このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね267 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年5月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
2020/11 (9)
2020/10 (9)
2020/9 (9)
2020/8 (9)
2020/7 (9)
2020/6 (9)
2020/5 (11)
2020/4 (9)
2020/3 (9)
2020/2 (10)
2020/1 (9)
2019/12 (9)
2019/11 (9)
2019/10 (9)
2019/9 (9)
2019/8 (9)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
死者数を少なくするのが日本の対策の目的ではなかったのか
2020-05-29 16:01:00
テーマ: 政治・経済
さらにコロナの死亡者数に注目してデータを調べた。ソースはワールドメーターである。

死者数を少なくするのが日本の対策の重点目標ではなかったのか_c0315619_14211231.png


「日本モデル」の噴飯と操作 – 人口当たり死者数と致死率が示す日本の失敗
2020-05-27 15:57:00
テーマ: 政治・経済
久しぶりにコロナ関係のグラフを作成して最新の数字を確認した。ご笑覧いただきたい。

「日本モデル」の噴飯と操作 – 人口当たり死者数と致死率が示す日本の失敗_c0315619_13192040.png

寝首を掻かれた安倍寵臣 – 大規模で組織的な黒川失脚の諜報工作と成功
2020-05-25 16:25:00
テーマ: 政治・経済
いいね1
寝首を掻かれた安倍寵臣 – 大規模で組織的な黒川失脚の諜報工作と成功_c0315619_13340295.pngあらためて、今回の週刊文春のスクープ弾の意味の大きさを考えさせられる。大きな政治事件だ。黒川弘務が刺客に討ち取られた。今、北村滋と配下は必死になって事件の犯人を捜しているだろう。わずか10日前まで、黒川弘務は次期検事総長の殿上人であり、四選する安倍晋三に寵愛され、改正検察庁法の下で重ねて内閣から任命を受け、68歳になる5年後まで検事総長を続ける身だった。検察庁の河野克俊になって長く君臨するはずだった。黒川弘務は忍び寄る討手の気配を全く感じず、罠を警戒することなく、栄耀栄華の夢に酔って放縦生活を続けていた。今、北村滋は安倍晋三に厳しく叱責されているはずである。黒川弘務の身辺を護衛する立場(JCIA長官)であり、また、黒川弘務は共謀罪を一緒に仕上げた相棒だった。二人は刑事方面の安倍官僚の二枚看板だった。それなりに警護と防諜はしていたのだろうが、刺客団の諜報が一枚上で、JCIAの防御網を突破していたのだ。

黒川弘務を国会証人喚問にかけよ - 賭博と収賄と買春に爛れた検察トップ
2020-05-22 17:12:00
テーマ: 政治・経済
黒川弘務を国会証人喚問にかけよ - 賭博と収賄と買春に爛れた検察トップ_c0315619_15062170.png週刊文春の今回のスクープ報道には本当に驚かされた。最後に賭けマージャンをやっていた5月13日は、国会で検察庁法改正案が重大な争点になり、ネット上で猛烈な反対世論が盛り上がっていた時期だ。週内に強行採決するかどうか緊迫した場面だった。21日の報道1930で経過が解説されていたが、週刊文春は17日午前に黒川弘務に直撃取材を行っている。21日発売の新刊記事の内容が真実かどうか本人に確認するべく、黒川弘務に直接接触して反応を聴き取っている。それは、暴露記事を出すぞという通告でもある。慌てた黒川弘務はすぐに菅義偉にその件を報告し、17日夕に菅義偉が安倍晋三と二人で対応を協議、そこで検察庁法改正案の今国会先送りを決め、18日早朝の読売新聞での発信となった。17日の首相動静を見ると、菅義偉と安倍晋三の二人が5分間面談した事実が記録されている。文春砲の一撃は強烈で、官邸権力は非常事態となった。森友事件以来2年ぶりに政権は崩壊の危機を迎えた。

検察は改心と再起の証明を - 菅原一秀、上野宏史、石崎徹を逮捕・起訴せよ
2020-05-20 17:58:00
テーマ: 政治・経済
検察は改心と再起の証明を - 菅原一秀、上野宏史、石崎徹を逮捕・起訴せよ_c0315619_15412826.png菅原一秀のその後についてはマスコミ報道が出ない。国会にも平然と出ているようだが、カメラがその姿を捉えて放送する場面がない。選挙区内の有権者や自民党の有力者にカニやメロンを贈る買収行為をやり、公職選挙法違反の容疑で厳しく指弾された男である。昨年10月のことだ。買収贈賄リストは菅原一秀自身の指示で作成された事実が秘書の証言によって明らかにされ、「この人カニね」などという生々しい録音の証拠が公開された。その疑惑が国会で追及されている最中に、秘書が有権者の葬儀に出向いて香典を贈るという公選法違反を堂々と行い、週刊文春が現場写真を撮って暴露、世間が騒然となった一幕も記憶に新しい。他にも、秘書給与をピンハネしたり、パーティ券を無料配布したりと、多くの疑惑が上がったまま、この男は何の説明責任も果たさず、鉄面皮のまま国会議員を続けている。ツイッターも活発だ。カメラは河井案里を追いかけるが、菅原一秀は放免している。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
TOP