WAKUWAKU競馬道場★19年目の老舗サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年2月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

中山記念 レース展望
2018-02-21 21:33:00
テーマ: レース展望
過去10年で1番人気は[3-0-1-6]で3連対のみ。58キロは[2-0-1-0]だが、56キロは[0-0-0-2]、57キロは[1-0-0-4]で不振。8枠は[0-0-0-3]で3着以内がない。2番人気は[3-1-2-4]、3番人気は[3-1-2-4]で各4連対。6~9番人気が3連対、10番人気以下が2連対。最近5年の馬連は13倍、27倍、8倍、8倍、143倍。昨年は1番人気のアンビシャス、2番人気のリアルスティールが崩れ、3-8-7番人気で万馬券決着になった。

年齢別では4歳[3-1-4-17]、5歳[3-3-1-18]、6歳[2-5-1-28]、7歳以上[2-1-4-35]。6歳馬以上の高齢馬の連対が多い。6番人気以下で連対した5頭のうち4頭が6歳馬、残る1頭が7歳馬。穴で6、7歳馬に注意。前走G2は[0-1-4-18]で1連対のみ。前走G1は[7-3-2-23]で10連対。前年秋のG1から直行した人気馬に注目。

ペルシアンナイトは昨年アーリントンCで重賞初制覇を飾り、皐月賞で1分57秒8で走ってアルアインにクビ差の2着。ダービーは7着、富士S(不良)は5着に終わったが、マイルCSを後方からメンバー2位の33.9秒で直線一気を決め、1分33秒8(稍重)で制した。直線に向いたときはかなり厳しい位置にいたが、Mデムーロ騎手が馬群を捌いて持ってきた。芝1800mは[1-1-0-0]で新馬戦を勝ち、アイビーSでソウルスターリングに0.3秒差の2着がある。芝1800mはベストに近い。中山では皐月賞2着があるが、内を上手く立ち回ったことが大きかった。目標は先だけに休み明けでどこまで仕上げてくるか。中山記念でMデムーロ騎手は[3-1-0-0]、過去10年では[3-0-0-0]で勝率100%。

ヴィブロスは16年の秋華賞馬。昨年ドバーターフを制した。2走前の府中牝馬Sは内ラチ沿いの6番手からメンバー3位の33.2秒で伸びてクビ差の2着。逃げ切ったクロコスミアより2キロ重い56キロを背負っていた。前走エリザベス女王杯は4番手から伸び切れず0.3秒差の5着。スローペースで道中力んで走っていたことが影響したのか。ルメール騎手は2200mは少し長いとコメントしている。昨年の中山記念は中団から早めに上がったが、直線で伸び切れず0.3秒差の5着。今年もドバイターフが控えており、昨年より2キロ重い56キロを背負う。内田博騎手では[0-0-0-3]。叩き台に徹するのだろうか。

NHKマイルC勝ち馬アエロリット、ドバイターフ勝ち馬、福島記念勝ち馬ウインブライト、札幌記念勝ち馬サクラアンプルール、OP特別2連勝中のマイネルハニー、小倉大賞典勝ち馬マルターズアポジーなど。アエロリットはNHKマイルCを2番手から抜け出して1分32秒3で制し、クイーンSを逃げて1分45秒7で2着に2馬身半差をつけて圧勝した。前走秋華賞は2番手から伸び切れず1.2秒差の7着。距離が微妙に長かったが、重馬場が影響している。休み明けは[1-2-0-1]で気性的に久々は苦にしない。中山では[0-2-0-0]でフェアリーS2着がある。開幕週の馬場を味方に前に行ってどこまで踏ん張れるか。

