WAKUWAKU競馬道場★19年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年1月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

東海S レース回顧
2018-01-25 22:00:00
テーマ: レース回顧
いいねする
テイエムジンソクはハナを切ってマイペースで進み、ラスト5Fからペースアップして直線で後続を引き離し、最後はコスモカナディアンの追撃を完封してレースを制した。勝ちタイムは1分51秒8。3着には1.1秒差をつけた。中盤からペースアップして上がりの掛かる消耗戦になったが、スムーズなレースができれば最後までしぶとく伸びる持ち味をフルに発揮して後続を完封。前走チャンピオンズCで2着に入った馬が、G2でかなりメンバーが弱くなり、1キロ減の56キロ。まさに勝ってくださいという条件だった。次走はフェブラリーSに向かう予定。フェブラリーSは前半5F58秒台の激流になりやすいが、昨年夏に圧勝した大沼Sは前半3F34.2秒、5F59.0秒だった。初のダ1600mになるが、こなす下地はありそうだ。

コスモカナディアンは中団から徐々に進出してメンバー4位の37.9秒で伸びて0.1秒差の2着。最後はテイエムジンソクに押し切られたが、しぶとく伸びて差を詰め、3着に6馬身差をつけた。昨年の川崎記念が2着サウンドトゥルーに0.2秒差の3着、仁川Sがグレイトパールに0.1秒差の2着。前走師走Sで12着に惨敗して全く人気がなかったが、重賞で勝ち負けできる力を持っていた。時計、上がりの掛かるタフなダートを得意にしている馬。レースが消耗戦になったことも良かったのだろう。東京ダ1600mは西湖特別を1分35秒0(稍重)でアルーアキャロルに勝っている。フェブラリーSに出走できれば大激走があるかもしれない。

モルトベーネはこうからメンバー10位タイの38.9秒で伸びて1.1秒差の3着。最後は一杯になったが、差しタイプの人気馬が控え過ぎたことで粘り込めた。昨年の東海S2着馬がようやく復調してきた。もっと軽く時計の出やすい馬場の方が合っている。Mデムーロ騎手では[3-0-0-1]。陣営がMデムーロ騎手を乗せてきたら要注意。

クインズサターンは後方2番手からメンバー2位の37.7秒で追い込んで3着に0.1秒差の5着。外を回っていい脚を長く使ったが、さすがに位置取りが後ろ過ぎた。展開、位置取り、コース取りが上手く嵌まれば、重賞で激走があってもおかしくない。

オールマンリバーは最後方からメンバー最速の37.6秒で追い込んで3着に0.2秒差の7着。大外から鋭く伸びてきたが、位置取りが後ろ過ぎた。中京ダートは2戦2勝で得意にしているが、逃げた馬が押し切る展開で最後方からでは厳しかった。

ディアデルレイは2番手につけたが、直線で一杯になって3着に0.6秒差の9着。馬を前に置けずに外を通ったことで力みがあり、テイエムジンソクが早めにスパートしたことで余計に苦しくなった。10~12月は[5-3-0-1]だが、1~3月は[0-1-1-6]。時期的なものもあるか。


AJCC レース回顧
2018-01-25 22:00:00
テーマ: レース回顧
いいねする
ダンビュライトはスタートを決めてハナを切ったが、マイネルミラノがハナを主張すると2番手に控え、最後の直線でマイネルミラノを交わして先頭に立ち、そのまま後続を完封して2馬身差で圧勝した。上がりはメンバー6位の35.4秒。勝ちタイムは2分13秒3。前半5F61.1秒で後半5F60.0秒。スローペースでも隊列が縦長になり、前に行った2頭が1、3着に粘った。ダンビュライトは離れた内ラチ沿いの2番手につけ、自分のタイミングで仕掛けて前を捕まえ快勝。大逃げする馬がいると2番手につけた馬がなだれ込むことが多いが、スローペースで隊列が縦長になる理想的な展開で重賞初制覇を飾った。切れより地力タイプで時計の掛かる馬場も味方した。Mデムーロ騎手が展開を読んで馬の持ち味を上手く引き出している。クラシックで3、6、5着に終わった馬が、2連勝で重賞制覇。レコード決着になった皐月賞で3着があるように小回りの中山も合うのだろう。今後はひと息入れて大阪杯に直行することになりそうだ。

ミッキースワローは後方3番手に控え、3コーナーから徐々に進出して4コーナーで3番手に押し上げ、メンバー最速タイの34.8秒で上がって0.3秒差の2着。スローペースにも関わらず隊列が縦長になったことで届かなかったが、いい脚を長く使って力があることを示した。勝ったダンビュライトに2馬身差をつけられたが、1キロ重い56キロを背負ってロスのあるレースをしたもので力差はないのではないか。重い馬場もこなすが、オールカマーの切れっぷりを見る限り、もっと軽い馬場の方が持ち味を生かせそうだ。今後は日経賞あたりを使って天皇賞(春)に向かうことになりそうだ。まだ古馬G1レベルの力は感じられないが、今年の長距離路線はレベルが低い可能性がある。

