このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね203 コメント103
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年10月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
フィリピンにおける左派政権の成立 - 脱米のドゥテルテを支持し期待する
2016-10-31 17:37:00
テーマ: 政治・経済
いいね1 コメント1
c0315619_16270420.jpgドゥテルテの意味を考えながら、鶴見良行の『バナナと日本人』を読み返した。1982年に出されたこの岩波新書は黄版を代表する名著で、80年代の日本人の教養書として広く愛読された一冊である。大学を出て社会人になった私にとって、その東南アジア論はきわめて新鮮で、魅力的で、『マングローブの沼地で』『マラッカ物語』『ナマコの眼』等々の諸作品を次々と夢中になって貪り読んだ記憶がある。それらの書籍群は、蔵書の中のいわば一等地のところに鎮座していて、この先も地位に変更があるとは思えない。マルクスとウェーバーの方法では東南アジアの島嶼社会は切れないのだと鶴見良行は言っていた。近代主義の方法のこの地への適用では有効な社会科学の成果を得られないから、自分は違う方法を模索するのであり、小舟に揺られ、波間に漂い、海面の低い目線からマングローブの林に接近する視角で対象を考察するのだと語っていた。鶴見俊輔の従弟であり、ベ平連に参加して活動している。またPARCの設立メンバーであり、現在、反TPPで活躍中の内田聖子とPARCの活動の源流を若い人が知る上でも、この本は有意味な情報提供となるだろう。日本の社会科学の古典であり、若い学生には必読文献である。鶴見俊輔は長生きしたが、鶴見良行の方は残念ながら22年前に早死にした。
こちらの記事は有料です


2016年10月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

反ヘイト法成立から半年 - 不安な予感、高江をめぐる言論構図への当惑
2016-10-29 17:20:00
テーマ: 政治・経済
いいね1 コメント1
c0315619_15453325.jpgいわゆる反ヘイト法の成立から5か月経った。法制定を推進した人々にとっては、この半年はそれなりに満足できる成果が上がり、この法が目的とし理想とする方向に日本社会が変わりつつある時間だったのかもしれない。そのことを示唆する事例は幾つもある。そうした現実に対して水を差すわけではないが、私の中には楽観的な気分とは逆の不安な予感の沈殿があり、それを正直に口に出してみようと思う。1994年の5月に北朝鮮の核開発疑惑の報道を契機として、登下校中の朝鮮学校女子生徒のチマチョゴリが切り裂かれるという事件が頻発したことがあった。同じ事件と被害は、1998年のテポドン1号発射や2002年の拉致被害者「8名死亡」報道の際にも発生している。最近は、北朝鮮が核実験をしてもミサイル発射をしても、この種の忌まわしい事件は起きないが、1994年に起きたときは衝撃だった。なぜ衝撃だったかというと、この1994年という時期は、日本と韓国・北朝鮮との関係が、最も前向きで、まさに未来志向的な空気に包まれていた順風期だったからである。ソウル五輪が1988年、日韓W杯が2002年、河野談話が1993年、村山談話が1995年。坂本義和や下村満子が尽力したアジア女性基金の設立が1995年。そのさなかに、この恐ろしい事件が起きた。
こちらの記事は有料です


