WAKUWAKU競馬道場★19年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年9月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

阪神JF 調教診断&有力馬診断
2017-12-09 20:37:00  (最終更新日時:2017-12-10 16:32:54)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[7-]リリーノーブル 2着
栗CWで2頭併せで馬なりのまま先着。前向きさがあり、最後まで余力十分。中1週になるが、活気があり元気一杯。デキは高いレベルで安定。

■[7/]ラッキーライラック 1着
栗CWで3頭併せで軽く仕掛けられて先着。前向きさがあり、首を使った走りでラスト11秒台。2週連続追って攻めている。叩いてデキ上向き。

■[6+-]マウレア 3着
南Wで2頭併せで軽く仕掛けられて先着。時計は遅いが前向きさがあり、首を使った走りで最後まで余力十分。中2週になるがデキ落ちはない。

■有力馬診断

■[6+]リリーノーブル 2着

東京芝1600mの新馬戦はスタートを決めて好位につけ、道中は馬込みでタメて直線で外に出すとメンバー最速の34.0秒で抜け出して3馬身半差で圧勝。直線で鞭を入れず、最後は流す余裕があった。京都芝1600mの白菊賞はスタートを決めて内ラチ沿いの3番手につけ、メンバー3位の34.9秒で最内から抜け出して快勝。直線で鞭を入れず、抜け出してからは流す余裕があった。前半5F61.2秒のスローペースだったが、レースのラスト3Fは12.0-11.6-11.5秒で尻上がり。2着スカーレットカラーは前走アルテミスSで0.4秒差の5着、3着スズカフェラリーは前走ファンタジーSで0.3秒差の4着。このあたりから見ても重賞で通用する能力があるのではないか。まだ鞭を入れて追っていないが、末脚はしっかりしている。その点で直線の長い阪神外回りは合っている。

サンデーレーシングで1800万円で募集されたルーラーシップ産駒。3000万円で募集されたロックディスタウン、ラッキーライラックよりも安いが、右回りの芝1600mで勝っているのはアドバンテージ。過去10年で中1週できた馬は[0-0-0-22]だが、最終調教を見る限り、活気があり馬は元気一杯。前走4キロ絞れていたが、まだ少し緩かったため、中1週で馬体が絞れればプラスに働く。過去3年の勝ちタイムは1分34秒0~34秒5。リリーノーブルは新馬戦が1分35秒5、白菊賞が1分36秒3で時計を詰める必要があるが、2戦とも鞭を入れずに流しており、尻上がりラップからも時計は詰められる。過去10年でノーザンファーム生産馬が7勝、社台ファームが2勝。馬主のサンデーレーシングが4勝。ロックディスタウンが初の芝1600mで大外枠なら対抗できるのではないか。

---
調教診断は6頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

今年は重賞勝ち馬がロックディスタウン、ラッキーライラックしかいない。

この2頭をまとめて負かす、または割って入る馬がいるかが焦点。

ロックディスタウンは芝1600m、ラッキーライラックは右回りが初めて。

有力馬診断では相馬眼的にまとめて負かす可能性がある馬を取り上げました。

今年の阪神JFは花の名前を持つ馬が多い。

ラテュロス:スイートピー
リリーノーブル:百合
ラッキーライラック:ライラック

予想は抜きにして「花馬券」を少し買ってみるか?

逆にカペラSでサイタスリーレッド「咲いた+3+赤」が来たりして・・・。

PREMIUM POST

150円 購入する
カペラS 調教診断&有力馬診断
2017-12-09 20:36:00  (最終更新日時:2017-12-10 16:31:26)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+-]ブルドッグボス 3着
浦和ダで3頭併せで軽く仕掛けられて先着。外を回って最後までしっかり伸びた。前走G1で激走したが、馬体、気配は落ちていない。順調。

■[6+-]ディオスコリダー 1着
栗坂で強めに追われた。少し頭が高いが、軽快なフットワークで余力十分。中2週になるが、馬体、気配とも良く、デキは安定している。

■有力馬診断

■[6+]ディオスコリダー 1着

昨年暮れに中山ダ1200mの冬桜賞を5番手からメンバー最速の37.3秒で抜け出して1分11秒3(稍重)で快勝。前半3F33.6秒のハイペースで好位から最速上がりで抜け出す強い方だった。その後はドバイに挑戦して7、11着に終わったが、帰国して復帰すると1000万条件3、1着、1600万条件3、1着と一戦ごとに力をつけてきた。1000万条件の苗場特別は前半3F33.8秒のハイペースで4番手につけ、メンバー3位タイの36.3秒で抜け出して1分10秒5で快勝。前走1600万条件の西陣Sは中団からメンバー最速の34.8秒で差し切って1分10秒5(重)で2馬身半差で圧勝。上がり2位を0.4秒上回る末脚は強烈だった。ムーア騎手が騎乗して本格化してきた。

