WAKUWAKU競馬道場★18年目の老舗サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね23 コメント5
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年9月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

セントライト記念 調教診断&有力馬診断
2017-09-17 19:12:00  (最終更新日時:2017-09-18 16:05:31)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[7-]アルアイン 2着
栗CWで2頭併せで軽く仕掛けられて先着。雄大な馬体でしっかりとした脚捌き。休み明けになるが、急ピッチに乗り込まれて上々の仕上がり。

■[6+/]プラチナヴォイス 5着(穴馬)
栗CWで2頭併せで馬なりのまま先着。鋭い脚捌きで最後まで余力十分。休養して馬体が成長した印象。入念に乗り込んで仕上がりは良さそう。

■[6+-]ミッキースワロー 1着
南Wで2頭併せで強めに追われた。少し頭が高いが、前向きさがあり、最後までしぶとく伸びた。まだ少し荒々しさがあるが、まずまず仕上がる。

■[6+-]サトノクロニクル 3着
栗CWで2頭併せで馬なりのまま遅れた。一週前に栗CWで一杯に追って直前は余力残し。休み明けになるが、太め感なく仕上がっている。

■[6+/]スティッフェリオ 4着(大穴馬)
栗坂で2頭併せで軽く仕掛けられて先着。重心の低いフットワークで活気十分。1週前に坂路で1番時計を出している。ひと息入れて若干良化。

■有力馬診断

■[6+]アルアイン 2着

これまで[4-0-0-2]で連対を外したシンザン記念6着は直線で前が詰まる致命的な不利があり、ダービー5着は好位から動かず消極的な騎乗で上がり勝負になったことが影響している。毎日杯は2番手から直線で早めに抜け出して1分46秒5で優勝。過去10年で毎日杯を1分46秒5以下で勝った馬はアルアインを含め3頭いるが、1分46秒0のディープスカイ、1分46秒2のキズナはダービーを制している。皐月賞は先行して勝負どころで手応えが悪くなって下がったが、直線で馬群を割ってメンバー4位の34.2秒で抜け出して優勝。勝ちタイム1分57秒8はレースレコード。荒れた内を通った馬が有利な馬場で時計が速いという特殊な状態だったが、底力を感じさせるレースぶりだった。重馬場の千両賞を勝っており、道悪はこなせる。

前走ダービーは前半5F63.2秒のスローペースでレースのラスト5Fは12.6-12.7-1.5-10.9-11.4秒、ラスト3Fは33.8秒。アルアインは5番手から勝ったレイデオロより0.1秒速い33.7秒で上がっている。切れより地力タイプで上がり勝負は向かないが、松山騎手は勝負どころで動かなかったのは大人の事情か。勝ったのは藤沢和厩舎のレイデオロ(社台)。母は短距離馬だが、相馬眼的に距離はこなせる。本番を第一に考え、次を考えて騎乗するルメール騎手。そこにリスクがあるが、渋った馬場で地力が問われるレースになれば、持ち前の体力で勝ち負けに持ち込むのではないか。過去10年でダービー最先着の関西馬は[0-0-0-3]、1番人気の関西馬は[0-0-1-3]。データ的にはリスクがある。

■[6+]ミッキースワロー 1着

中山芝2200mの未勝利戦は最後方から勝負どころで馬群に突っ込んでメンバー最速の36.3秒で差し切り3馬身半差で圧勝。緩い荒れ馬場で勝ちタイム2分16秒0は遅いが、レースのラスト3Fは12.7-12.2-12.1秒で尻上がり。タフな馬場で絶望的な位置取りから馬群を捌いて圧勝したことを評価したい。ひめさゆり賞は中団の外からメンバー最速の33.9秒で差し切って1分59秒9で優勝。ラスト3Fを11秒台でまとめて高速馬場に対応できることを示した。京都新聞杯は中団からメンバー7位の34.1秒で上がって0.1秒差の5着。勝負どころで外から早めに上がったぶん最後に切れ負けした。切れ味が問われる京都外回りでいかにも早仕掛け。菊沢一樹騎手が下手に乗っただけでまともなら勝ち負けできたのではないか。

前走いわき特別は最後方からメンバー最速の33.7秒で追い込んでクビ+頭差の3着。前半5F62.4秒のスローペースでラスト5Fが全て11秒台。物理的に届きそうにない位置から強烈な末脚で同タイムの3着まで追い上げた。2戦連続で菊沢一騎手が下手に乗ったため、横山典騎手に替えてきた。横山典騎手と菊沢厩舎はアエロリットのコンビ。セントライト記念はダービーから直行した関東馬が強いが、今年は関西馬2頭しか出走がない。父は京都新聞杯をレコード勝ちし、ダービーで3着に入ったトーセンホマレボシ。頭が高くガツンと切れるタイプではないが、父からスピードの持続力と心肺機能の高さを受け継いでいる。月曜は晴れるが、湿り気は残りそう。スタート、位置取り、コース取り次第で皐月賞馬アルアインを脅かす可能性がある。

---
調教診断は7頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

ローズS 調教診断&有力馬診断
2017-09-16 19:18:00  (最終更新日時:2017-09-17 16:24:44)
テーマ: 有力馬診断
いいね1
事後公開します。

■調教診断(3頭抜粋)

■[6+/]カワキタエンカ 2着(6人気)★穴馬★
栗坂で軽く仕掛けられた。しっかりとした脚捌きで最後までしぶとく伸びた。ひと叩きされて動き、気配が良くなった。デキは上向き。