ウインブライトは福島記念を勝ち、前走中山金杯でクビ差の2着。中山は[2-2-0-1]で皐月賞8着を除き連対を確保。中山芝1800mは[2-0-0-0]でスプリングSを勝っている。過去10年で前走中山金杯は[1-0-1-10]でフェデラリストの1連対のみ。得意コースでG1馬の壁を突破するか。サクラアンプルールは昨年の中山記念でメンバー最速タイの33.8秒で内から追い込んで0.1秒差の2着。3走後の札幌記念で重賞初制覇を飾った。前走有馬記念は16着に終わったが、最後の直線で致命的な不利があった。中山芝1800~2000mは[3-1-1-0]。昨年より1キロ重い57キロを背負う。

マイネルハニーはディセンバーS、白富士Sを2連勝。芝1800mは[2-2-1-3]でチャレンジCを勝っている。中山芝1800mではディセンバーS1着、スプリングS2着がある。前に行ってしぶとい脚を使えるタイプ。柴田大騎手が強気の騎乗で粘らせるか。マルターズアポジーはデビューから全て逃げており、福島記念、小倉大賞典、関屋記念を優勝。芝1800mは[3-1-2-1]で小倉大賞典を前半5F57.6秒のハイペースで飛ばして逃げ切っている。中10年で逃げ馬は[0-2-2-6]、良馬場で8番人気以内なら[0-1-2-1]。開幕週の馬場を味方に粘り込むか。テン乗りの柴田善騎手に乗り替わる。



阪急杯 レース展望
2018-02-21 21:32:00
テーマ: レース展望
過去10年で1番人気は[2-2-1-5]で4連対。G1馬は[2-1-0-1]だが、G1勝ちがない馬は[0-1-1-4]で不振。2番人気は[3-1-1-5]で4連対、3番人気は[1-2-0-7]で3連対。連対馬17頭が5番人気以内、残る3頭は7、7、8番人気。最近5年の馬連は5倍、36倍、33倍、15倍、130倍。昨年は単勝1.6倍の1番人気のシュウジ、2番人気のロサギガンティアが崩れ、7-4-12番人気で馬連130倍、3連単24831倍の大波乱になった。

連対馬20頭のうち前走連対は4頭のみ。前走10着以下から4頭が連対しており、前走重賞なら着順は問われない。最近は前走重賞で4着前後に負けた馬の巻き返しが目立つ。前走重賞以外は[1-0-3-41]で1連対のみ。4歳[2-3-7-20]、5歳[6-3-1-31]、6歳[1-3-1-38]、7歳以上[1-1-1-39]。5歳馬は4番人気以内[5-3-0-6]、5番人気以下[1-0-1-25]。人気馬に注目。7歳以上は7、8番人気が連対。穴で高齢馬に注意。

レッドファルクスはスプリンターズSを2連覇。直線ではかなり厳しい位置にいたが、メンバー2位タイの33.0秒で差し切った。前走マイルCSは中団から伸び切れず0.4秒差の8着。距離1600mの影響があるのかもしれないが、直線でごちゃついたことが堪えている。芝1400mは[2-1-0-3]で昨年の京王杯SCを1分23秒2(重)で制している。58キロでは京王杯SC1着、安田記念3着がある。休み明けは[4-0-1-4]だが、高松宮記念前にどこまで仕上げてくるか。Mデムーロ騎手が中山記念でペルシアンナイトに騎乗するため、16年のコーラルSで騎乗した川田騎手に乗り替わる。

モズアスコットは芝1600mの未勝利、500万条件、芝1400mの1000万、1600万条件を4連勝。前走阪神カップは中団からメンバー8位タイの34.3秒で伸びて0.4秒差の4着。ハイペースで中盤から大外を回って上がって行ったが、直線で一杯になった。それでも重賞初挑戦で1分19秒9で走って4着なら今後のメドは立ったか。今回はG1馬レッドファルクスはいるが、それを除くと阪神カップよりメンバーが楽になっている。レッドファルクスとは斤量2キロ差あれば対抗できるかもしれない。矢作厩舎のフランケル産駒。これからG1に出走するためには賞金加算が必要になる。

