競艇は確率と統計(無料更新中)

先物式競艇で凡人のアテクシが勝ち続けます。

このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね2 コメント1
プロフィール
競艇確率統計舟券アドバイザーとおるちゃん
競艇確率統計舟券アドバイザーとおるちゃん

賭け事に確率理論は必須。選手や競艇場の特徴、エンジン相場、全て糞です。そんなのでは勝てません。 全ては優位性のある手法の継続からくる確率に収束します。 競艇を楽しむのではなく競艇で口座の残高を増やす方法を御提案。



只今、無料更新中。

RSS
RSSフィード RSS
ランキング

※レジまぐの人気プロダクトランキングです。

[総合ランキング]
105位
[ジャンルランキング]
競艇:12位
最新のコメント
登録がありません。
競艇や博打は人間の感情の逆をやらないと勝てません。
2018-07-30 16:20:00  (最終更新日時:2018-07-30 16:48:42)
テーマ: 競艇で勝てない理由
先物式競艇 2点で40~200倍狙い(回収率重視)
江戸っ子式競艇 2点~5点で1200円前後(的中率重視)
パチンコ式禁煙術←1000円にしました。

先物式競艇お買い上げの方には江戸っ子競艇を無料で進呈中です。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

博打、そして投資。
なぜうまくいかないのか決まって負けるのか。

これは人間の感情が深く関わっています。
結論言ってしまうと、ナチュラルな感情の逆をすることで
初めて勝ち組に入れると言えます。

先物式競艇で言えば、
・なかなか当たらない
・つまらない

という感情ですね。この感情に逆らう事です。
期待値プラスの手法ですから根気強く続ければ
必ず報われます。
?content_type=blog&content_id=495&type=i

?content_type=blog&content_id=495&type=i

アテクシが着歴やコースやエンジン勝率など
勝つ条件が整った高柳系選手(勝率3点4点)は外して買うというのもそれです。
買いたくなるんですね人間は。
数値や雰囲気。

株なんかもそうですね。
ガンガン上がってれば、買いたくなるし
ガンガン下がってれば売りたくなる。

その感情の通りのトレードしてたら、決まって自分が仕込んだ所が
絶妙な反転のゾーンとなり黒焦げというお約束です。

上げ続けてれば売りに備え、下げ続けてれば買いに備えなければ
いけないのですが、これは人間のナチュラルな感情の逆ですから
みんなそれが出来ずにお約束どおりに負けるというわけです。

みんなと逆の心理で競艇を打つだけで
みんなよりワンランク、ステージがUPします。
勝ちへの道が開けるのです。

万人が嫌がること、万人がめんどくさいだの楽しくないだの言って
敬遠すること、万人が恐怖と感じること。
これをまずすることです。

コース勝率、エンジン勝率などなど。
そんなのオクソの役にも立ちません。


「先物式競艇」
・定番
・準定番
・応用

上記3つの買い手法それぞれ2点の計6点のオッズのみ監視。
規定オッズに当て嵌めて買い目の取捨選択。
規定レースのみ参加。
競艇選手の相場を株式流で判断
2018-01-13 15:00:00
テーマ: 競艇で勝てない理由
ココ、レジマグサイトは無料で更新してます。
買わないで下さい。




先物式競艇 2点で40~200倍狙い(回収率重視)
江戸っ子式競艇 2点~5点で1200円前後(的中率重視)
パチンコ式禁煙術←1000円にしました。
先物式競艇お買い上げの方には江戸っ子競艇を無料で進呈中です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1月11日の4080円の払い戻しですが
これは、先物式でも江戸っ子式でもないです。
クマホン10万円懸賞資格の為に5000円購入せねばならず
「これいけるんじゃないの?」と買ったレースが的中。
手法は絡んでないので、無料リスナーの皆さんにも
競艇選手相場を株式相場のように見る1つのやりかたを御紹介しようと思います。
?content_type=blog&content_id=495&type=i


1月11日

このメンバーなら1枠室田楽勝の1着濃厚ですね。
1-2=4の折り返しを「買われ過ぎ」と見ます。

2枠切田 4枠高橋二郎

この両者、毎期勝率4点前後から4点中盤の選手。
アテクシ言うところの「高柳系」です。

ここでよくオッズを見てください。
1-2-4が6.7倍
1-4-2が10倍ちょうど。

選手名消してオッズだけ見たら、かなりデキる選手が
2と4にいるんだなってオッズです。
技能優秀な上位3者グリグリで残り3人B級のレースみたいなオッズ。

切田と高橋ジロちゃんがこんなオッズ背負ってるわけです。
なぜ、切田と高橋ジロちゃんが万年B級選手なのか。
それは・・・

期待に応えられないせんしゅだから。

です。
ここでキッチリ2着3着フィニッシュできる選手なら
常にA級選手でいます。そういうところが弱いから
取りこぼすから万年B級なわけです。

つまり、彼らの失敗に賭けたほうが配当も跳ね上がるわけです。
巧い選手の2着3着フィニッシュの失敗に賭ける事は
かなりリスク高いですが、切田や高橋なんて選手はいつも競艇場で

