WAKUWAKU競馬道場★18年目の老舗サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね26 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年11月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

京都2歳S 調教診断&有力馬診断
2017-11-24 19:32:00
テーマ: 有力馬診断
調教診断は5頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

タイムフライヤーは金曜時点で単勝1.5倍の1番人気。

馬主はサンデーレーシング、馬名の意味は「時を超える者」。

今年の2歳重賞でサンデーレーシングは[3-1-0-1]。

う~ん、いかにも走りそうだ(爆)

断然人気のタイムフライヤーに先着するには何が必要か。

○○○○○○○○と○○○○○○の2点がポイントになる。

これらを満たす2頭を有力馬診断で取り上げました。m(__)m

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

マイルCS 調教診断&有力馬診断
2017-11-18 20:57:00  (最終更新日時:2017-11-20 00:08:52)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+-]エアスピネル 2着
栗坂で2頭併せで強めに追われて先着。重心の低いフットワークで最後までしっかり伸びた。いつも通り動いている。前走勝ったデキをがっちりキープ。

■[6+/]ペルシアンナイト 1着
栗CWで2頭併せで馬なりのまま併入。首を使って柔らかいフットワークで最後まで余力十分。一度使って身のこなしが柔らかくなった。デキは上向き。

---
調教診断は7頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

有力馬診断でMデムーロ騎手、ルメール騎手、ムーア騎手の

騎乗馬は1頭も取り上げませんでした。←ホント大丈夫か(笑)

エアスピネル、イスラボニータより上の持ち味を持った馬がいる。

その持ち味を直線の長い京都外回りで生かせるのではないか?

もう1頭強烈なパフォーマンスを発揮する可能性がある馬がいる。

天も味方につけた。大激走の条件は揃っている。いざ勝負!!!

相馬眼予想で最終決断。どこまで攻めるか、それとも守るのか。

狙い馬2頭のことを詳しく知りたい方はこちらの有力馬診断を

ご覧になってください。予想では簡略化して書いています。

納得できたら馬券もショコット買ってみてちょ(笑)

このブログはプレミアムブログです。


200pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

東スポ杯2歳S 調教診断&有力馬診断
2017-11-17 19:49:00  (最終更新日時:2017-11-18 18:18:26)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+/]ルーカス 2着
南Wで3頭併せで軽く仕掛けられて先着。しっかりとした脚捌きで最後まで集中して走っていた。一度使ったぶん馬体、気配とも若干良化。

■[6+-]ワグネリアン 1着
栗坂で馬なり調教。重心の低いフットワークで最後まで余力十分。2週連続CWで追って直前は余力残し。
少し線が細いがデキは安定。

■有力馬診断

■[6+]ワグネリアン 1着

中京芝2000mの新馬戦は5番手からメンバー最速の32.6秒で上がり、3番手からメンバー2位の32.8秒で上がったヘンリーバローズとの叩き合いをハナ差で制した。レースのラスト3Fは11.2-10.9-11.0秒の高速ラップ。3着には5馬身差をつけていた。シルバーステートの全弟ヘンリーバローズは単勝1.7倍の1番人気、テンダリーヴォイスの全弟ワグネリアンは単勝4.0倍の2番人気だった。ヘンリーバローズは次走阪神芝1800mの未勝利戦で単勝1.1倍に支持され、逃げてメンバー最速の33.8秒でまとめて4馬身差で圧勝している。ヘンリーバローズは相馬眼ニュースで取り上げた馬で重賞で勝ち負けできる素材。ワグネリアンも相馬眼ニュースで取り上げた馬。新馬戦でヘンリーバローズに勝ったことを高く評価したい。

前走野路菊Sは単勝1.9倍の1番人気に支持され、後方からメンバー2位の33.0秒で差し切って2馬身半差で圧勝。重馬場で勝ちタイムは1分49秒3。前半5F62.7秒で前残りの展開になり、直線に向いたときはかなり後ろにいたが、強烈な末脚であっさり差し切った。走る馬独特のバネがあり、こういう走りをする馬は重賞を勝つことが多い。父はディープインパクト、祖母にダートで強烈な末脚を繰り出したブロードアピール。母系からも切れ味を受け継いでいる。東京は初めてだが、左回り、重馬場を経験しているのは強み。小柄な牡馬で馬体の線が少し細い。初の長距離輸送で馬体が大きく減らないことが条件になる。少頭数の上がり勝負なら現時点ではルーカスよりも分がある。今年の4月以降の重賞で福永騎手は[0-5-1-29]で2着が多い。

