WAKUWAKU競馬道場★19年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年1月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

中山金杯 レース展望
2018-01-04 21:55:00
テーマ: 未設定
いいねする
過去10年で1番人気は[3-1-3-3]で3連対。前走重賞連対馬は[2-0-1-1]だが、前走連対を外した馬は[0-1-2-1]で1連対のみ。2番人気は[2-2-0-6]で4連対、3番人気は[2-0-0-8]で2連対。3番人気以内の決着は1回のみ。6~9番人気が1連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は11倍、83倍、15倍、16倍、17倍で4年が10倍台。以前ほど荒れなくなった。

53キロ以下は[0-0-0-29]、54キロは[0-1-2-23]。連対馬19頭が55キロ以上、16頭が56キロ以上。トップハンデは[3-2-1-7]で5連対、5番人気以内なら[3-1-1-1]。ある程度人気になる馬は狙える。前走から斤量が増えた馬は[9-5-5-12]、5番人気以内なら[9-4-5-6]。ハンデ戦で斤量が増えた馬は不振だが、中山金杯では人気になる馬は斤量増を嫌う必要はない。

セダブリランテスは新馬、早苗賞、ラジオNIKKEI賞を3連勝。その後は右前脚の挫石で菊花賞をパス。前走AR共和国杯は内ラチ沿いの4番手からメンバー7位タイの35.8秒で伸びて0.6秒差の3着。直線で内を突いた後に外に切り返し、外から前に入られて狭くなるロスがあった。それでも初の古馬相手、距離2500mをこなして4着アルバートに先着したことは評価できる。戸崎騎手は重賞でスムーズさを欠くことが非常に多く、昨年10月以降は[0-0-4-16]で連対なし。中山金杯で戸崎騎手は[0-0-0-4]。馬は連対できる能力&適性を備えている。戸崎騎手が駄乗する確率は枠順次第で跳ね上がる可能性がある。

ウインブライトは昨年春に中山芝1800mの若竹賞、スプリングSを連勝。その後は皐月賞8着、ダービー15着、毎日王冠10着に終わったが、前走福島記念を3番手から早めに抜け出して2分00秒2で制した。前半5F61.6秒のスローペースで後半5F58.6秒。松岡騎手が積極策で持ってきた。G2以下、右回り、芝1800~2000mでは[3-0-0-1]で現在3連勝中。前走福島記念は54キロだったが、今回は2キロ増えて56キロ。同じ明け4歳のアウトライアーズより2キロ、セダブリランデスより1キロ重い。ただし中山金杯は前走より斤量が増えた人気馬が活躍する傾向がある。得意の中山なら大崩れはないか。

前走キャピタルSを勝ったダイワキャグニー、昨年の弥生賞馬カデナ、前走チャレンジC2着のデニムアンドルビー、前走アンドロメダSを勝ったブラックバゴ、スプリングSでウインブライトに0.1秒差の2着があるアウトライアーズ、前走キャピタルS3着のレアリスタ、中山芝2000m[2-0-0-2]のマイネルミラノ、中山芝2000m[1-0-2-1]のパリカラノテガミなど。ダイワキャグニーは左回りの東京では[4-0-0-2]だが、右回りでは1戦して弥生賞で0.6秒差の9着に終わっている。スワーヴリチャードと同レベルのサウスポーか。前走から騎乗した横山典騎手が右回りをどう克服させるかがカギ。

カデナは京都2歳S、弥生賞を連勝したが、その後はG1、G2で9、11、9、16着と不振が続いている。今回はハンデG3で前3走よりメンバーが弱くなる。昨年4月以降の重賞で福永騎手は[1-5-3-35]で勝率2.3%。勝ったワグネリアンは相当に強いのだろう。デニムアンドルビーは前走チャレンジCで後方から捲ってクビ差の2着。阪神巧者が15年の宝塚記念以来連対した。前走2着でも同斤の54キロで出走できるが、中山では[0-0-0-4]で5着が最高。ブラックバゴは芝2000m[3-1-2-5]で中山では[1-1-1-0]で京成杯2着、ホープフルS3着がある。ハンデは前走より2キロ増の56キロ。