「バカヤ炉おおおお!下手糞がああああああああ!」

などとファンの罵声浴びまくってる連中。
この2人のオッズは明らかに実力に見合わない「買われ過ぎ」のオッズなのです。

一方、外枠という事で放置されてる5枠6枠。
実力的にも6枠斉藤勇なんてのは過去A1常連だった記憶ありますし
2CH有志からは「禿勇」と親しまれてきた選手。
5枠河上も切田高橋に比べて差があるとすれば枠の差くらい。
結構中間着多くしぶとい選手。

「2と4買われ過ぎだろ。5と6のオリでいっちまえ。」

ってことで1-5=6の2点で行きました。
ちなみに3は眼中に入れなくていいです。
下手糞が最も難しい自力でレース作らなきゃいけない3コース。
来たら諦めです。買うとたまにイイ思いするかもですが
圧倒的に効率悪いですからね。

レースは、1-2-5体勢でしたが、周回ごとにキリジュンが着を落とし、
最終ターンマークで、禿勇(はげゆう)がグッジョブ!な旋回で
キリジュンを蹴落とし1-5-6の40倍。

2連単オッズ見れば買われ過ぎや放置されすぎがわかります。
キリジュンが2倍台
高橋が3倍台
買われ過ぎです。
オッズだけ見たらG1のオッズですよ。
勝率5点6点の選手が背負うオッズです。

5,6のオッズともに10倍。
こちらは明らかに放置されすぎ。
差は枠の差だけなのに放置されすぎです。
差は枠の差だけですから、キリジュンと高橋の失敗に賭けたほうが
効率がイイのです。

逆に、キリジュンと高橋の2着3着オリSETで大枚勝負。

レース始まる前に舟券破り捨てても安心して見れます。
まあ、安心は言いすぎですが、その舟券に大枚勝負してたら
非常に嫌な予感と悪寒をレース前に感じるでしょう。
この2人切った舟券で勝負したほうがワクワクドキドキ。
こちらの方が精神的にも健全です。

ヘボ選手に賭けて
「頼むぞ!しっかり走ってくれ!頼む~・・!」
よりも、

ヘボ選手外して
「失敗しろ~ミスしろ~期待してるぞ~」

のほうが明らかに効率いいです。
ちなみにこのレース初日です。
単純に4点後半で2コースのキリジュンと
カドの高橋で売れただけですね。
競艇で勝てるようになるための研究方法
2016-01-18 16:03:00
テーマ: 競艇で勝てない理由
競艇初心者のみなさん。こんにちは。
舟券アドバイザーの、とおるちゃんです。

みなさんが、初めて競艇をし、研究を始めたときどうするか。
私もそうだったんですが、巧い選手の研究すると思うんです。

これはほんと駄目です。
負けに一番直結する研究方法だと思ってください。
なぜなら、もう結果が出てるからです。



「よくわからないものが儲かる」
株の世界。ネットの出始め。
インターネットって何?って時期ありましたよね。
あの時期にヤフー株1株買って2年放置してれば6億円になったという
伝説の株を御存知でしょうか。

トヨタ自動車の株は儲かりません。
誰もが優良株と知ってて、既に頂点にいるからです。
みんなが知ってるものは儲からないと思って間違いないです。


競艇の場合、よくわからないものに3点4点選手が走るレースがあります。
ファンは数字でしか判断しようとしないのです。
まさにココが肝。
美味しいゾーンになります。


「競艇研究のやり方」
まずは、こういうレースを見捲くります。
?content_type=blog&content_id=495&type=i

1,2,5号艇は無視してください。
こいつら見ても銭になりません。強いことをみんなが知ってるからです。
見るべき選手は

3,4,6号艇

このランクの選手達は、私のINシード戦の駒として
同じ力量の駒達とレースを共にします。
見続けることで、数字は同じでもそこに力量の差を感じれるようになります。

結果は3着に3池田が絡んで4桁配当。
1,2,5で買い込まれたレース。
競艇を難解にしてるのは3点4点選手と言えます。

そして、この強豪3人に割って入った池田は
なかなかやるじゃないかと判断できます。

INシードで、残り5人同じ勝率の選手に池田が入ってれば
上記強豪3人と対等に戦えたわけですから、明らかに同じ勝率5人の
中では買い候補になってくるわけです。

ファンはそういうところ見てないので
池田のコースや着歴悪ければ放置してしまうわけですね。

こういう知識の積み重ねは金になります。
よくわからないものを、人よりある程度わかるということ。
いわゆる知識差ですね。
これが非常に大事です。

みなさんも、1日1場だけでかまいませんので
上記やり方でチェックし、知識を積み重ねていくといいかもしれません。
ピーン!と閃く!同じ勝率の選手の中で、そいつが光って見える。
度々感じることが出来るようになりますよ。