国内のダ1200mは[4-0-2-0]で3着以内を確保。6戦とも10番枠より外枠だった。外枠からスタートを決めてある程度前につけ、直線で抜け出すのが勝ちパターン。前走最速上がりで弾けたため、今なら中団からでも間に合いそうだ。右回りのダ1200mは[3-0-0-0]で中山では2歳時に冬桜賞を勝っている。良馬場でも脚抜きのいい馬場でも勝っており、馬場は問わない。ダート短距離重賞路線は抜けた馬がいない混戦になっており、JBCスプリントでは初のダ1200mだったコパノリッキーが2着に入っている。3着ブルドッグボスが出走してきたが、斤量2キロ差があれば通用するのではないか。ダ1200mで前半3F33秒台では[2-0-1-0]。ハイペースに強いのは魅力。

---
調教診断は6頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

今年は1番人気の単勝が5倍を超える混戦メンバー。

有力馬診断では勝つ可能性がある2頭を取り上げました。

オッズ的に単複でも妙味がありそうです。

PREMIUM POST

150円 購入する
中日新聞杯 調教診断&有力馬診断
2017-12-08 20:44:00  (最終更新日時:2017-12-10 16:38:15)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+-]ミッキーロケット 2着
栗坂で軽く仕掛けられた。1週前に一杯に追って直前は少し余力残し。いつも通り動いており、前走不良馬場で走った反動はなさそう。順調。

■[6+/]ロードヴァンドール 3着
栗坂で馬なり調教。しっかりとした脚捌きで最後までしっかり伸びた。前走不良馬場で惨敗したが、一度使って動き、気配が良くなった。

---
調教診断は6頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

荒れるハンデ戦で過去10年で3番人気以内の決着はない。

10年のうち7年で6番人気以下が連対して荒れている。

有力馬診断では穴をあける可能性がある2頭を取り上げました。

予想の印は検討中。馬券の買い方がポイントになりそうです。

絞ってガツンと儲けるか、手広く流して薄めを狙うか・・・

このあたりの結論は相馬眼予想でお届けします。

PREMIUM POST

150円 購入する
チャンピオンズC 調教診断&有力馬診断
2017-12-02 20:09:00  (最終更新日時:2017-12-04 17:23:01)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[7-]テイエムジンソク 2着
栗坂で2頭併せで強めに追われて併入。道中少しフワフワしたが、首を使った走りで最後までしっかり伸びた。ウッドで乗り込まれ、デキは安定。

■[6+/]コパノリッキー 3着
栗CWで軽く仕掛けられた。キビキビとしたフットワークでラスト11秒台。前走短距離を使ったことで動きにメリハリが出た。そのぶん良化。

■有力馬診断

■[6+]テイエムジンソク

今年5月に古川騎手に乗り替わると1600万条件、大沼S、マリーンSを圧勝で3連勝。大沼S、マリーンSは速い流れで前に行って上がりをまとめており、G1で通用するレベルのパフォーマンスだった。エルムSは2番手からメンバー4位タイの36.0秒で上がったが、内で脚をタメていたロンドンタウンに最後に差されて半馬身差の2着。1分41秒0で走り、前2走よりもタイムを詰めたが、前半の流れは大沼Sより緩かった。勝負どころでドリームキラリを交わさずにタメ過ぎたことが影響したのだろう。タメても追ってガツンと切れるタイプではないことを古川騎手はあらためて認識したのではないか。前走みやこSは大外枠から4番手につけ、4コーナーで先頭に立つとメンバー2位の37.2秒で後続を引き離し2馬身半差で圧勝し重賞初制覇を飾った。勝ちタイム1分50秒1は優秀。レーティング110は過去8年でエスポワールシチーに次ぐ2位。

心肺機能が高く、自分のリズムで走ると最後までしぶとい脚を使えるタイプ。少々流れが速くなっても自分のリズムで走れれば持ち前の心肺機能の高さで簡単にはバテないが、途中でプレッシャーをかけられてリズムが崩れると詰めが甘くなる死角がある。そのため外を回る距離ロスがあっても他馬に競りかけられない方がいい。その点で通常は有利とはいえない7枠3番に入ったのはプラス。みやこSではその死角を突いてくる馬がいなかったが、今回はG1でメンバーがこれまでより強くなる。さらに初の左回り。スタートが速いため前につけられそうだが、外から被せられたり、プレッシャーをかけられて早めに動かざるをえなくなると詰めが甘くなる可能性がある。自分のリズムで「肉を切らせて骨を断つ」ようなレースができると簡単には止まりそうにない。ダートの良馬場では現在4連勝中。古川騎手が強気なレースをすると心肺機能の高さでG1初制覇がある。

