WAKUWAKU競馬道場 22年目の競馬予想サイト

競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね30 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2021年11月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

ジャパンC レース展望
2021-11-25 19:06:00
テーマ: レース展望
いいねする
過去10年で1番人気は[4-1-2-3]で5連対。単勝1倍台は[1-0-0-0]、2倍台は[2-1-2-0]、3倍以上は[1-0-0-3]。信頼度は単勝オッズに比例する。2番人気は[1-2-3-4]、3番人気は[2-1-1-6]で各3連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は6、7、7番人気。過去5年の馬連は25倍、17倍、5倍、29倍、3倍で中穴までに収まっている。

関東馬[2-2-2-32]、関西馬[8-8-8-72]、地方馬[0-0-0-1]、外国馬[0-0-0-29]。5番人気以内の関西馬が13連対。関東馬は1、1、2、5番人気の4連対。年齢別では3歳[2-4-1-15]、4歳[4-2-3-41]、5歳[4-4-4-34]、6歳[0-0-0-25]、7歳以上[0-0-2-19]。6歳馬は3着以内がなく、7歳以上は3着止まり。

過去10年のノーザンF生産馬は[8-3-6-43]で1、1、1、2、3、3、4、5番人気が勝ち、2、6、7番人気が2着、1、2、2、2、6、11番人気が3着。アリストテレス、オーソリティ、シャドウディーヴァ、シャフリヤール、マカヒキ、ムイトオブリガード、ユーキャンスマイル、ワグネリアンが該当する。社台Fは[0-2-1-17]、社台白老Fは[1-3-0-3]だが、今年は出走がない。

コントレイルは史上初の父子による無敗の3冠馬。昨年のジャパンCは0.2秒差の2着、今年の大阪杯は0.9秒差の3着、天皇賞(秋)は0.1秒差の2着で勝ち切れないレースが続いている。皐月賞とダービー2着のサリオスは前4走5、5、8、6着、菊花賞2着のアリストテレスは前4走7、4、9、2着。G1を2勝以上した日本馬はコントレイルしかいないが、現4歳世代のレベルをどう考えるか。

東京芝は[2-2-0-0]で東京芝2400mはダービーを2分24秒1で3馬身差の圧勝、ジャパンCは2分23秒2で0.2秒差の2着。上がりは4戦ともメンバー最速。芝G1で単勝1倍台の1番人気は昨年[7-1-0-0]だったが、今年は[3-2-1-2]。過去10年のジャパンCで1枠は[4-3-2-8]。ダービーと同様に1枠の連対が多い。JRAは1枠2番でラストランVのアシストか。

シャフリヤールは[3-0-1-1]でダービーを中団から最速タイの33.4秒で上がってエフフォーリアにハナ差勝ち。前半5F60.3秒、後半5F57.0秒で勝ちタイム2分22秒5はダービーレコード。前走神戸新聞杯4着は不良馬場が影響している。東京は最終週だが、馬場が高速化するとシャフリヤールが有利。馬場造園課の馬場設定に注意。土曜レース後の整備で日曜は傾向が変わることがある点に注意。

AR共和国杯を2連覇したオーソリティ(ルメール騎手)、オークス馬ユーバーレーベン(Mデムーロ騎手)、昨年の菊花賞2着馬アリストテレス(横山武騎手)、前走BCターフ2着のブルーム(ムーア騎手)、同4着のジャパン(武豊騎手)、前走オペラ賞2着のグランドグローリー(Cデムーロ騎手)など。ムイトオブリガードは良馬場の東京芝2400m[3-0-0-0]。過去7年で1枠1番は[3-2-1-1]。

競馬アナリストGM

京阪杯 レース展望
2021-11-25 11:52:00
テーマ: 重賞予想
いいねする
過去10年で1番人気は[2-3-0-5]で5連対。単勝1倍台は[1-1-0-0]、2倍台は[0-0-0-2]、3倍以上は[1-2-0-3]。単勝2倍台は連対がなく不振。2番人気は[2-0-0-8]で2連対、3番人気は[1-3-0-6]で4連対。6~9番人気は4連対、10番人気以下は3連対。過去5年の馬連は11倍、233倍、149倍、19倍、15倍で10倍前後か万馬券か両極端。

