成績が上がらない小中高生 誰も教えてくれない真の原因(実践版)

成績が上がらない原因に鋭く切り込み、子の成績に悩む親を「解放」することを目指します。最適な家庭環境作りをお手伝い

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2020年4月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
財部真一(個別指導塾経営者)
財部真一(個別指導塾経営者)



個人で個別指導塾を開塾して10年以上 

小中高校生を中心に、年間100名、延べ1000人以上の生徒たちを指導してきました。

その経験をもとに、

「家でまったく勉強しない」

「塾に行っても成績があがらない」

「勉強がおもしろくない」

 
という子供たちを持つ親たちの悩みに鋭く切り込み、

解決策を提案する活動をライフワークにしています。


子供の学習成績に悩みを持つお母さん、お父さん必見です。










カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
月別アーカイブ
2017/1 (1)
2016/10 (2)
自分の子供が中高一貫校に進学すべきかを見極める方法
2017-01-14 23:09:00
テーマ: 未設定


教育熱心の親として、まず、検討しなければいけない課題は




中学受験をするかどうか?

 

中高一貫校へ進学するかどうか?

 



これは、何を一番大切にして判断すれば良いのでしょうか?

 

中学受験を目指すということは、ほとんどの人が大学受験のことを意識しています。

 


小学校4年生や5年生の時点で、子供自身が将来何になりたいのか?


子供自身が、中学受験を主体的に判断できるはずもなく、


親が、子のためを思って、塾を決め、受験勉強をさせ、叱咤激励する。

 

子供はわけもわからず、中学受験をすれば将来が開けるものだと思い込み頑張る

 

そのような構図が中学受験では一般的です。

 



では、本当に中学受験を受けることは、子供の将来にとって有益なのでしょうか?


そんなに、中高一貫校はすばらしいところなのでしょうか?


果たして、高い塾費をかけ、中学受験を受け、中高一貫校へ行くことは、それほどの価値があることなのでしょうか?

 



実は、ここに、一つの大きなリスクが存在します。


このリスクを知った上で、


子供の能力を分析し、受験の判断を慎重に下しましょう。




この記事は、大学進学を目的に中高一貫校へ進学する子供の親が最低限知っておくべきことと、


どのような子供が中高一貫校に入学することが適切かを


筆者の豊富な経験から解説致します。



記事の後半には、子供を簡単に判定できる問題もついています。




中学受験について


「塾に通っても成績が上がらない」


「本当に受験勉強ばかりで追い込んで良いのか」


「周りは受けてるけど受けるべきなのか」



などなど、迷いや悩みがある親御さんは、必見です。

PREMIUM POST

550円 購入する
子供の成績は親からの能力遺伝で決まるのか?親の悩みの原因
2016-10-20 23:25:00
テーマ: 未設定
 
子供の成績は遺伝で決まってしまうのか?

 

塾講師を続けていると、

子供たちの個人差、能力差に驚くことがよくあります。

まったく同じ授業を聞いても、その伸びは子供たちによって大きく違い、知識の定着度、応用力

すべての面で、看過できない差があるのが現実です。

その主な原因は、やはり「遺伝」ではないでしょうか?

それとも、生まれたあとの幼児教育でここまでの差ができるのでしょうか?

果たして、その「遺伝」的な差を乗り越え、私たちの子供は受験に勝つことはできるのでしょうか?

PREMIUM POST

330円 購入する
このブログは子供の成績に悩めるお母さん、お父さんのためにあります
2016-10-20 23:22:00
テーマ: 未設定
いいねする
子供の成績に悩んでいる親たちはたくさんいます。

 
「まったく家で勉強しない」

「塾に通わせているが成績が伸びない」

  
家で勉強はしている様子だけど成績が伸びない子供たちもたくさんいます。

 
毎日、机に座って理科や社会の勉強をしているはずなのに、

テストを受けてみるとぜんぜん点数がとれない。。。。

 
 

TOP