WAKUWAKU競馬道場★19年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年1月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

根岸S レース展望
2018-01-24 22:00:00
テーマ: レース展望
いいねする
過去10年で1番人気は[4-2-0-4]で6連対。単勝2.5倍以下は[2-2-0-1]、単勝2.6倍以上は[2-0-0-3]。人気が割れると取りこぼしが多い。2番人気は[1-1-0-8]、3番人気は[0-2-1-7]で各2連対。6~9番人気が3連対、10番人気以下が1連対。10年以降は隔年で人気薄が連対し、馬連は59倍、6倍、156倍、13倍、63倍、7倍、13倍、8倍。人気馬に人気薄を絡めて中穴を狙うのが妙味。

連対馬20頭のうち連対馬11頭が前走1着、18頭が前走4着以内、残る2頭は前走5、6着。前走7着以下は[0-0-3-48]。前走G1でなければ4着以内が条件。最近6年は前走OP以上で3、3、4、2、3、4着に負けた馬が優勝。前走OP以上で少し足りなかった馬が巻き返している。6番人気以下で連対した5頭のうち4頭が差し馬だった。東京ダ1400mは流れが速くなり、差し追い込みが決まりやすい。穴で中団差しタイプに注意。

カフジテイクは東京ダ1400mで3戦3勝。昨年の根岸Sは後方2番手からメンバー最速の34.5秒で大外から豪快に差し切って1分23秒0で優勝。乾燥して時計、上がりが掛かるダートで強烈な末脚を繰り出した。その後はフェブラリーS3着、プロキオンS2着があるが、勝ち切れないレースが続いている。後方でタメれば強烈な末脚を繰り出すが、色気を出してある程度前につけると末脚が鈍る。昨年以降の重賞で福永騎手は1番人気[3-1-0-0]、2番人気以下[0-6-3-43]。外差しが決まる展開、馬場になれば。

サンライズノヴァは東京ダート[3-0-0-1]。ユニコーンSはメンバー最速の35.4秒で差し切って1分35秒9で4馬身差で圧勝。グリーンチャンネルC(54キロ)はメンバー最速の34.7秒で差し切って1分22秒2で快勝。武蔵野Sは中団から伸び切れず1.3秒差の12着。前残りの展開になったが、不甲斐ない内容だった。前走師走Sはディアデルレイに4馬身差の2着。デビュー以来一戦ごとに連対と3着以下を繰り返しており、2戦連続で連対したことがない。フェブラリーSに向けてあらためて頭角を現すか。

昨年のプロキオンS勝ち馬キングズガード、前走ギャラクシーSを勝ったアキトクレッセント、昨年の根岸S2着馬ベストウォーリア、16年のフェブラリーS2着馬ノンコノユメ、前走カペラS3着のブルドッグボス、前走ギャラクシーS2着のブラゾンドゥリス、昨年の南部杯2着馬ノボバカラなど。G1馬ベストウォーリア、ノンコノユメは58キロを背負う。キングズガードはダ1400m[8-7-5-2]、東京ダ1400m[0-1-1-1]で昨年の根岸Sは0.6秒差の4着。プロキオンSではカフジテイクを完封して勝ったが、1キロ軽い56キロだった。今回は同斤の57キロ。ダ1400mで藤岡佑騎手なら[3-3-0-1]。

アキトクレッセントはダ1400m[6-1-0-6]、東京ダ1400m[1-1-0-1]。昨年秋以降はグリーンチャンネルC4着、武蔵野S3着、ギャラクシーS1着と一戦ごとにパフォーマンスを引き上げている。荻野極騎手は重賞で[0-0-1-12]。8戦連続騎乗している馬で重賞初制覇なるか。ベストウォーリアは昨年のフェブラリーSで2着に入ったが、その後は4、3、6、7着で精彩を欠いている。ダ1400mは[3-4-1-1]。2戦連続でルメール騎手が騎乗する。ブラゾンドゥリスはダ1400m[3-2-1-2]で良馬場なら[2-1-0-0]。東海Sでコスモカナディアンに騎乗した丹内騎手が持ってくるか。