フィリーズレビュー勝ち馬カラクレナイ、相手なりに堅実に走るディバインコード、北九州記念勝ち馬ダイアナヘイロー、阪急杯&スワンS2着馬ヒルノデイバロー、16年の阪神カップ勝ち馬シュウジ、前走阪神カップ6着のモーニン、前走カーバンクルS2着のペイシャフェリシタなど。カラクレナイは阪神芝1400mで2戦2勝でフィリーズレビューで大外一気で勝っている。昨秋は惨敗が続いたが、京都金杯6着、シルクロードS4着と復調気配。ディバインコードは前走東京新聞杯で5着に終わったが、2着サトノアレスとは0.1秒差だった。芝1400mは[2-1-2-0]。ベストの距離で前に行ってどこまで踏ん張れるか。


フェブラリーS レース展望
2018-02-15 21:56:00
テーマ: レース展望
過去10年で1番人気は[4-1-2-3]で5連対。4、5歳馬が初ダートでなければ[3-1-0-0]。連対した4頭はダートG1で勝ち星があり、前走ダート重賞で連対していた。単勝3倍以上は[1-0-0-2]。混戦で人気が割れたときは過信禁物。2番人気は[1-2-2-5]で3連対、3番人気は[2-2-2-4]で4連対。連対馬15頭が5番人気以内、残る5頭は6、7、7、9、16番人気。最近5年の馬連は103倍、843倍、15倍、6倍、14倍で万馬券が2回。ダート重賞実績馬が揃うが波乱に注意。

連対馬15頭が前走3着以内、17頭が前走5着以内。前走G1は5着以内、前走G1以外は3着以内が目安。前走10着以下は[1-0-1-21]で不振。前走重賞好走馬を重視。連対馬14頭にダートG1勝ち、2頭にG1-3着があった。ダートG1実績が問われる。前走ダート重賞で好走したG1実績馬に注目。関東馬[0-2-1-23]、関西馬[10-7-9-100]で関西馬が活躍。最近6年のうち5年で関西馬が1~3着を独占。関東馬の連対は1、3番人気の2頭のみ。4番人気以下の関東馬は[0-0-0-21]。

ゴールドドリームは前走チャンピオンズCを後方からメンバー2位の35.2秒で差し切って1分50秒1で優勝。2着に粘ったテイエムジンソクとはクビ差だった。16年のチャンピオンズCは出遅れた後に折り合いを欠いて12着に終わったが、昨年はムーア騎手が騎乗してレースぶりが一変した。東京ダ1600mは[3-1-0-0]でフェブラリーS、ユニコーンSを勝ち、武蔵野Sで2着がある。休み明けは[1-2-0-2]で取りこぼしが多いが、最終調教は坂路で49.8秒の1番時計を出している。15年以降のの東京ダ1600mで1番人気なら[5-0-1-2]で勝率62.5%。枠順と馬場傾向に注意したい。

テイエムジンソクは昨年5月に古川騎手に乗り替わってから[5-2-0-0]でみやこSと東海Sを制した。2着に負けたエルムSは勝負どころでドリームキラリを交わさずにタメ過ぎたことが影響している。チャンピオンズCは最後にゴールドドリームに差されたが、初のG1、初の左回りで2着なら悪くない。道中少しタメ過ぎた感がある。心肺機能が高く、自分のリズムで走ると最後までしぶとい脚を使えるタイプ。少々流れが速くなっても簡単にはバテないが、途中でプレッシャーをかけられてリズムが崩れると詰めが甘くなる。今回は前に行きそうな短距離馬が数頭いる。死角を突かれたときにどこまで踏ん張れるかがカギ。