年齢別では3歳[3-1-0-14]、4歳[3-5-2-29]、5歳[2-3-5-45]、6歳[2-0-3-32]、7歳以上[0-1-1-18]で4、5歳馬の連対が多い。6歳以上で3着以内に入った7頭のうち5頭が9番人気以下だった。穴で6歳以上の牡馬に注意。過去3年はキーンランドC2、4、10着馬が1、2、3番人気で勝っている。前走キーンランドCで負けて人気になった馬の巻き返しに注意。

過去10年でノーザンF生産馬は[0-2-1-14]で1、6番人気が2着、12番人気が3着。アウィルアウェイ、アストラエンブレム、オールアットワンス、タイセイビジョン、ミッキーブリランテ、レッドアンシェルが該当する。社台F生産馬は[0-1-2-14]で1番人気が2着、5、7番人気が3着。アクアミラビリス、サヴォワールエメ、ソーグリッタリングが該当する。社台生産馬は勝っていない。

レイハリアはダ1200mの未勝利、芝1200mの雪うさぎ賞、葵S、キーンランドCを勝ち、現在4連勝中。葵Sを2番手から抜け出して1分8秒1で勝ったが、2着ヨカヨカが北九州記念、3着オールワットアンスがアイビスSDを制した。前走函館スプリントSは3番手から抜け出して1分9秒1で優勝。予定通りスプリンターズSをパスして京阪杯に使ってきた。前走から2キロ増の53キロ、初の阪神コースがどう出るか。

シヴァージは今年のシルクロードSを中団から最速の33.6秒で差し切って重賞初制覇。前走スプリンターズSは5番手から2位タイの33.4秒で上がって0.3秒差の3着。内&前が有利な馬場で1枠1番から好位につけて内をロスなく回ってきたことが大きかった。昨年の京阪杯は後方から最速タイの33.5秒で追い込んで0.2秒差の5着。今回も吉田隼騎手が前を捕まえられる位置につけられるかがカギ。

昨年のスプリンターズS3着馬アウィルアウェイ、北九州記念2着馬ファストフォース、同4着馬シゲルピンクルビー、アイビスSD勝ち馬オールアットワンス、阪急杯2着馬ミッキーブリランテ、19年の京阪杯勝ち馬ライトオンキューなど。アウィルアウェイは今年[0-0-1-4]でCBC賞で3着に入ったが、4戦は12着以下に終わっている。インディチャンプの半妹。テン乗りの荻野騎手がどう乗るか。

ファストフォースはCBC賞を1分6秒0のレコードで逃げ切り重賞初制覇。北九州記念は0.2秒差の2着。前走スプリンターズSは15着に終わったが、G3で一変に注意。シゲルピンクルビーはフィリーズレビュー勝ち馬。北九州記念は0.2秒差の4着。少しずつスプリント戦に慣れてきている。オールアットワンスは葵Sで0.1秒差の3着。勝ったレイハリアと大きな差はない。超人気薄の次走の狙い馬が出走予定。

競馬アナリストGM

京都2歳S レース展望
2021-11-25 11:51:00
テーマ: 未設定
いいねする
重賞昇格後の過去7年で1番人気は[2-2-1-2]で4連対。単勝1倍台[1-1-0-1]、2倍台[1-0-1-0]、3倍以上[0-1-0-1]。信頼度は単勝オッズに比例する。2番人気は[1-3-1-2]で4連対、3番人気は[3-0-1-2]で3連対。連対馬13頭が5番人気以内、残る1頭は6番人気。過去5年の馬連は6倍、3倍、7倍、1.7倍、7倍。10倍以下の堅い決着が続いている。

