WAKUWAKU競馬道場★18年目の老舗サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね23 コメント5
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年5月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

鳴尾記念 レース展望
2017-05-31 21:53:00
テーマ: レース展望
6月3日(土)に行われる鳴尾記念のレース展望です。

日本ダービー 相馬眼予想
2017-05-28 12:23:00  (最終更新日時:2017-05-29 18:13:32)
テーマ: 重賞予想
<予想結果>
東京10R 日本ダービー
◎アドミラブル 3着
△レイデオロ 1着
注スワーヴリチャード 2着

3連複2,220円的中!(18点)

調教診断と有力馬診断も事後公開しています。


---
買い目は馬単2点、ワイド2点、馬連9点、3連複18点、3連単35点。

今年のポイントと注意点、人気馬の死角などを長文で詳しく書きました。

穴の匂いがする馬を本線に入れて攻めました。3連単は500倍以上が多数。

タフなレースになると相馬眼的に評価できる馬が圧勝するとみています。

このブログはプレミアムブログです。


750pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

目黒記念 相馬眼予想
2017-05-28 12:22:00  (最終更新日時:2017-05-29 18:09:50)
テーマ: 重賞予想
<予想結果>
東京12R 目黒記念
穴○フェイムゲーム 1着(8人気)
▲ヴォルシェーブ 2着

馬連3.450円的中!(8点)

☆調教診断、有力馬診断も事後公開しています。

穴馬フェイムゲームを狙った根拠とは?

---
買い目は馬単2点、ワイド2点、馬連8点、3連複10点、3連単24点。

目黒記念は荒れるレース。穴馬と大穴馬を入れて強気に攻めました。

3連単は50万から100万馬券が多数。一獲千金の大チャンス!

馬連万馬券、3連複10万馬券の買い目も入っています。

ダービーで勝った人、負けた人も100円馬券で狙ってみてください。

このブログはプレミアムブログです。


500pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

日本ダービー 調教診断&有力馬診断
2017-05-27 21:22:00  (最終更新日時:2017-05-29 18:12:34)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

2-3-1番人気で決着。前半5F63.2秒の超スローペースでレースのラスト3Fが33.8秒。

アドミラブルはメンバー最速の33.3秒で追い込んで3着。勝てませんでしたが参考に・・・。

■調教診断(上位4頭抜粋)

■[7/]アルアイン 5着
栗CWで2頭併せで馬なりのまま先着。前向きさがあり、力強い脚捌きでラスト11秒台。馬体がボリュームアップし活気十分。さらに調子を上げている。

■[7-]アドミラブル 3着
栗坂で2頭併せで強めに追われて先着。力強い脚捌きで推進力のある走り。中3週が続くが、馬体の張り、気配とも変わりなく、デキは高いレベルで安定。

■[7/]レイデオロ 1着
南Wで3頭併せで馬なりのまま併入。軽快なフットワークで最後まで余力十分。馬体が引き締まり、腹目がスッキリした。一度使って馬体、気配とも良化。

■[6+/]スワーヴリチャード 2着
栗CWで2頭併せで軽く仕掛けられて先着。少し頭が高いが、余力十分にラスト11秒台。入念に乗り込んで馬体が引き締まった。前走より若干良化。

■有力馬診断

■[7]アドミラブル 3着(1位評価)

未勝利戦を勝った後に次走の狙い馬、アザレア賞を勝った後に相馬眼ニュースで取り上げた馬。阪神芝1800mの阪神芝1800mの未勝利戦は中団からメンバー2位の34.0秒で差し切って2馬身半で圧勝。前半5F58.5秒のハイペースで、勝ちタイム1分45秒8は同日の大阪城S(前半5F61.7秒)よりも1.3秒速かった。新馬戦を惨敗した馬がノドの手術をして一気にパフォーマンスを引き上げた。勝ちタイムは毎日杯(前半5F60.1秒)の1分46秒5より0.7秒速い。毎日杯を勝ったアルアインは皐月賞を制している。毎日杯を1分46秒2以下で勝ったディープスカイ、キズナはダービーを制している。3歳春の時点で阪神芝1800mを好タイムで勝つには、絶対能力が高く、スピードがないと勝てないのである。未勝利戦を圧勝した時点で音無調教師はダービーを勝てる確信したのではないか。それほどのインパクトのある勝ち方だった。

アザレア賞は後方から早めに上がって2番手に押し上げ、メンバー最速の33.5秒で抜け出し3馬身差で圧勝。道中流れが緩んだときに外から上がって2番手に押し上げ、直線で後続を突き放したが、最後は馬なりでMデムーロ騎手が股の下から後ろを確認する余裕があった。前半5F65.0秒のスローペースでレースのラスト3Fは11.0-10.9-11.8秒。瞬発力と高速ラップの持続力があることを示した。ハイペースの未勝利戦を好タイムで勝ち、スローペースのアザレア賞を高速ラップでまとめて勝ったように流れに左右されない自在性がある。前走青葉賞はスタートで寄られて最後方になったが、向こう正面から徐々に進出し、4コーナーで4番手に押し上げ、メンバー最速の34.6秒で抜け出して2馬身半差で圧勝。前半5F59.7秒。後半5F59.2秒。勝ちタイムは2分23秒6は従来のレコードを0.5秒上回るレースレコードだった。

