このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
僕とポコチ
僕とポコチ
カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
月別アーカイブ
2016/7 (1)
川口〜練馬 ハーフ女とダンスタイム
2016/07/22 08:49:00
テーマ: 未設定
今日お話する物語は、ダンスはあるがママが大嘘つき、という困ったお店。

どんなウソか。


例えば女の子。

なんとダンス店に20代前半の子がいるという。


いやいやいや。

ポコチさん、私も色々通いましたが、それをウソと見抜けないようでは…(=´∀`)









いるんすわ( ゚д゚)





この子は本当にいて、
確認済みでなんすわ( ゚д゚)





えっ(´∀`;)






なら…最高じゃないすか
(=´∀`)(=´∀`)



ひゃっほーーっい!!
(=´∀`)人(´∀`=)




ダンスパーティだぁー!!
(=´∀`)人(´∀`)人(´∀`=)



ズッコン!
(=´∀`)(´∀`=)

バッコン!!
(´∀`=)(=´∀`)

ズッコン!
(=´∀`)(=´∀`)

バッコン!!
(´∀`=)(´∀`=)









…( `ω´)イライラ…












バカ野郎(`ω´ )!

                        ∑(゚Д゚)ビクッ




そんなこと言ってるとな。






とんでもねー振替されるぞ…








あの頃の僕は、川口に酔いしれていた。
川口ならこの渇きを癒してくれる。
そう信じていた。

この店に出会うまでは。





僕とポコチの妄想長編小説


※妄想ダンスルーム3つ分のお話になります。

では始めます。
このブログはプレミアムブログです。


2,160pt(円)お支払いすることで、記事全文が、すぐにご覧いただけます。

購入する

ページの先頭へ