シルクロードS レース展望
2018-01-24 21:59:00
テーマ: レース展望
いいねする
過去10年で1番人気は[2-1-0-7]で3連対。単勝1倍台は[1-1-0-0]、2倍台は[1-0-0-2]、3倍以上は[0-0-0-5]。信頼度は単勝オッズに比例する。2番人気は[4-1-0-5]で5連対、3番人気は[3-1-0-6]で4連対。6~9番人気が2頭、10番人気以下が2頭。最近6年は5番人気以内で決着し、馬連は6倍、23倍、3倍、16倍、24倍、22倍。上位人気馬が堅実で20倍台までに収まっている。

牡馬は[7-9-8-95]、牝馬は[3-1-2-33]で牡馬が活躍。牝馬は3番人気以内[3-1-0-7]、4番人気以下[0-0-2-26]。牝馬が馬連で穴をあけたことはない。穴で6、7歳の牡馬に注意。52キロ以下は[0-0-0-11]、53キロは[0-0-3-14]。最近7年の連対馬14頭のうち8頭が57キロ以上、11頭が56キロ以上。58キロ以上は[2-1-0-4]、4番人気以内なら[2-1-0-0]で堅実。

ダイアナヘイローは昨年500万条件から4連勝で北九州記念を制覇。北九州記念は前半3F32.6秒のハイペースだったが、2番手から1分7秒5で押し切っている。前走スプリンターズSは2番手につけたが、直線で一杯になって15着に終わった。芝1200mは[5-3-1-3]、京都芝1200mは[1-3-1-0]で3着以内を確保。先行抜け出しが板についており、ある程度速い流れでも踏ん張れるタイプ。武豊騎手で芝1200mなら[5-2-1-1]。福島信調教師は2月末で定年となる。

ナックビーナスは前走カーバンクルSを逃げて1分8秒3で優勝。芝1200mは[4-3-1-3]で京都では[1-0-0-1]で葵Sを1分7秒9で勝っている。重賞ではオーシャンSでメラグラーナに0.2秒差の2着、キーランドCで0.1秒差の3着がある。芝1200mで54キロなら[4-3-1-0]。セイウンコウセイは昨年シルクロードS2着の後、高松宮記念を制した。その後は4、11、14、7着で不振が続いている。1~3月は[3-3-0-0]。どこまで復調してくるか。

セントウルS勝ち馬ファインニードル、同2着馬ラインミーティア、前走南総Sを勝ったアレスバローズ、前走カーバンクルS3着のロードクエスト、昨年のシルクロードS3着馬セカンドテーブル、昨年の函館スプリントS2着馬キングハート、前走タンザナイトSを勝ったミッキーラブソング、同5着のアットザシーサイド、前走JBCスプリントを勝ったニシケンモノノフなど。ファインニードルはセントウルSを3番手から抜け出して1分7秒5で優勝。芝1200mは[5-2-0-6]で京都では[1-1-0-1]。新馬戦を含め、休み明けは[0-0-0-3]。久々に川田騎手が騎乗する。

ラインミーティアはアイビスSDを勝ち、セントウルSで2着に入った。前走スプリンターズSは後方から追い込んで0.7秒差の13着。西田騎手が内から捌いてくるか。アレスバローズは芝1200m[4-3-2-6]で前走南総Sを勝ってオープン入り。メンバー唯一のディープインパクト産駒。鞍上はMデムーロ騎手。ロードクエストは前走初の芝1200mとなったカーバンクルSで0.3秒差の3着。久々にメンバー最速上がりを繰り出した。芝1200m2戦目でパフォーマンスアップできれば。アットザシーサイドは16年の桜花賞3着馬。前2走は11、5着に終わった。吉田照氏はカラクレナイと2頭出し。


ページの先頭へ