慣れますから。で、取れた時の気分は桃源郷。

「つまらない。苦痛だ」

という人は、まだ競艇に絶望してないってことです。
レジャー感覚だということです。
絶望とか心底嫌という気持ちが沸いて初めて人間は

・決断、行動、努力

が出来るようになります。
転職した人ならわかると思います。

「なぜ前の職場辞めたんですか?」

面接で聞かれたとき、当たり障りのない返答すると思います。
実際は、絶望したからですよね。心底嫌になったからですよね。
そこの会社が上司が給料が。

競艇で絶望感じたあなたは、人生変えるのと同様に
競艇人生も変えれるのです。
根詰めてやりあげてください。

「といっても、とおるちゃんよぉ・・
 もっとライトな手法ないの?」

御用意しております。
先物式を極めるのに役立つ江戸っ子式競艇
こちらを無料でSETでつけてます。

ニコイチ

どちらを買ってももうひとつついてきます。
最初は江戸っ子式で慣れてもらうのが早いです。

競艇に絶望を感じ、心底糞だと思えたあなたの
競艇人生は必ず変わります。
私もプレイヤーとして逐一ここでルポしていきます。

一緒に競艇暴君を何度も刺してやりましょう。
100人以上の同志達もがんばってます。
レビューもぜひご覧ください。


TOP