WAKUWAKU競馬道場★18年目の老舗サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼16 コメント4
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年5月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

日本ダービー レース展望
2017-05-25 21:49:00
テーマ: レース展望
5月28日(日)に行われる日本ダービーのレース展望です。


目黒記念 レース展望
2017-05-24 21:56:00
テーマ: レース展望
5月28日(日)に行われる目黒記念のレース展望です。

オークス 相馬眼予想
2017-05-21 12:06:00
テーマ: 重賞予想
事後公開します。

<予想結果>
東京11R オークス
◎アドマイヤミヤビ 3着
穴○モズカッチャン 2着
▲ソウルスターリング 1着

馬連2,290円的中!(10点)
ワイド1,680円的中!(2点)本線
ワイド370円的中!(2点)本線
3連複4,600円的中!(16点)


■相馬眼予想(抜粋)

東京は晴れ、芝ダートとも良馬場。今週もBコースで行われる。土曜は内を通って前につけた馬が有利で流れが緩んだレースでは上がりが速かった。先週は馬場が渋って各馬が内を避けたことで土曜は内が荒れておらず、内を通ってある程度前につけ高速ラップでまとめた馬が好走したレースが多かった。ただし先週と同様に外めからの差しが決まったレースもあった。外から差すには強烈な決め手が必要になる。

日曜はメインまで芝戦は5レース行われる。それでも内側が荒れず、土曜の傾向が続く可能性があるが、内が荒れてくるとまた外が伸びるようになる可能性もある。土曜の傾向を考慮して内枠から内をロスなく回ってひと脚使える馬に注意したい。オークスでは決め手が問われ、差し追い込み馬が活躍している。土曜の傾向から直線一気は決まりにくいため、中団あたりから強烈な末脚を繰り出せる馬を注意したい。

次に展開だが、逃げるのはヤマカツグレース。好位にレーヌミノル、モーヴサファイア、ソウルスターリング、ブラックスビーチ、中団にフローレスマジック、モズカッチャン、アドマイヤミヤビ、リスグラシュー、カリビアンゴールド、ディアドラ、後方からミスパンテール、ホウオウパフューム、レッドコルディス、ハローユニコーンといった展開。ヤマカツグレースが単騎逃げでレーヌミノルは競りかけず、スローペースが濃厚。

過去5年の前半5Fと連対馬の脚質は、59.1秒(追込-差し)、59.6秒(差し-差し)、60.7秒(差し-追込)、61.3秒(差し-好位)、59.8秒(追込-追込)。15年は前半5F61.3秒のスローペースになったが、ラスト5F58.6秒で全て11秒台のラップになった。スローペースになると高速ラップの持続力が問われる。今年は流れが緩みそう。持続力があり、追って味のあるタイプを重視したい。

今年は重賞勝ち馬が5頭、3歳重賞勝ち馬が4頭、重賞2着馬が4頭、3歳重賞2着馬が2頭。重賞で3着以内がない馬が8頭もいる。上位馬と重賞実績のない馬には大きさ差がある。阪神JF1、2、3着馬が桜花賞で3、2、1着で勢力図に大きな変化はなかったが、東京芝2400mで阪神芝1600mとは違う。さらに桜花賞は稍重だった。距離延長、東京コース、良馬場でパフォーマンスを引き上げる馬がいるのではないか。

過去10年の連対馬20頭の脚質は逃げ1先行1、差し10追込8で差し追い込み馬が活躍している。流れが緩んでもタフな東京芝2400mで差し追い込みが決まりやすい。過去5年の勝ち馬の上がりは1、1、3、1、1位、2着馬は3、1、1、5、1位、3着馬は6、3、4、4、7位。連対するには最速上がりか、3位以内の上がりを繰り出す必要がある。3着には6番手前後につけた馬が4位前後の上がりで粘っている。

今年は内を通った馬が有利な馬場でスローペースになると内を通ってある程度前につけた馬が高速ラップでまとめて粘り込む可能性がある。これを最も生かせそうなのが社台のソウルスターリング。桜花賞は渋った馬場で伸び切れず3着に終わったが、1分33秒2で圧勝したチューリップ賞はレベルが高く、絶対能力が高いことを示している。ただし抜け出すとフワフワしているようにそれほど追って味のあるタイプではない。

内ラチ沿いをロスなく進み、直線で馬群を捌いてタイミング良く抜け出せれば勝ってもおかしくないが、外差しが決まる馬場になったり、直線で馬群を捌くのに手間取ったり、抜け出してフワフワすると連対を外すことも考えれる。日曜に使い込まれて馬場がどちらに転ぶかが読みにくいため、内から捌ける馬、外から差せる馬の両面から狙ってみたい。過去5年のオークスはラスト1Fが11秒台。追って味のあるタイプを重視したい。

クイーンCを1分33秒2の好タイムで勝ったアドマイヤミヤビを狙う。クイーンCでは2着アエロリット(NHKマイルC)、3着フローレスマジック(アルテミスS2着、フローラS3着)、4着レーヌミノル(桜花賞)を相手にしなかった。前走桜花賞は行きっぷりが悪く12着に惨敗したが、脱糞中にスタートを切られた影響があったのではないか。稍重の未勝利戦を勝っているだけに渋った馬場が絶対的な敗因とは考えにくい。