マイネルミラノは途中からハナを切ってマイペースで進み、メンバー9位タイの36.4秒で上がって0.4秒差の3着。昨年のオールカマーでは前半5F63.1秒で逃げて、後半5Fを58.4秒をまとめて0.2秒差の4着に粘っている。8歳になってズブくなっており、ハナを切るまでに時間が掛かるが、自分のペースで進められれば最後までしぶとい脚を使うタイプ。以前は芝2000mの適性が高かったが、今は前半の流れが緩みやすい芝2200mくらいが合っている。

ディサイファは中団からメンバー3位の35.0秒でしぶとく伸びて0.5秒差の4着。3コーナーで外からミッキースワローに来られて内に押し込められ、4コーナーで外に持ち出すロスがあった。直線でも前でミッキースワローがフラフラして内を突かざるをえなかった。蛯名騎手はスムーズなら3着があったとコメント。今年9歳になったが、手薄なメンバーになる厳寒期の重賞ならまだやれそうだ。

ゴールドアクターは5番手から全く伸びず、シンガリの11着。本来は先行してしぶとい脚を使うタイプ。スローペースで隊列が縦長になったのは、ゴールドアクターが動けなかったこともあるのだろう。レース後に脚元の検査をしたが異常はなかった。今後は放牧に出されて立て直される予定。


先週の重賞レーティング(AJCC、東海S)
2018-01-25 15:36:00
テーマ: 競馬
いいねする
▼AJCC
05年クラフトワーク 107
06年シルクフェイマス 108
07年マツリダゴッホ 111
08年エアシェイディ 110
09年ネヴァブション 115
10年ネヴァブション 115
11年トーセンジョーダン 116
12年ルーラーシップ 118★
13年ダノンバラード 113
14年ヴェルデグリーン 112
15年クリールカイザー 112
16年ディサイファ 113
17年タンタアレグリア 112
18年ダンビュライト 114

今年は例年レベル。ダンビュライトは2番手からメンバー6位の35.4秒で上がって2分13秒3で優勝。前半5F61.3秒のスローペースで大逃げ、かつ隊列が縦長になる展開で2番手から上手くなだれ込んだ。

▼東海S
05年サカラート 110
06年ハードクリスタル 105
07年メイショウトウコン 108
08年ヤマトマリオン 100
09年ワンダースピード 111
10年シルクメビウス 112
11年ワンダーアキュート 110
12年ソリタリーキング 107
13年グレープブランデー 110
14年ニホンピロアワーズ 114
15年コパノリッキー 115★
16年アスカノロマン 109
17年グレンツェント 110
18年テイエムジンソク 111

今年は例年レベル。テイエムジンソクは前半5F61.5秒で逃げてメンバー4位タイの38.1秒で後続を完封し1分51秒8で優勝。他馬に絡まれずスムーズなレースで力を出し切った。


先週の重賞レーティング(愛知杯、京成杯、日経新春杯)
2018-01-25 15:35:00
テーマ: 競馬
いいねする
▼愛知杯
05年マイネソーサリス 95
06年アドマイヤキッス 109★
07年ディアデラノビア 107
08年セラフィックロンプ 97
09年リトルアマポーラ 108
10年セラフィックロンプ 106
11年フミノイマージン 108
12年エーシンメンフィス 98
13年フーラブライド 96
14年ディアデラマドレ 108
16年バウンスシャッセ 107
17年マキシマムドパリ 102
18年エテルナミノル 104

今年は例年レベル。エテルナミノルは5番手からメンバー7位タイの34.7秒で抜け出して2分00秒1で優勝。垂水Sでシルバーステートに0.2秒差の2着に入った馬が5歳になって本格化した。

▼京成杯
05年アドマイヤジャパン 105
06年ジャリスコライト 105
07年サンツェッペリン 105
08年マイネルチャールズ 105
09年アーリーロブスト 104
10年エイシンフラッシュ 106
11年フェイトフルウォー 106
12年ベストディール 108
13年フェイムゲーム 106
14年プレイアンドリアル 108
15年ベルーフ 109
16年プロフェット 109
17年コマノインパルス 110★
18年ジェネラーレウーノ 109

今年は例年レベル。ジェネラーレウーノは大外枠から2番手につけ、メンバー7位タイの36.3秒で抜け出して2分1秒2で優勝。大逃げした馬の2番手で流れに乗ったのが大きかった。

▼日経新春杯
05年サクラセンチュリー 106
06年アドマイヤフジ 108
07年トウカイワイルド 103
08年アドマイヤモナーク 107
09年テイエムプリキュア 98
10年メイショウベルーガ 108
11年ルーラーシップ 117
12年トゥザグローリー 120★
13年カポーティスター 103
14年サトノノブレス 111
15年アドマイヤデウス 111
16年レーヴミストラル 112
17年ミッキーロケット 111
18年パフォーマプロミス 105

今年は例年より低いレベル。パフォーマプロミスは前半5F62.0秒のスローペースで内ラチ沿いの3番手からメンバー最速の34.4秒で抜け出して2分26秒3で優勝。レーティング通りレースレベルは低い。

レーティングはJRA発表

ページの先頭へ