道中の最も遅いラップが12.4秒で息の入りにくい展開で大外を回って早めに追い上げる強引なレースをしたが、直線で抜け出してからは軽く仕掛けただけで最後は流す余裕があった。アザレア賞とは全く流れの違うレースで今度はスタミナと持続力を示した。青葉賞馬は日本ダービーを勝っておらず、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、アドマイヤメイン、ウインバリアシオン、フェノーメノが2着に負けたが、これまでアドミラブルのように芝1800mを1分45秒台で勝つようなスピードのある馬はいなかったのである。アドミラブルの青葉賞のレーティング114で過去13年でトップ。アドマイヤメインは107、ウインバリアシオンは108、フェノーメノは110だった。フェノーメノはダービーでディープブリランテにハナ差の2着ならジンクスをそれほど気にする必要はないのではないか。アドミラブルはダービー馬になれるだけの資質を備えている。

3回連続の中3週、再度東京への輸送、青葉賞で走り過ぎた影響、過去10年で[0-1-0-28]の8枠がリスクと言われているが、3連勝は全て最後に余裕を残しており、最終調教を見る限り、馬体、気配とも変わりなくデキ落ちはない。調教後の馬体重は前走より16キロ増の526キロ。これなら輸送で前走より極端に減ることはない。ダービーで8枠は不振だが、土曜の芝戦は5レース全てで8枠の馬が勝ち、4レースで大外枠の馬が勝っている。日曜にさらに馬場が乾いても内が極端に有利な状態になるとは考えにくい。ノドが再度トラブルを起こすことも考えられなくはないが、可能性は低いのではないか。今年は皐月賞、NHKマイルCとも牝馬が1番人気に支持され、NHKマイルCは牝馬が勝っている。時々激走する京都新聞杯勝ち馬の出走もない。母系は3戦3勝でダービーを制したフサイチコンコルドの一族。青葉賞馬が勝てないジンクスを破るとみる。

---
調教診断は6頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

予想では有力馬診断ほど詳しくは書きません。

狙う根拠を詳しく知りたい方はぜひご覧になってください。

このブログはプレミアムブログです。


200pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

目黒記念 調教診断&有力馬診断
2017-05-27 21:21:00  (最終更新日時:2017-05-29 18:10:56)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

事後公開します。

■調教診断(2頭抜粋)

■[6+-]ヴォルシェーブ 2着(2位評価)
栗坂で2頭併せで軽く仕掛けれた。最後は余裕を残して遅れたが、脚捌きはしっかりしている。馬体、気配は落ちていない。前走のデキをキープ。

■[6+/]フェイムゲーム 1着(3位評価)
南Wで2頭併せで軽く仕掛けられた。最後は余力を残して遅れたが、馬体にまとまり感があり、身のこなしが良くなった。前走より仕上がりいい。

■有力馬診断

■[6+]フェイムゲーム 1着(2位評価)穴馬

15年の天皇賞(春)で中団の後ろからメンバー2位の34.5秒で伸びてゴールドシップにクビ差の2着に入った馬。その後、豪州に遠征してから反動が出たのか勝ってはいないが、休養を挟みながら少しずつ復調してきている。最終調教では馬体にまとまり感があり、身のこなしが柔らかくなった。そろそろ本来の力を発揮できるのではないか。東京芝2500m以上では、ダイヤモンドS1、1、2、6着、AR共和国杯1、5着がある。昨年のAR共和国杯5着、前走ダイヤモンドS6着に続き、今回も58キロを背負うが、天皇賞(春)で58キロを背負って2着、ダイヤモンドSを58キロで1着、58.5キロで2着があり、重ハンデをこなすタイプ。58キロは背負い慣れている。

昨年のAR共和国杯は後方からメンバー3位タイの33.7秒で追い込んで0.4秒差の5着。最後は馬群を捌いて伸びてきたが、切れより地力タイプのためスローの上がり勝負で後方からでは厳しかった。3着ヴォルシェーブとは0.3秒差あったが、今回はハンデ3キロ差から1.5キロ差に縮まる。4着モンドインテロとは0.2秒差で今回も斤量は変わらないが、モンドインテロはルメール騎手→内田博騎手、フェイムゲームは北村宏騎手→ルメール騎手に変わる点で差は詰まるのではないか。ようやく復調気配を感じた陣営はルメール騎手を確保。昨年のAR共和国杯のようにスローの上がり勝負になると厳しくなるが、ある程度流れてスタミナ&持久力が問われると一発がある。

---
調教診断は4頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

ページの先頭へ