2016年10月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

補選の結果と「野党共闘」 - TPP国会で論戦せず欠席する共産党
2016-10-26 17:40:00
テーマ: 政治・経済
いいね1
c0315619_15420759.jpg10月23日に行われた二つの衆院補選で自民党系の候補が圧勝し、「野党共闘」の候補が惨敗した。その一週間前、新潟の知事選で野党候補が事前の予想を覆して勝利し、反安倍・左翼リベラルの陣営は大いに沸き立ったが、その昂奮はわずか一週間でかき消される政治の展開となった。政局の主導権は再び安倍晋三の手に握り直された感がある。新潟知事選の直後は、ネットの中は「野党と市民の共闘の勝利」のフレーズで溢れ、この勢いで衆院選も「野党共闘」が制するのだと咆哮するTwが充満していたが、今は連合叩きや野田佳彦叩きの憎悪のTwが散乱している。補選を落とした責任のなすりつけに議論が向かい、神津里季生が槍玉に上がっている。不思議なのは、新潟知事選に蓮舫が応援に行ったのも野田佳彦の指示だし、補選敗北後に会見に立って批判を受ける役割を演じているにも野田佳彦で、すべて野田佳彦が決めて党を動かしているにもかかわらず、それを知ってか知らずか、しばき隊を筆頭とする左翼が蓮舫を善玉にし、野田佳彦を悪玉にし、党執行部に善悪二つがあるように見なしていることだ。自分が悪役になることで蓮舫への風当たりを弱めている野田佳彦の世論対策だが、しばき隊は野田佳彦の芝居に乗って騒ぎ、蓮舫を左の救世主のように期待を寄せている。
こちらの記事は有料です


2016年10月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

山城博治の勾留決定と再逮捕 - パレスチナ化する沖縄
2016-10-24 17:40:00
テーマ: 政治・経済
c0315619_14271467.jpg先週(10月20日)、山城博治が再逮捕された。容疑は防衛局職員への傷害と公務執行妨害、同時に大和市の牧師(吉田慈)も共犯で逮捕された。沖縄右翼が動画で予告したとおりの結果になった。8月25日にP1裏のテントで起きた事件に関わる容疑で、名簿書類が奪われたとして防衛局側が被害届を出していたものだ。私は、この件での逮捕はないだろうと楽観的な予測を立てていた。その理由は、右翼による動画予告(14日)があった3日後(17日)に、有刺鉄線切断の器物損壊で現行犯逮捕という展開になっていたからである。もし、右翼が予告で言っていたように8月25日の紛争の件で警察が逮捕状を取っていたのであれば、わざわざ別件で現行犯逮捕の手を回して身柄拘束する必要はない。逮捕状を請求して、それを裁判所に蹴られていたから、本人の自供を取るべく別件の逮捕と拘束に出たのだろうと思っていた。右翼の話はブラフでなければ勘違いだろうと甘い見通しを持っていた。だが、どうやらそうではなく、逮捕状も承認・発行されている。園良太のTwによれば、「関東の自宅で逮捕され沖縄に連行される人が出た、家宅捜索も」とある。吉田慈は大和市の自宅で逮捕され、家宅捜索までされている。令状なしにこんな捜査はできない。

こちらの記事は有料です


2016年10月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

山城博治逮捕の謀略と戦慄 - 右翼の予告動画から2日後の現行犯逮捕
2016-10-19 16:22:00
テーマ: 政治・経済
いいね1 コメント1
c0315619_15065819.jpg一昨日(10月17日)の記事を上げた直後、山城博治逮捕の報道があった。急な展開であり、そしてまた、沖縄右翼の予告どおりに本人が逮捕されたことに驚かされた。沖縄右翼の手登根安則が山城博治の逮捕を予告したのが10月14日土曜であり、そこから3日後の、週が明けた10月17日月曜の午後に瞬殺で逮捕されてしまった。すべて計画的に動いている。ただ、逮捕の中身は沖縄右翼の手登根安則が動画で言った話とは違っていて、意表を衝いた現行犯逮捕であり、北部演習場内に張られていた有刺鉄線をペンチで切断したという器物損壊の容疑だった。一報を報じたのは産経で、夜に毎日と時事が続き、深夜には朝日が配信、琉球新報と沖縄タイムスも報道した。琉球新報の記事にはこう書いている。「沖縄県警名護署は17日、米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)内で沖縄防衛局がヘリパッド移設工事現場で使用していた有刺鉄線を切断したとして、沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)を器物損壊容疑で現行犯逮捕した。山城議長は取り調べに黙秘しているという。接見した金高望弁護士は逮捕手続きに疑義があると指摘し『必要性のない不当な逮捕だ』と話した」。
こちらの記事は有料です


2016年10月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