無印の競艇選手がなぜ絡んでくるのか。
2016-01-16 14:53:00
テーマ: 競艇で勝てない理由
競艇初心者のみなさん。こんにちは。
舟券アドバイザーの、とおるちゃんです。

おそらく、みなさんは私のフォーカスを見て
「え?この競艇選手、新聞では無印やけど・・?」

って思われた人いると思います。
新聞は見てないんですが、昨日3着に絡んで
2500円配当の使者になった伏見卓なんかは
おそらく無印だったと思います。
そもそも、新聞についてる印なんてのは

・選手名
・勝率
・コース
・エンジン
・これまでの着歴

こんな感じでサクっと出してるだけです。
2~6号艇競艇選手が全て3点台勝率なら
内枠から印がついていくだけです。

「勝率に隠れてる重み」
同じ3点台なんだから同じような実力。
だったら内枠の競艇選手が有利でしょってことで
新聞は印を打つわけです。

ここにこそ、新聞や予想紙がハズレまくる原因があります。
その3点勝率は・・・

・10年20年続けての3点(能力の天井)
・デビュー1年2年での3点(途中経過の3点)

この2者は断然歴然の違いがあるわけです。
途中経過の3点若手。
1年2年後にはSGやG1に出る選手になってるかもしれない。
もう、今の時点で能力の天井万年3点選手と比べるのがおかしいのです。

そこにこそ配当の妙味が隠されています。
ファンや新聞は、
「勝率同じなら技術も同じ。
 だったら内枠買ったほうが来る確率高いだろ。」
で買うわけです。
これはほんとに美味しい現象です。

私はみなさんに「競艇は博打だから研究しないでください。」
と言ってますが、3点4点選手の能力の見分け方の研究は役立ちます。

本来、5点6点の技術もった若手が3点表記で走ってるとすると
これは物凄く美味しいです。
そういうのってどうやったら見分けられるの?
ってことですが・・・

リプレイ見てください。

すでにA1選手になってる競艇選手のレースは駄目ですよ。
時間の無駄です。あいつらはもう金になりませんから。

3点4点勝率の競艇選手がいるレースリプレイを毎日見るんです。
見ていると、「おっつ!?こいつ何か動きが違う。」とか
「こいつスピードあるなあ。」ってのが普通にわかります。

狙うレースの出走表見て、同じどんぐり勝率でも
明らかに「こいつ」のが上だ。ってことに気付けるんです。
もち、オッズを形成するファンはそこまで気付いてません。
「勝率同じくらいだから内側が有利だろ。」程度であり
かなり美味しいオッズが形成されてるはずですよ。


競艇のスタート展示は絶対見ないでください。
2016-01-11 18:01:00
テーマ: 競艇で勝てない理由
スタート展示。
本番前のスタート練習ですね簡単に言うと。

そこで出た結果をもとに競艇選手は本番でのスタートの
タイミング微調整をイメージして、より早いスタートを決めようとします。
スタート見えてない選手は、誰かに付いていき
タイミングの参考にします。

ここで考えてみてください。
自分が最高のスタートを決めるということは
内外の他の艇にもだいたいのタイミングを知らせてあげるのと同じ。

自分が外なら、自分が模範解答的なスタート練習したことで
内選手に合わされて出番が無くなる恐れがでてくるのです。

すでに、スタート展示の時点で勝負は始まってるのです。

スタート掴んでるなら、わざと出遅れたスタート展示して
他の選手にタイミング掴ませないようにするというのは
心理の自然な流れと言えます。

ですが、見ているファンは
「うわあ・・!あいつスタート見えてないんやないか?」
と不安になり、人気が落ちたりする現象が起こります。

だからスタート展示は見ないほうがいいです。
ノイズになるだけですから。

最近、現地での観戦はしてないんですが、現地で見れる人は
本番のスタートのときの、初動の音と動作を見ると面白いです。

「赤あげて!白上げないで、赤上げない」

みたいなフェイントの入った初動を見ることができます。
下手糞だなんだと言ってもそこはプロですからね。
ましてや、スタート同体で合わせるくらいのことはしてきますから
こういうフェイントはやらなければ勝てません。




ページの先頭へ