東京では2戦2勝。陣営は当初からオークスを目標にしており、東京コースを経験させている。クイーンCでメンバー2位の33.9秒で上がったアエロリットの上がりを0.3秒上回ったことが能力の高さを示している。外枠に入ったため、スローペースで内&前が有利になると楽ではないが、タフな東京芝2400mなら距離適性、末脚の威力、体力でカバーできるのではないか。不利な外枠を克服し、Mデムーロ騎手が持ってくる。

穴はモズカッチャン。前走フローラSはラスト100mでヤマカツグレースと3馬身差があったが、そこからガツンと伸びて差し切ったことを評価したい。スローペースで折り合いを欠かず、馬込みで我慢でき、追って味があり、最後まで諦めない勝負根性がある。92年以降のオークスで3頭出し厩舎は2戦2勝。外差しが決まる馬場にシフトすると厳しくなるが、土曜の傾向が続けば、フローラSと同じ1枠1番から激走がありえる。

ソウルスターリングは良馬場では4戦4勝で1分33秒2で圧勝したチューリップ賞が高レベル。土曜の馬場傾向が続き、スローの上がり勝負になれば勝ち負けできる。

<予想結果>
東京11R オークス
◎アドマイヤミヤビ 3着
穴○モズカッチャン 2着
▲ソウルスターリング 1着

馬連2,290円的中!(10点)
ワイド1,680円的中!(2点)本線
ワイド370円的中!(2点)本線
3連複4,600円的中!(16点)

---
買い目は馬単2点、ワイド2点、馬連10点、3連複16点、3連単40点。

穴馬を3連単の1着にマークし、大穴馬を入れて高配当を狙いました。

3連単は23点が500倍以上、13点が1000倍以上、6点が3000倍以上。

好位の内から抜け出す1番人気のソウルスターリングを負かせる馬がいるかが焦点。

過去10年の連対馬の脚質は逃げ1先行1、差し10追込8で差し追い込み馬が活躍。

過去5年の勝ち馬の上がりは1、1、3、1、1位、2着馬は3、1、1、5、1位。

末脚に威力があり、追って味のある馬が激走するとみています。

G1で高配当をゲットするチャンス!!!

このブログはプレミアムブログです。


750pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

最終更新日時:2017-05-21 19:19:26
オークス 調教診断&有力馬診断
2017-05-20 21:12:00
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断(抜粋)

■[7-]ソウルスターリング 1着(1位評価)
南Wで3頭併せで軽く仕掛けられて先着。前向きさがあり、最後まで集中して走っていた。前走負けたが、馬体、気配落ちていない。デキは安定。

■[6+-]アドマイヤミヤビ 3着(4位評価)
栗坂で馬なり調教。1週前にCWで3頭併せで追い、直前は余力残し。軽めで動きに派手さはないが、馬体の張り、気配は落ちていない。順調。

■[6+-]モズカッチャン 2着(6位評価)
栗坂で強めに追われた。力強い脚捌きで最後までしっかり伸びた。使い込んでいるが、馬体、気配とも変わりなく、前走勝ったデキをキープ。

■有力馬診断

■[6+]アドマイヤミヤビ 3着(1位評価)

未勝利、百日草特別、クイーンCを3連勝し、桜花賞で2番人気に支持された馬。未勝利戦では直線でトップギアに入ったときに他馬が一瞬止まって見えた。こういうレースをした馬はG1で激走することが多い。百日草特別は中団からメンバー2位タイの33.5秒で差し切って快勝。2着のカデナは京都2歳S、弥生賞を連勝した。クイーンCは中団からメンバー最速の33.6秒で差し切って快勝。前半5F59.1秒でレースのラスト3Fは11.3-11.2-11.6秒の高速ラップ。勝ちタイム1分33秒2は今年の東京芝1600mで2位のタイム。4着レーヌミノルは次走桜花賞を制した。2着アエロリットは次走桜花賞で5着に終わったが、2走後にNHKマイルCを今年1位の1分32秒3の好タイムで制している。アドマイヤミヤビはメンバー2位の33.9秒で上がったアエロリットの上がりを0.3秒上回っている。

前走桜花賞は行きっぷりが悪く後方2番手から大外を回って追い込んで12着。道中は鞭を入れて追走し、3、4コーナーで大外をブン回して一気に脚を使い、直線ではMデムーロ騎手があきらめて目一杯に追わなかった。稍重の阪神芝1600mの未勝利戦を勝っているだけに渋った馬場が絶対的な敗因とは考えにくい。パトロールビデオを拡大して見るとゲートが開いた瞬間に股間から大きな糞が落ちているのが見える。脱糞中にスタートを切られた影響がどこまであるかは分からないが、あそこまで行きっぷりが悪い馬ではないことを考えると多少は影響があったのだろう。東京芝は2戦2勝。クイーンCを1分33秒2の好タイムで勝ったため桜花賞を使ったが、陣営は当初からオークスを目標にしていた。最終調教を見る限り絶好調には映らないが、仕上がりは悪くない。前走桜花賞で惨敗したため陣営が人気面を考慮した感がある。