前走根岸Sを勝ったノンコノユメ、同2着馬サンライズノヴァ、前走川崎記念を勝ったケイティブレイブ、同3着馬アウォーディー、同5着馬サウンドトゥルー、昨年のフェブラリーS2着馬ベストウォーリア、昨年の武蔵野S勝ち馬インカンテーション、昨年のスプリンターズS2着馬レッツゴードンキ、昨年のプロキオンS勝ち馬キングズガード、昨年のエルムS勝ち馬ロンドンタウンなど。ノンコノユメは去勢してから不振が続いていたが、前走根岸Sをメンバー最速の34.2秒で差し切って1分21秒5(重)のレコードで優勝。以前の末脚が蘇った。東京ダ1600mは[4-1-1-2]で16年のフェブラリーSで2着がある。

サンライズノヴァは東京ダート[3-1-0-1]でユニコーンS1着、根岸S2着がある。前走根岸Sは最後のノンコノユメに交わされてハナ差の2着。ノンコノユメは58キロ、サンライズノヴァは56キロだったが、今回は同斤の57キロになる。過去10年で4歳馬は[4-3-1-28]、3番人気以内なら[2-2-0-4]。昨年以降のG1で戸崎騎手は[0-1-1-14]。昨秋のG1は12戦のうち8戦で外国人騎手が優勝。古馬G1は武豊騎手の2勝(キタサンブラック)を除くと全て外国人騎手が勝っている。ゴールドドリームはムーア騎手、サウンドトゥルーはミナリク騎手、ベストウォーリアはルメール騎手が騎乗する。

ダイヤモンドS レース展望
2018-02-14 22:34:00
テーマ: レース展望
過去10年で1番人気は[6-1-0-3]で7連対。56キロ以下は[2-1-0-3]だが、57キロ以上は[4-0-0-0]で勝率100%。2番人気は[2-3-2-3]で5連対、3番人気は[0-0-1-9]で連対なし。6~9番人気と10番人気以下が各2連対。以前は極端な人気薄が激走して大波乱があったが、最近5年の馬連は19倍、15倍、9倍、33倍、20倍で中穴までに収まっている。

トップハンデは[3-3-0-7]で6連対。5番人気以内は[3-3-0-4]で連対率60%。13年以降は[2-3-0-1]で毎年連対している。6番人気以下は[0-0-0-3]で不振。関東馬[5-7-3-59]で12連対、関西馬[5-3-7-62]で8連対。6番人気以下では関東馬[1-2-3-46]、関西馬[0-1-4-44]。穴で前走重賞以外で負けて斤量が軽くなった関東馬に注意。

フェイムゲームは国内の芝3000m以上では、ダイヤモンドS1、1、2、6着、天皇賞(春)6、2、8着、ステイヤーズS2着。過去4年のダイヤモンドSでの斤量は55キロ、58キロ、58.5キロ、58キロ。今年はトップハンデ58.5キロを背負う。ハンデ2位のヤマカツライデン、プレストウィックは55キロで3.5キロ差があるが、重賞勝ち馬が自分しかいないメンバーだけに仕方ない。ルメール騎手では[1-0-0-1]で昨年の目黒記念を勝っている。ハーツクライ産駒。スタミナと地力で他馬を圧倒するか。

昨年のAR共和国杯2着馬ソールインパクト、昨年のステイヤーズS3着馬プレストウィック、昨年のダイヤモンドS2着馬ラブラドライト、前走早春S4着のホウオウドリーム、前走AJCC7着のレジェンドセラー、前走万葉S2着のリッジマン、前走函館記念3着のヤマカツライデン、前走比叡S6着のリッチーリッチーなど。ソールインパクトはAR共和国杯でスワーヴリチャードに0.4秒差の2着。前走日経新春杯はスローの上がり勝負で11着。東京の長距離戦では[1-1-3-0]。極端な上がり勝負にならなければ。

プレストウィックは前走ステイヤーズSで2着フェイムゲームに0.3秒差の3着。斤量は1キロ差から3.5キロ差に広がる。切れより地力タイプで長い距離は得意。戸崎騎手に乗り替わる。ラブラドライトは昨年のダイヤモンドSで先行して0.2秒差の2着。今年は2キロ重い53キロを背負う。近走不振の9歳馬。ひと叩きされてどこまで上向いてくるか。ホウオウドリームは東京芝2400m[3-0-0-1]で上がりは全てメンバー最速。母はメジロドーベル。格上挑戦のため52キロで出走できる。テン乗りの松岡騎手に乗り替わる。


