WAKUWAKU競馬道場★20年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね29 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年2月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

クイーンC 調教診断&有力馬診断
2017-02-10 19:45:00  (最終更新日時:2017-02-11 17:00:29)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断(上位3頭)

■[7-]アドマイヤミヤビ 1着
栗坂で軽く仕掛けられた。1週前に栗CWで追って直前は余力残し。身のこなしが柔らかく、しっかりとした脚捌き。久々もきっちり仕上げてきた。

■[7/]フローレスマジック 3着
南Wで3頭併せで馬なりのまま併入。前向きさがあり、重心の低いフットワーク。前脚の可動域が広い。リフレッシュして馬体が戻り、デキは上向き。

■[6+-]アエロリット 2着
美坂で馬なり調教。土曜に51.7秒の1番時計を出し、直前は余力残し。軽快なフットワークで最後まで余力十分。前走のデキをがっちりキープ。

■有力馬診断

■[7]アドマイヤミヤビ 1着

中京芝1600mの新馬戦は6番手からメンバー2位の34.1秒で伸びてクライムメジャーに0.2秒差の2着。一度使って馬体が8キロ絞れた阪神芝1600mの未勝利戦は中団の後ろからメンバー最速の33.7秒で差し切って1分34秒8(稍重)の好タイムで快勝。仕掛けてからスピードに乗るまで時間が掛かったが、追って味のあるタイプで末脚がしっかりしている。前走百日草特別は中団からメンバー2位タイの33.5秒で抜け出して2分3秒4で優勝。前半5F63.8秒のスローペースでレースのラスト3Fは11.8-11.0-11.1秒の高速ラップ。2着カデナは次走京都2歳S、3着アウトライアーズはひいらぎ賞を勝っている。500万条件でもメンバーレベルが高いレースで牡馬に勝ったことを評価したい。

半兄グランアルマダ(1600万)はダイワメジャー産駒で切れより地力タイプだが、父がハーツクライに替わったことで末脚の切れ味が増している。相馬眼的に評価できる馬で距離が延びて真価を発揮しそうなタイプ。春の最大目標はオークスになるが、桜花賞を使うかどうかは今回のレースぶり次第か。これまで3戦の前半5Fは61.1秒、60.5秒、63.8秒。クイーンCは前半5F60秒前後になることが多いが、過去2年は前半5F58.9秒、57.8秒のハイペースだった。芝1600mで勝っているが、速い流れになって位置取りが悪くなったときにリスクがある。ルメール騎手が早めに流れを察知して届く位置で進められるかがカギ。クイーンCはオークスに繋がるレース。フローレスマジック以外には負けないとみる。

■[7]フローレスマジック 3着

新潟芝1600mの新馬戦はルメール騎手が控え過ぎて位置取りが悪くなりハナ差の2着。逃げ切ったシャイニードライヴの上がりを0.6秒上回っている。厳しい位置から馬群を捌いて抜け出してきたように牝馬でも勝負根性がある。次走未勝利戦は2番手からメンバー2位の35.5秒でまとめて4馬身差で圧勝。重馬場で勝ちタイムは1分37秒1だったが、能力の違いを見せつけた。前走アルテミスSは出遅れて中団の後ろからメンバー最速の33.3秒で伸びて半馬身差の2着。勝ったリスグラシューの上がりを0.2秒上回ったが、出遅れて位置取りが悪くなったことが堪えた。馬体が12キロ減ったことも影響している。勝ったリスグラシューは次走阪神JFでメンバー最速の34.5秒で追い込んで0.2秒差の2着に入った。

ラキシス、サトノアラジンの全妹。小柄でも馬体のバランスが良く、皮膚が薄くいかにも良血馬という雰囲気がある。ディープインパクト産駒で末脚に持続力があり、渋った馬場も苦にしない。左回りの芝1600mを3戦し、前2走が今回と同じ東京芝1600m。リフレッシュしたことで馬体が回復しており、輸送で減るようなことがなければ、450キロ台での出走になりそうだ。ルメール騎手がアドマイヤミヤビに騎乗するため、戸崎騎手に乗り替わるが、乗り難しいタイプではない。内めの枠に入ったため、外枠に入ったアドマイヤミヤビより前で進める作戦か。サンデーレーシングは現在クイーンCを1、2、1番人気で3連勝中(3頭とも6番枠)。6番枠から上手く立ち回るとアドマイヤミヤビを完封する可能性がある。


---
調教診断は6頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

PREMIUM POST

152円 購入する
TOP