連対馬14頭のうち11頭が前走連対。前走3着から連対した2頭には芝1800mで勝ち星があった。巻き返すには中距離で勝ち星が必要。前走4着以下は[0-0-0-16]で不振。関東馬[0-1-0-5]で1連対、関西馬[7-6-7-41]で13連対。連対した関東馬は5番人気の逃げ馬だった。6番人気以下で3着以内に入った3頭は関西馬。穴で中距離で勝ち星がある7番人気前後を絡めたい。

過去7年でノーザンF生産馬は[6-4-4-10]で1、1、2、3、3、5番人気が勝ち、1、2、2、2番人気が2着、1、1、5、7番人気が3着。フィデルが該当する。社台F生産馬は[0-0-1-5]で5番人気が3着。ポッドボレットが該当する。社台白老F生産馬は[0-1-0-0]で1番人気が2着。キャンデセントが該当する。社台系生産馬は人気馬が好走する傾向がある。社台馬主ではサンデーRが[1-2-0-0]で6番人気が1着、1、1番人気が2着。キャンデセントが該当する。

キャンデセントは新潟芝2000mの新馬戦を後方から最速の35.2秒で差し切って2分4秒8(稍重)で優勝。サンデーRで8000万円で募集された藤原英厩舎のディープインパクト産駒。過去7年で前走新馬戦を勝った馬は[2-1-2-6]でドレットノータス(3人気)、グレイル(2人気)が勝っている。過去7年の京都2歳Sで福永騎手は[1-1-0-1]。今年の2歳重賞では[0-2-1-2]。

中京芝2000mの新馬戦を勝ったトゥデイイズザデイ、小倉芝1800mの新馬戦を勝ったフィデル(セレクトセール2億円) 東京芝1800mの新馬戦を勝ったライラック、阪神芝1800mの未勝利戦を勝ったジャスティンロック、東京芝1800mの未勝利戦を勝ったディープレイヤーなど。トゥデイイズザデイは新馬戦を前半5F65.8秒のスローペースで逃げて2分4秒8で優勝。ディープインパクト産駒でヴィヴァンの半弟。過去7年の京都2歳Sで武豊騎手は[3-1-1-2]。今年重賞未勝利の池江厩舎は重賞制覇なるか。

競馬アナリストGM

重賞レーティング(マイルCS、東スポ杯2歳S)
2021-11-25 11:50:00
テーマ: 未設定
いいねする
▼マイルCS
05年ハットトリック 118
06年ダイワメジャー 120
07年ダイワメジャー 120
08年ブルーメンブラット 120
09年カンパニー 118
10年エーシンフォワード 116
11年エイシンアポロン 118
12年サダムパテック 118
13年トーセンラー 119
14年ダノンシャーク 117
15年モーリス 119
16年ミッキーアイル 118
17年ペルシアンナイト 118
18年ステルヴィオ 118
19年インディチャンプ 119
20年グランアレグリア 121★
21年グランアレグリア 121★
(牝馬4ポイント加算済)

今年は過去17年で最高レベル。グランアレグリアは12番手からメンバー最速の32.7秒で豪快に差し切って1分32秒6で優勝。断然人気馬がスローの上がり勝負で外から差し切って能力の違いを示し、ラストランVを飾った。

▼東京スポーツ杯2歳S
05年フサイチリシャール 106
06年フサイチホウオー 105
07年フサイチアソート 106
08年ナカヤマフェスタ 105
09年ローズキングダム 107
10年サダムパテック 107
11年ディープブリランテ 107
12年コディーノ 110
13年イスラボニータ 107
14年サトノクラウン 109
15年スマートオーディン 110
16年ブレスジャーニー 111
17年ワグネリアン 112
18年ニシノデイジー 109
19年コントレイル 114★
20年ダノンザキッド 110
21年イクイノックス 112

今年は例年より高いレベル。イクイノックスは後方からメンバー最速の32.9秒で差し切って1分46秒2で2馬身半差で圧勝。まだ馬体の完成度は高くないが、出世レースで能力の高さを示した。


TOP