このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼33 コメント8
プロフィール
ポカリ
ポカリ
カテゴリー
日記 (117)
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年4月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
近況の走りっぷりから大抜擢
お礼1
2017-04-22 06:10:00
テーマ: 日記

西武園G3 ゴールド・ウイング賞(初日)

第9R(S級一次予選)

初手⇐S①58・⑨3・④7・⑥2

上記初手から細切れの構成は、唯一三車で、しかも1枠貰った予選メインレーサー抜擢・山田 義彦の地元番組

だが慶輪9×8×7のお薦めは、全くのノーマーク〇〇くん

?content_type=blog&content_id=665&type=i

こちらの記事は有料です


2017年04月分の記事は、月額500pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

最終更新日時:2017-04-22 07:29:51
“点数以上の縦脚”
2017-04-15 06:40:00
テーマ: 日記

高知G3 よさこい賞争覇戦(初日)

第1R(S級予選)

初手⇦S①7・②5・⑥④⑧・⑨3

上記初手から細切れの4分線の様相は、前節復調気配を感じた松坂 洋平に絆の固い岡山コンビがに触手が伸びるところだが、慶輪987の狙いは。。。

?content_type=blog&content_id=665&type=i

こちらの記事は有料です


2017年04月分の記事は、月額500pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

それでも出っきる。。。
2017-04-09 16:10:00
テーマ: 日記

川崎G3 桜花賞・海老澤清杯(二日目)

第9R(S級二次予選)

  初手⇐S⑨15・⑧3・②7・⑥4

上記初手想定からの細切れ戦はチャレンジャー⑥小林 史也の押さえ先行に併せるように自在な櫻井 正孝が斬って出す⇐⑥4-②7--⑧3--⑨15で打鐘

引いた⑨渡辺 雄太は。。。

?content_type=blog&content_id=665&type=i

こちらの記事は有料です


2017年04月分の記事は、月額500pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

走る宇都宮バンク
2017-04-07 08:00:00
テーマ: 日記

宇都宮F1 スポーツニッポン杯(初日)

第8レース(S級予選)

初手⇐S⑧5・①46・②9・⑦3

上記初想定から細切れの4分線の様相は、本格先行型が不在。こんな番組で出番が巡って来るのがカマシを武器に戦う⑧佐々木 孝司

点数的には機動型では一番下ではあるが、ここ宇都宮バンクは得意中の得意のお得意様バンク

そこで。。。

?content_type=blog&content_id=665&type=i

こちらの記事は有料です


2017年04月分の記事は、月額500pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

黒子に徹してきた男に賛辞を贈くるべきは。。。
2017-04-03 06:40:00
テーマ: 日記

高知F1 第41回スポーツニッポン杯(最終日)

第11レース S級決勝

初手⇐s①(49)7・⑤2・⑥③8

初日特選と被るレース形態

違うのは初手で①根田 空史が前受けをおそらく選択。そして池田 勇人に頼もしい金子 幸央の存在。これがどのようにもたらすかは、彼らの傾向を想定する事で可能、一つ言える事は、金子の箱である池田 勇人は、これまでの関東勢にとっての功労者。

ビッグでも献身的に平原・武田・後閑を連れた死に役は、違った意味で抜群の存在感をを見せた。そんな黒子に徹してきた男に賛辞を贈くるべきは、何も世話になったマーク屋だけではなく、今後ビッグレースを目指す金子のような若手レーサーであり、今後積み重ねていく宿命。

そこで狙いは。。。

?content_type=blog&content_id=665&type=i

こちらの記事は有料です


2017年04月分の記事は、月額500pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

ページの先頭へ