共同通信杯 レース展望
2018-02-07 19:52:00
テーマ: レース展望
過去10年で1番人気は[2-2-2-4]で4連対。関東馬は[2-1-1-1]、関西馬は[0-1-1-3]。関西馬は連対を外すことが多い。2番人気は[2-3-1-4]で5連対、3番人気は[3-1-2-4]で4連対。連対馬16頭が5番人気以内、残る4頭は6番人気。最近5年の馬連は11倍、6倍、7倍、96倍、34倍。堅い決着が続いていたが、最近2年は6番人気が連対して中穴決着になった。

連対馬13頭が前走連対、19頭が前走4着以内。前走5~9着は[0-1-2-31]、10着以下は[0-0-1-10]。連対馬13頭が前走OP以上で3着以内。前走OP以上で好走した馬を重視。東京芝1800mは紛れが少なく実力馬に有利。連対馬13頭に前2走以内に重賞3着以内またはOP特別3着以内があった。OP以上の芝1800~2000mで実績のある人気馬が活躍。初勝利直後では通用しにくい。

グレイルは新馬、京都2歳Sを連勝。不良馬場の新馬戦は好位からメンバー最速タイの36.1秒で抜け出して2分12秒9で優勝。京都2歳Sは4番手からメンバー最速の34.0秒で差し切り、2分1秒6で優勝。頭差の2着タイムフライヤーはホープフルS、3着ケイティクレバーは若駒S、4着アイトーンは福寿草特別を制している。セレクトセールで6048万円で取り引きされたハーツクライ産駒で野中厩舎の管理馬。半兄にロジチャリス(ダービー卿CT)がいる。初の左回り、距離1F短縮をクリアして無敗のまま皐月賞か。

ステイフーリッシュは中京芝2000mの新馬戦を好位からメンバー最速の33.8秒で抜け出して2馬身半差で圧勝。前走ホープフルSは後方から勝負どころで押し上げ、メンバー2位の35.9秒で上がって2着ジャンダルムにクビ差の3着。直線でエンジンの掛かりが遅かったが、最後にいい脚を使って2着馬に迫った。新馬戦を勝った直後の重賞挑戦でキャリアの浅さが出たが、上位2頭と大きな能力差はないのではないか。450キロと小柄なステイゴールド産駒。前走厳しいレースを経験できた。3戦連続で中谷騎手が騎乗する。

前走百日草特別を勝ったゴーフォザサミット、東京芝1800mの新馬戦を勝ったサトノソルタス、中山芝1800mの未勝利戦を勝ったブレステイキング、前走シンザン記念5着のカフジバンガード、未勝利&500万条件を連勝したオウケンムーン、二ノ宮厩舎のエイムアンドエンドなど。ゴーフォザサミットは百日草特別を3番手からメンバー最速タイの33.6秒で抜け出して優勝。セレクトセールで4644万円で取り引きされたハーツクライ産駒で半兄にショウナンマイティ。過去10年の共同通信杯で藤沢和厩舎は[0-0-1-5]。

サトノソルタスは不良馬場の新馬戦を2番手から抜け出して1分58秒3で優勝。単勝1.5倍の断然人気に応えた。ブレステイキングは未勝利戦を好位からメンバー最速の36.2秒で差し切って1分50秒1で優勝。この2頭は堀厩舎のディープインパクト産駒。どちらかにムーア騎手が騎乗する。エイムアンドエンドは東京芝2000mの未勝利戦を好位から抜け出して2分1秒3で優勝。前走京成杯で好位から伸び切れず10着に終わった。過去10年の共同通信杯で二ノ宮厩舎は[3-0-0-1]。ドイツのミナリク騎手が騎乗する。


ページの先頭へ