■[6+-]リスグラシュー 3着
栗坂で2頭併せで馬なりのまま先着。頭が高くフワフワしているが、元々こういうタイプ。軽快なフットワーク。まずまず仕上がった。

■[6+/]ラビットラン 1着(8人気)★大穴馬★
栗坂で馬なり調教。まだ荒々さが残っているが、バネの利いたフットワークで最後まで余力十分。レースを使いながら仕上げが進んでいる。

★上向き「/」がついた2頭で決着しました。

★調教診断で取り上げた馬で決着することが多いです。


■有力馬診断

■[6+]カワキタエンカ 2着(穴馬)

これまで[2-1-1-2]でチューリップ賞5着、桜花賞7着(2戦とも勝ち馬と0.6秒差)を除き3着以内を確保。芝1600mは[0-0-1-2]だが、芝1800mは[2-1-0-0]で連対率100%。阪神芝1800mでは君子蘭賞を前半5F62.0秒のスローペースで逃げ、メンバー6位の34.1秒(11.6-10.8-11.7秒)で上がって勝っている。桜花賞(稍重)は大外18番枠からハナを切って前半5F58.3秒で飛ばし、直線でしぶとく伸びて0.6秒差の7着に粘った。前走三面川特別(稍重)は前半5F60.7秒で逃げ、メンバー4位の33.9秒でまとめて0.2秒差の2着。レッドアヴァンセに切れ負けしたが、休み明け、左回りの影響があったのではないか。それでも上がりを初めて33秒台でまとめている。

休み明けをひと叩きされたことで最終調教の動き、気配が良くなっている。これまで稍重以上では[1-1-1-1]で渋った馬場をこなすタイプ。今回は差しタイプが多く、逃げ馬はカワキタエンカしかいない。外枠に入ったが、横山典騎手が睨みを利かせてハナを切れば、スローに落とせるのではないか。直線の長い阪神外回りで決め手のある馬が怖いが、渋った馬場で上がりが掛かるとバテな強みを発揮して粘り込む可能性がある。過去10年で前走1000万条件は[0-0-7-21]で連対はなく3着が多い。馬券は3着を考慮しておきたい。ローズSはラスト2F目に10秒台のラップが刻まれることが多い。今年のメンバーで上がりが速い新潟を除き、ラスト2F目に10秒台のラップを刻んで勝った馬はカワキタエンカとファンディーナしかいない。

---
調教診断は7頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

セントウルS 調教診断&有力馬診断
2017-09-09 21:03:00  (最終更新日時:2017-09-11 08:05:30)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[7-]ファインニードル 1着
栗坂で軽く仕掛けられた。重心の低いフットワークで最後まで余力十分。中2週になるが、馬体、気配とも落ちていない。デキは安定している。

■[6+-]ダンスディレクター 3着
栗坂で2頭併せで軽く仕掛けられて先着。少し頭が高いが、キビキビとしたフットワークで最後まで余力十分。昨秋の休み明けより動いている。

■[6+-]ラインミーティア 2着
南Wで馬なり調教。前向きさがあり、重心の低いフットワークで気分良さそうに走っていた。逆手前で走っていたが活気十分。前走のデキをキープ。

---
調教診断は5頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

京成杯AH 調教診断&有力馬診断
2017-09-09 21:02:00
テーマ: 有力馬診断
調教診断は4頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

紫苑S 調教診断&有力馬診断
2017-09-08 20:13:00  (最終更新日時:2017-09-09 16:20:15)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+-]ディアドラ 1着(1位評価)
栗坂で強めに追われた。全体時計は遅いが、キビキビとしたフットワークで追われてからしぶとく伸びた。まとまり感のある馬体。デキは安定。

■[6+/]カリビアンゴールド 2着(2位評価)
美坂で馬なり調教。気合乗りが良く、しっかりとした脚捌きで最後まで確かな脚色。1週前に追って直前は余力残し。リフレッシュして若干良化。

■有力馬診断

■[6+]ディアドラ 1着

これまで[3-3-2-4]で後方から追い込んで4着に終わった桜花賞を除き4着以内を確保。相手なりに堅実に走るタイプ。桜花賞はメンバー最速の34.9秒で追い込んで0.4秒差の6着。矢車賞は中団からメンバー最速の33.8秒で差し切って2馬身差で圧勝。オークスはメンバー最速タイの33.9秒え追い込んで0.7秒差の4着。3着アドマイヤミヤビとは頭差だった。前走HTB賞は中団からメンバー最速の35.0秒で差し切って優勝。クビ差の2着ラヴィエベールは1600万条件で2着が2回ある。HTB賞は1000万条件だが、実質は1600万条件レベルだった。

距離を延ばしても最速上がりを繰り出しており、現在4戦連続で上がりはメンバー最速。HTB賞は前半5F62.5秒のスローペースだったが、小回りの芝2000mでも問題ないことを示した。これまで右回りでは[2-2-2-1]、左回りでは[1-1-0-3]で右回りの方が堅実。休み明けの前走馬体が12キロ減っていた点が少し気になるが、最終調教を見る限り、仕上がりは良さそう。輸送で前走よりさらに減るようなことがなければ問題ない。外枠に入った点にリスクがある。乗り慣れた岩田騎手がどうカバーするかがカギ。追って味のあるタイプ。4コーナーで前を射程圏に入れられれば。

---
調教診断は5頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

ページの先頭へ