---
調教診断は7頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

今年は1番人気の単勝が5倍を超えるかなりの混戦メンバー。

調教診断で7点がついた調子のいい3頭から勝ち馬が出そう。

相馬眼的にここで激変する可能性がある極端な人気薄を

有力馬診断で取り上げました。オッズ的に爆発力が凄い!!!

調教診断、有力馬診断(詳しく解説)を見て納得できたら、

少し馬券を買ってみてください。(自分の予想に絡めて)

相馬眼予想では昨年同様、もう少し踏み込みます。

★昨年のチャンピオンズC

◎アウォーディー 2着
穴○サウンドトゥルー 1着(6人気)
大穴☆アスカノロマン 3着(10人気)←予想で踏み込んだ馬
馬単4,800円的中!(2点)
馬連1,390円的中!
ワイド490円的中!
3連複11,180円的中!
3連単85,980円的中!

今年も穴馬で高配当を狙います。

PREMIUM POST

200円 購入する
チャレンジC 調教診断&有力馬診断
2017-12-01 20:34:00  (最終更新日時:2017-12-02 16:16:37)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+/]ブレスジャーニー 3着
栗CWで2頭併せで一杯に追われて先着。重心の低いフットワークで最後までしっかり伸びた。2週連続一杯に追って攻めている。叩いて良化した。

■[6+/]デニムアンドルビー 2着
栗CWで3頭併せで馬なりのまま少し遅れた。軽快なフットワークでラスト11秒台。身のこなしに切れがある。結果は出ないがデキは上向き。

■[6+-]サトノクロニクル 1着
栗CWで2頭併せで馬なりのまま少し遅れた。1週前にCWで追われて直前は余力残し。少し頭が高いが、こういうタイプ。デキ落ちはない。

■有力馬診断

■[6+]デニムアンドルビー 2着(穴馬)1位評価

ジャパンCと宝塚記念で2着がある実力馬。角居調教師は能力を高く評価し、3歳のフローラSから今年のフェブラリーSまで18戦連続でG1、G2しか出走させず、4歳時は名牝ブエナブスタが歩んだのと同じローテーションだった。初めてのG3となった今年の中山牝馬Sは後方からメンバー2位タイの33.7秒で追い込んで0.2秒差の5着。2戦目のG3となった鳴尾記念は後方からメンバー3位タイの33.9秒で伸びて0.4秒差の6着。馬体12キロ増で太め残りだった。今秋はG2を使われ、オールカマーはメンバー2位タイの33.5秒で追い込んで0.5秒差の8着、AR共和国杯は最後方からメンバー2位の35.3秒で追い込んで0.9秒差の8着。位置取りが後ろ過ぎて着順は悪いが、速い上がりを繰り出している。

阪神芝は[2-3-0-3]でローズS1着、宝塚記念&阪神大賞典2着がある。阪神芝2000mの未勝利戦は最後方から徐々に進出して直線に向くとメンバー最速の34.3秒で外から一気に差し切って2馬身差で圧勝。最後の直線でガツンと加速し、他馬が一瞬止まって見えた。これは阪神コースの適性が高いことを示している。宝塚記念では前半5F62.5秒のスローペースで後方2番手からメンバー最速の34.0秒でラブリーデイにクビ差の2着に突っ込んでいる。緩い流れで強烈な末脚を繰り出すタイプ。7歳牝馬で引退は近そうだが、今回は同コースの未勝利戦を勝ったときに騎乗していたCデムーロ騎手を乗せてきた。開幕週で完全前残りにならなければ、強烈な末脚で復活Vがありえる。ラストランVになるかもしれない。

---
調教診断は6頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

今秋の重賞は3歳馬が大活躍。3歳馬が1、2番人気に支持されている。

3歳馬があっさり古馬の壁を越えてワンツーを決めてもおかしくないが、

2頭とも芝2000mは初めてで小回りコース向きなのかどうか?

有力馬診断には「一発の条件」が揃った2頭を取り上げました。

この2頭で決着したら、時期的にカニを食べに行くか(笑)

PREMIUM POST

150円 購入する
ページの先頭へ