アウトライアーズはスプリングS2着の後、皐月賞12着、NHKマイルC13着、キャピタルS10着と不振が続いている。中山芝は[2-1-0-1]で皐月賞を除き連対を確保。叩き2戦目、54キロできっかけをつかめるか。レアリスタは左回り[5-0-1-1]、右回り[0-0-0-3]のサウスポー。芝2000mは[4-0-0-1]で東京では4戦4勝だが、阪神では14着に惨敗した。右回りを克服できれば。パリカラノテガミはミッキースワローが未勝利戦を勝った同日の常総S(中山芝2000m)を大外一気で勝っている。芝2000mは[2-0-4-6]で中山では[1-0-2-1]。最低人気で3着あたりに突っ込めないか。


京都金杯 レース展望
2018-01-04 21:55:00
テーマ: レース展望
いいねする
過去10年で1番人気は[2-3-0-5]で5連対。4~8枠は[0-1-0-3]だが、1~3枠に入った馬が57キロ以下なら[2-2-0-0]で堅実。2番人気は[0-1-2-7]で1連対、3番人気は[3-2-0-5]で5連対。6~9番人気が5連対、10番人気以下が1連対。最近5年の馬連は21倍、24倍、23倍、154倍、11倍で中穴決着が多い。例年通りAコース使用は昨年の10月以来となる。京都金杯は内にグリーンベルトがあり、内をロスなく回った馬が好走することが多く、枠順に左右されやすい。

連対馬3頭が前年のマイルCSに出走し、5、6、6着に負けていた。G1のマイルCSで善戦した馬がメンバーが楽になった京都金杯で巻き返すのがパターン。前年のマイルCSで5着前後に負けた馬に注意。6番人気以下で連対した6頭のうち4頭が逃げ先行馬で道中5番手以内につけていた。穴で逃げ先行馬に注意。6番人気以下で連対した6頭のうち5頭に芝1600m以上の重賞で4着以内があった。13年以降に6番人気以下で連対した4頭は前走重賞5、9、11、16着に負けていた。穴で前走惨敗した重賞実績馬に注意。

レッドアンシェルはアーリントンCでペルシアンナイトに3馬身差の2着がある。NHKマイルCと富士Sは0.6秒差の4着に終わったが、前走リゲルSを4番手から抜け出して1分33秒2で優勝。前半5F59.1秒の楽な流れだったが、メンバー4位の33.8秒でまとめて押し切った。前に行ってひと脚使うレースが板についてきている。右回りのG3以下では[3-1-0-0]。テン乗りの幸騎手に乗り替わる。

ラビットランはローズSで後方からメンバー最速の33.5秒で差し切って1分45秒5で優勝。秋華賞は好位から伸び切れず0.7秒の4着。小回りコース、重馬場が合わなかった。前走ターコイズSは外から捲って0.1秒差の4着。Cデムーロ騎手が強引に捲って最後に一杯になった。今回は前走より1キロ軽い54キロで出走できる。内にグリーンベルトがある開幕週の馬場で追い込み脚質とテン乗りの藤岡康騎手がカギ。

昨年のマイラーズC勝ち馬クルーガー、昨年の中京記念勝ち馬ウインガニオン、昨年のマイルCS6着でメンバー最先着のブラックムーン、不良馬場のカシオペアSを圧勝したアメリカズカップ、重馬場のシンザン記念で直線一気を決めたキョウヘイ、前走キャピタルS5着のマイネルアウラートなど。クルーガーは富士S3着、マイルCS7着と勝ち切れないが、勝ち馬とは0.4秒差、0.3秒差で大きくは負けていない。叩き3戦目でマイラーズCを勝った京都マイル。昨年8月以降の重賞で浜中騎手は[0-2-3-10]で未勝利。

ウインガニオンは芝1600m[5-1-0-6]で中京記念1着、関屋記念2着がある。京都芝1600mは[0-0-0-3]。前に行ってしぶとい脚を使えるタイプ。トップハンデ57.5キロと連対のない京都コースがカギ。ブラックムーンは京都芝外1600m[1-1-0-2]。直線一気が決まるような展開、馬場になれば。鞍上はテン乗りの武豊騎手。キョウヘイは芝1600m[1-1-1-3]。ポートアイランドSは0.2秒差の3着、リゲルSは0.3秒差の4着。内で脚をタメて内から捌く一発狙いの騎乗が嵌まれば。


ページの先頭へ