WAKUWAKU競馬道場★19年目の老舗サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年1月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

京都金杯 相馬眼予想
2018-01-06 12:34:00  (最終更新日時:2018-01-06 16:07:28)
テーマ: 重賞予想
<予想結果>
京都11R 京都金杯
◎レッドアンシェル 3着
△クルーガー 2着
注ブラックムーン 1着

3連複1,720円的中!(10点)

今年は昨年10月に不良馬場で行われた影響で例年ほど内が有利ではなかった。
13頭立ての少頭数で例年ほど器用さが問われず、末脚の威力のある2頭で決着。

<予想コメント抜粋>

京都は晴れ、芝ダートとも良馬場。深夜に少し雨が降ったのか、ダートは少し湿り気を含んでいるように見える。京都は開幕週でAコースで行われる。例年通りAコースで行われるのは昨年10月以来となる。昨年10月は雨が降って不良馬場で行われため、例年ほど内に綺麗なグリーンベルトになっているのかは微妙なところ。

それでも馬場整備と間隔が空いたこともよって馬場は回復しているはずで例年ほどでないにしても内が有利になる可能性が高いか。過去10年の連対馬20頭のうち17頭が1~4枠に入っており、残る3頭は5、7、8枠が各1頭。ただし例年は16頭以上で行われるが、今年は13頭で頭数が少ない。外枠は絶望的ではない。

次に展開だが、逃げるのはダノンメジャー、ウインガニオン。好位にアメリカズカップ、レッドアンシェル、マイネルアウラート、中団にスズカデヴィアス、マサハヤドリーム、カラクレナイ、後方からクルーガー、キョウヘイ、ラビットラン、ブラックムーン、ストーミーシーといった展開。今年は直線一気タイプが多い。

過去5年の前半5Fと連対馬の脚質は、59.0秒(好位差し-先行)、58.1秒(追込-追込)、58.8秒(逃げ-差し)、58.4秒(先行-好位)、57.6秒(差し-差し)。前半58秒前後で流れることが多い。14年は流れが速くなってエキストラエンドとオースミナインが追い込みを決めている。

過去5年の連対馬10頭のうち7頭が道中6番手以内につけていた。流れても6番手以内につけてしぶとい脚を使った馬が連対している。開幕週、内にグリーンベルトがある馬場で直線一気は決まりにくい。過去4年の勝ちタイムは1分32秒5~1分33秒0。今年は流れが緩むと例年より勝ちタイムは遅くなりそうだ。

今年はダノンメジャー、ウインガニオンが競り合わなければ、例年ほど流れずに前半5F59秒前後になるのではないか。今年は差し追い込みタイプが多く、かつ例年より少ない13頭立て。流れは前に行く馬に向きそうだが、少頭数で捌きやすいため、差し追い込み馬が突っ込む可能性がある。決め手のある馬にも注意したい。

前走リゲルSを勝ったレッドアンシェルを狙う。アーリントンCでペルシアンナイト(マイルCS)の2着があり、NHKマイルCは1分32秒9で走って0.6秒差の4着、富士Sは2番手からしぶとく伸びて0.6秒差の4着、リゲルSは好位から抜け出して1分33秒2で優勝。前走より斤量は1キロ増えるが、ハンデG3を勝てる力を持っている。前に有利な展開、開幕週の馬場を味方に先行抜け出しがある。

クルーガーは昨年のマイラーズC勝ち馬。富士Sは0.4秒差の3着、マイラーズCは0.3秒差の7着に終わったが、2戦とも渋った馬場だった。トップハンデ57.5キロ、大外枠は不利だが、良馬場なら前進がありえる。14頭以下では[4-2-1-2]、休み明けを除くと[4-2-0-1]。大型馬で器用さがないため、少頭数の方がレースがしやすい。調教の動き、気配が目立ち、今かなりデキがいい。

ブラックムーンはマイルCSが最後方からメンバー最速の33.8秒で追い込んで0.3秒差の6着。前走リゲルSは最後方からメンバー最速の33.3秒で追い込んで0.4秒差の5着。58キロを背負っていたが、今回は1キロ減の57キロで出走でき、レッドアンシェルとは3キロ差から1キロ差になる。流れや位置取りにもよるが、その点で差は詰まりそう。弱いメンバーに強いタイプ。今年のメンバーなら連対がありえる。

---
買い目は馬単4点、ワイド2点、馬連7点、3連複10点、3連単24点。

Aコースに変更され、内のグリーンベルトでどの程度内が有利になるのか、

前に有利な流れになるのか、差しが決まる流れになるのかがポイント。

穴馬(人気がなく妙味あり)を対抗にし、1着に入れて攻めました。

まだ競馬ファンに適性がバレていないため、人気薄に放置されていますが、

相馬眼的に今回の条件で大激走があるとみています。

*今年から調教診断、有力馬診断をなくし、相馬眼予想のみにしました。


PREMIUM POST

500円 購入する
中山金杯 相馬眼予想
2018-01-06 12:33:00  (最終更新日時:2018-01-06 16:01:16)
テーマ: 重賞予想
<予想結果>
中山11R 中山金杯
◎セダブリランテス 1着
▲ウインブライト 2着