土曜は内を通ってある程度前につけた馬が有利で流れが緩むとオークスでも内&前が有利になる可能性がある。先週は馬場が渋って各馬が内を避けていたことで今週は内が荒れておらず、内を通った馬が高速ラップでまとめて粘り込んでいる。土曜の傾向から内が有利なため、各騎手の意識は内に行きやすいが、フルゲート18頭で内がごちゃつく可能性もある。さらに日曜はメインまで芝戦は5レース行われる。それによって内が荒れてくるとまた外が伸びるようになる可能性もある。内が有利な馬場でも、距離適性、末脚の威力、体力でカバーできないか。先週のヴィクトリアマイルで近藤氏のG1連敗がストップした。昨年はサトノダイヤモンドが里見氏のG1初勝利を飾るとその後サトノアレス、サトノクラウンとガードが外れたかのようにG1を勝ちまくった。絶対的に内&前が有利な馬場&展開にならなければ勝ち負けできる。

■[6+]モズカッチャン 2着(2位評価)(穴馬)

未勝利、500万条件、フローラSを3連勝。小倉芝1800mの未勝利戦は後方から大外を捲ってメンバー最速の34.2秒で差し切り、2馬身半差で圧勝。レースのラスト3Fは12.3-11.8-11.4秒で尻上がり。一頭だけ次元の違うレースぶりだった。中山芝1800mの500万条件は好位から早めに動いて勝ちに行き、メンバー5位の36.6秒(小雨で緩い馬場)で激しい叩き合いを制して1分51秒8で優勝。2着ビービーガウディは次走東京芝2300mの新緑賞(500万条件)を中団から高速ラップでまとめて勝っている。前走フローラSは1枠1番スタートから内ラチ沿いの7番手につけ、直線で馬群を割ってメンバー最速タイの33.8秒で差し切って優勝。前半5F61.5秒のスローペースで2、3、1番手につけた馬が2、3、4着に粘ったが、最速上がりで最後にガツンと伸びて前残りの展開を覆した。

直線でヤマカツグレースが抜け出し、ラスト100mで3馬身差があったが、そこからガツンと伸びて差し切ったことを評価したい。誰もがヤマカツグレースに勝たれたと思ったレースを最後に覆したのである。これには鮫島調教師も驚いたようだ。追って味があり、最後まで諦めない勝負根性がある。ガツンと追える和田騎手も合っているのだろう。JRA発表のレーティングは過去13年で最高タイの106。同じ106のベッラレイア、チェッキーノはオークスで2着に入っている。フローラS当日は4Rまで稍重。東京は馬場が乾く途中で内が有利になることが多く、実際フローラSは内をロスなく回った馬が上位に来ている。内が有利な馬場でスローペースというのは、土曜のレース傾向、今回のメンバーから当てはまりそうな雰囲気。フローラSで一発があるとみて穴馬で狙ったモズカッチャンは、オークスでも1枠1番に入った。

スローペースで折り合いを欠かず、馬込みで我慢でき、最後にひと脚使える。同じ1枠に入ったソウルスターリングもスローなら高速ラップでまとめそうだが、ソウルスターリングは素質と絶対能力の高さで勝ってきており、それほど追って味のあるタイプではない。モズカッチャンはこれまでのレースを見る限り、追って味がある。東京芝2400mのオークスでは追って味のあるタイプが強い。鮫島厩舎は3頭出しになるが、18頭がフルゲートとなった92年以降のオークスで3頭出し厩舎は、96年の伊藤雄厩舎、00年の山内厩舎の2回あるが、前者はエアグルーヴ、後者はシルクプリマドンナで勝っている。フローラSと同じ1枠1番に入ったが、内が有利な馬場でも前走がフロック視されて人気がない。内ラチ沿いをロスなく回り、前を捕まえられる位置につけ、直線で馬群を捌けるかがポイント。剛腕・和田騎手がガツンと追って持ってくる。

---
調教診断は7頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。

有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

今年のオークスのポイント、どういう馬が有利かなど、

土曜の馬場傾向を踏まえた上で詳しく分析しました。

このブログはプレミアムブログです。


200pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

最終更新日時:2017-05-21 19:20:17
平安S 相馬眼予想
2017-05-20 12:07:00
テーマ: 重賞予想
<予想結果>
京都11R 平安S
◎グレイトパール 1着
☆クリソライト 2着

馬連2,480円的中!


---
買い目は馬単2点、ワイド2点、馬連10点、3連複14点、3連単28点。

過去4年の平安Sは道中3番手以内につけた2頭が必ず3着以内に入っている。

今年も前残りに注意が必要だが、今年は例年より前に行く馬が揃っている。

このあたりをどう考えるかが、ひとつのポイント!

平安Sは○○○○タイプが激走することが多い。

穴は○○○○タイプのあの馬。

3連単は3着を手広くして高配当を狙いました。

このブログはプレミアムブログです。


500pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

最終更新日時:2017-05-20 18:07:01
ページの先頭へ