■[6+]ルーカス 2着

札幌芝1800mの新馬戦は道中後方を進み、勝負どころで一気に捲って先団に取りつくとメンバー最速の34.4秒で抜け出して2着に1馬身半差をつけて優勝。前半5F63.0秒のスローペースだったが、レースのラスト3Fは35.0秒でラップは11.9-11.4-11.7秒。この日の札幌は時計、上がりが掛かっており、上がり34.4秒は同日の札幌記念で後方から最速上がりで2着に突っ込んだナリタハリケーンと同じ。スローとはいえ、デビュー戦で大外から捲ってこの上がりを繰り出したのだから大したもの。かなりの能力を秘めているのではないか。3着マイスターシャーレは次走未勝利戦1着、4着マイハートビートは未勝利戦と紫菊賞を連勝、5着ゴーフォザサミットは未勝利と百日草特別を連勝。少頭数でもメンバーレベルは高かった。

モーリスの全弟で兄と同じ堀厩舎の管理馬。兄に似たタイプで心身の成長を待って大事に使えば本格化するのではないか。モーリスは3歳5月まで[2-0-1-4]だったが、その後は[9-2-0-0]でG1を6勝した。モーリスは新馬戦を圧勝した後の京王杯2歳Sでムーア騎手が騎乗し単勝1.5倍に支持されたが、出遅れて6着に終わっている。ルーカスも新馬戦を勝ってキャリア1戦で重賞に挑戦しムーア騎手が騎乗する。モーリスは栗東の吉田直厩舎(若潮賞から堀厩舎)で長距離輸送があったが、ルーカスは美浦の堀厩舎で輸送が短い。相馬眼ニュースで取り上げた馬。切れ味はワグネリアンが上だが、パワーはルーカスが上。土曜は昼まで小雨の予報。タフな馬場で早めに動かざるをえない展開になるとパワーと地力で押し切る可能性がある。

---
調教診断は4頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


108pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

エリザベス女王杯 調教診断&有力馬診断
2017-11-11 21:31:00  (最終更新日時:2017-11-12 19:16:52)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+-]ミッキークイーン 3着
栗坂で2頭併せで軽く仕掛けられて先着。しっかりとした脚捌きで最後まで余力十分。休み明けになるが、動き、気配は久々を感じさせない。上々の仕上がり。

■[6+-]モズカッチャン 1着
栗坂で馬なり調教。時計は遅いが、しっかりした脚捌きで最後まで集中して走っていた。馬体を大きく見せている。前走激走したが、デキ落ちはなさそう。

---
調教診断は7頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


200pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

福島記念 調教診断&有力馬診断
2017-11-11 21:30:00  (最終更新日時:2017-11-12 19:17:30)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+/]スズカデヴィアス 2着
栗坂で強めに追われた。キビキビとしたフットワークで最後まで確かな脚色。活気があり、いつも通り動いている。一度使って若干良化。

■有力馬診断

■[6+]スズカデヴィアス 2着

15年の京都記念で逃げてラブリーデイにハナ差の2着に粘り、キズナを完封した馬。その後は大不振に陥ったが、今年1月の白富士Sを好位から抜け出して勝ち、復調してきた。クビ差の2着サクラアンプルールは札幌記念を制している。金鯱賞は中団からメンバー2位タイの34.6秒で伸びて0.2秒差の3着。勝ったヤマカツエースは大阪杯で3着に入った。鳴尾記念は後方からメンバー2位の33.7秒で伸びて0.3秒差の4着。前半5F61.6秒のスローペースで前残りになり届かなかったが、最後はいい脚を使っていた。七夕賞は最後方からメンバー最速の35.6秒で追い込んで0.4秒差の4着。騎乗した横山典騎手は「夏バテしている。今日は暑くてかわいそうだった」とコメント。4~9月は[0-0-0-9]で暑さに弱いタイプ。

10~12月は[1-0-1-7]、1~3月は[3-1-1-4]で気温が下がる1、2月に好走が多い。今年は例年より気温が速く下がったため、そろそろ稼働期に入るのではなないか。前走オクトーバーSは5番手からしぶとく伸びて0.4秒差の3着。休み明け、重馬場、57キロを背負って上々の内容だった。今回は11月に入り、叩き2戦目、七夕賞4着の実績がある福島芝2000m、56キロと条件が揃った。シュタルケ騎手は皐月賞14着時に騎乗しており、2度目の騎乗となる。新馬戦を除き、G3以下の芝2000mでは1、1、4、4、3着で堅実に走っている。橋田厩舎は昨年7勝で不振だったが、今年は19勝を挙げ、秋華賞をディアドラで制した今勢いのある厩舎。サンマルティンより前で進めてアドバンテージを獲れれば面白い。

---
調教診断は6頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

このブログはプレミアムブログです。


150pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

ページの先頭へ