馬単1,100円的中!(2点)本線
馬連680円的中!(2点)本線
ワイド310円的中!(2点)本線


セダブリランテスは勝負どころで手応えが悪くなったが、最後は力で捻じ伏せた。
やはり心肺機能が高い。少しする地力強化され、いずれはG1を狙う馬になる。

<予想コメント抜粋>

中山は晴れ、芝ダートとも良馬場。芝コースはA→Cコースに変更され、内側の荒れた部分がカバーされた。先週のホープフルSは前半5F59.6秒、後半5F61.8秒で後方から捲ったタイムフライヤーがメンバー最速の35.5秒で差し切り2分1秒4で優勝。時計、上がりとも掛かっていた。

先週は外差しが決まったが、Cコースに変更されたことで内を通る馬にもチャンスがありそう。冬場特有のタフな馬場で引き続き時計、上がりが掛かりそうだ。この時期の中山で好走経験のある馬に注意したい。小回りコースで最後は激しいレースになりやすい。末脚の持続力と決め手を兼ね備えた馬を重視したい。

次に展開だが、逃げるのはマイネルミラノ、ジョルジュサンク。好位にウインブライト、ダイワキャグニー、セダブリランテス、タイセイサミット、中団にレアリスタ、ショウナンマルシェ、トーセンマタコイヤ、フェルメッツァ、アウトライアーズ、ケントオー、後方からブラックバゴ、カデナ、ストレンジクォーク、デニムアンドルビー、パリカラノテガミといった展開。競り合いがなければ、前半5F60秒前後か。

過去5年の前半5Fと連対馬の脚質は、60.6秒(好位差し-先行)、59.4秒(差し-差し)、59.4秒(好位-好位)、62.3秒(好位-逃げ)、60.4秒(追込-先行)。流れが緩むと前に行った馬が残りやすいが、前半流れが緩んでも各馬が早めにスパートする展開になると差しが決まる。連対馬10頭のうち7頭が道中2~6番手につけていた。ある程度前につけられる馬を重視したい。

今年はこれまでの実績、距離適性、馬場適性、仕上がりなどを考慮すると明け4歳馬セダブリランデス、ウインブライト、ダイワキャグニー、ブラックバゴの4頭が有力。競馬ファンの評価も一緒でこの4頭が1~4番人気になっている。トリッキーな中山芝2000m、時計&上がりの掛かるタフな馬場、ハンデでこの4頭をまとめて負かす馬、割って入る馬がいるかどうかが焦点になる。

過去6年の連対馬12頭のうち10頭が5番人気以内、残る2頭は6、8番人気(2頭とも2着)。荒れるハンデ戦として知られるが、近年はそれほど荒れていない。前述4頭をまとめて負かすのは難しいか。割って入るとすれば、前に行ってしぶとい脚を使って粘り込む馬(昨年は6番人気のクラリティスカイが2着)、内枠からロスなく回って一瞬の切れ味を生かせる馬なのではないか。

ラジオNIKKEI賞勝ち馬で前走AR共和国杯3着のセダブリランテスを狙う。距離2000mは初めてになるが、ラジオNIKKEI賞で小回りコースの適性を示している。前走AR共和国杯でG2で通用するメドを立てており、ハンデG3なら能力的にあっさり勝ってもおかしくない。ひと叩きされて調子も上向き。重賞で不振が続く戸崎騎手次第になるが、55キロを味方に重賞2勝目がある。

ウインブライトは前走福島記念を2番手から抜け出して2分00秒2で優勝。斤量は2キロ増えるが、56キロはこなせる。G2以下、右回り、芝1800~2000mでは[3-0-0-1]。前走よりメンバーが強くなっているため3番手とした。中山芝2000mの京成杯2着、ホープフルS3着があるブラックバゴを押さえる。叩き3戦目で今デキがいい。3走前に五稜郭Sを勝ったようにタフな馬場もこなせる。

---
買い目は馬単2点、ワイド2点、馬連6点、3連複12点、3連単24点。

Cコースに変更された点と時計、上がりの掛かるタフな馬場がポイント。

人気の有力馬に割って入る馬がいるとすればどの馬かを見抜けるかが焦点。

大穴馬(10番人気以下の人気薄)、穴馬を絡めて高配当を狙いました。

*今年から調教診断、有力馬診断をなくし、相馬眼予想のみにしました。


PREMIUM POST

500円 購入する
ページの先頭へ