WAKUWAKU競馬道場★19年目の老舗サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね27 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2018年1月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

AJCC 相馬眼予想
2018-01-21 12:18:00
テーマ: 重賞予想
買い目は馬単4点、ワイド2点、馬連7点、3連複14点、3連単30点。

中山芝2200mで2戦2勝のミッキースワローが1番人気に支持された。

4歳馬ダンビュライト(Mデムーロ)、レジェンドセラー(ルメール)も人気。

4歳馬は古馬相手のG2で通用するのかどうかが最大のポイント。

カギになるレースがある。それをどう読み解くかが予想のポイント。

穴馬○、大穴馬▲で高配当を狙いました。

正月明けに大きな仕事をしてくれるはず!!!


PREMIUM POST

500円 購入する
東海S 相馬眼予想
2018-01-21 12:17:00
テーマ: 重賞予想
買い目は馬単4点、ワイド2点、馬連7点、3連複10点、3連単26点。

テイエムジンソクが単勝1.4倍の断然人気に支持されている。

チャンピオンズC2着と同じコースでメンバー弱化、斤量1キロ減。

あっさりもあるが、死角を突かれた場合に詰めが甘くなる可能性。

1着固定で狙う手もあるが、馬券は敢えてそこを考慮しました。

テイエムジンソクの動き次第で穴馬▲の一発があるとみています。


PREMIUM POST

500円 購入する
1月20日(土)万馬券プロジェクト 中山11R アレキサンドライトS
2018-01-20 11:57:00
テーマ: 万馬券プロジェクト
買い目は馬連7点、3連単30点。

10番人気以下の穴馬▲を絡めて高配当を狙いました。

もう1頭10番人気以下を絡めています。

穴馬が激走すると3連単は20万超えになりそうです。


PREMIUM POST

150円 購入する
1月20日(土)万馬券プロジェクト 中山10R 東雲賞
2018-01-20 11:57:00  (最終更新日時:2018-01-20 18:54:46)
テーマ: 万馬券プロジェクト
<予想結果>
中山10R 東雲賞
◎モアナ 1着
穴○ショウナンアンセム 2着(8人気)
▲シャララ 3着

馬連1,500円的中!(6点)
3連単14,640円的中!(24点)


◎○▲で完全的中!

穴馬ショウナンアンセムが2着に激走しました。

馬単は2,600円、ワイドは680円。

有料版競馬道場では万馬券プロジェクトでもう1本万馬券を的中しました。

京都11R すばるS
◎コウエイエンブレム 2着
穴○サウススターマン 3着(6人気)
△ドライヴナイト 1着

馬連990円的中!(6点)
3連単17,380円的中!(24点)


穴馬サウススターマンが激走!

24週連続で穴馬が激走しました。

---
買い目は馬連6点、3連単24点。

激走の条件が揃ったのにも関わらず、人気の盲点になった穴馬○がいます。

個人的には妙味のある馬単・馬連・ワイド◎→○も買う予定。

ここで資金を増やして中山11Rで爆発させたい!

PREMIUM POST

150円 購入する
日経新春杯 レース回顧
2018-01-19 18:40:00
テーマ: レース回顧
パフォーマプロミスは内ラチ沿いの3番手につけ、メンバー最速の34.4秒で最後にロードヴァンドールを交わして重賞初制覇。勝ちタイムは2分26秒3。ロードヴァンドールが逃げて前半5F62.0秒のスローペース。中盤に13.0-13.0-12.6秒とラップが緩んで後半5F59.4秒。ラスト3Fは34.6秒でラップは11.6-11.4-11.6秒。流れが緩んで完全前残りになった。パフォーマプロミスは6枠7番からスタートを決めてすぐに内ラチ沿いの3番手につけたMデムーロ騎手の好騎乗が大きかった。Mデムーロ騎手はこの日6勝し自己新記録。前走条件戦に出走した馬が1番人気に支持され、結果を出すあたりはさすがにMデムーロ騎手。パフォーマプロミスは追ってバテないタイプ。Mデムーロ騎手の好騎乗、54キロなど恵まれた面があったが、今年の層の薄い長距離路線でやっていけそうだ。

ロードヴァンドールは前半5F62.0秒のスローペースで逃げ、ラスト3Fを11.6-11.4-11.6秒でまとめたが、最後にパフォーマプロミスに交わされてクビ差の2着。横山典騎手、武豊騎手がハナを切ると誰もプレッシャーをかけられない。展開は騎手の上下関係を考慮する必要がある。横山典騎手が前残りの展開を作ったが、Mデムーロ騎手に読まれていた。横山典騎手の進言で芝2400mを使ったが、長い距離にメドを立てたことで今後レース選択の幅が広がる。昆厩舎の管理馬は心肺機能が鍛えられており、バテそうでバテない。ダイワメジャー産駒は芝2000m以上の重賞で[0-6-5-74]で未勝利。ロードヴァンドールが距離の壁を破る可能性がある。

ガンコは2番手からメンバー3位の34.8秒でしぶとく伸びて0.3秒差の3着。前走1000万条件を勝って格上挑戦できた馬が52キロの軽ハンデで激走した。スローペースで前残りの展開が味方したのは確かだが、昨年の勝ち馬で4着ミッキーロケットに4馬身差をつけている。前走江坂特別でラヴィエベールを完封したのはダテではないということか。

ミッキーロケットは好位につけ、勝負どころで外を回って早めに上がって行ったが、直線で一杯になって0.9秒差の4着。京都外回りのスローの上がり勝負で外から動くとよほど能力が抜けた馬でないと直線で伸び切れないことが多い。負けても善戦するため、ハンデは軽くならない。今後も勝ち切れないレースが続きそうだ。

モンドインテロは後方から全く伸びずに1.4秒差の7着。ルメール騎手は馬場が悪く2回ぐらい躓いたとコメント。前残りの展開で後方からでは厳しかった。ひと叩きされ、京都に京都に輸送して馬体12キロ増。そのあたりの影響もあったか。今後はダートを使うプランがある模様。


ページの先頭へ