このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼148 コメント79
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年1月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
甘利明を東京地検に刑事告発を、野党は秘書の国会参考人招致を
2016-01-29 16:56:00
テーマ: 政治・経済
甘利明の会見を聞いて、強い違和感を覚えさせられたのは、50万円の現金授受の場面をよく覚えていて、リアルに記者団の前で語ったことだった。例えば、「内ポケットにしまうはずがない。本当だとしたら政治家以前に人間としての品格を疑われる。そんなことはするはずがない」と断言している。それから、「紙袋を手渡されたと記憶している」と言い、「大きい袋で重かった」とも言っていて、中にのし袋が入っていることも確認した上で、「適正に処理しとけと指示した」と言っている。記憶がきわめて鮮明だ。1/21以降の記者会見や国会質疑では、現金授受を否定しないまま、「記憶を整理している」とか「記憶が曖昧」などと釈明していた。つまり、ウソをついていたということだ。この点、昨夜(1/28)のテレビ報道や今日(1/29)の新聞記事では言及がなく、その異同をポイントとして衝いてないので、要点として指摘しておきたい。本当は、昨日の会見の席で、その場で気づいた記者が機転をきかせて詰問すべきだった。甘利明はもう閣僚ではないので、予算委の審議の場で野党から追及を受ける機会がない。一週間、ずっとウソをついて国民を欺いていたことを、NHKの生中継で本人に質すことができない。急に記憶が鮮明になるのはおかしいじゃないかと、甘利明の面前で誰かが痛言するべきで、甘利明の弁解を取るべきだった。

こちらの記事は有料です


2016年01月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

八王子市長選の分析と解読 - 市民は五十嵐仁のメッセージに共感せず
2016-01-27 19:22:00
テーマ: 政治・経済
八王子市長選の結果を分析することは、とても重要なことだと思う。その民意の中身を探って説得的な仮説を立てることは、政治学者がやらなくてはいけない課題だ。五十嵐仁がこの選挙にどう臨み、どういうメッセージを発していたかは、ネット上に多くの情報資料が残っていて分かりやすい。特に12/18の本人のブログ記事の記述は参考になる。「今回の市長選挙の第1の意義は、安倍首相の暴走にストップをかけることです。ここ八王子で『安倍政治を許さない』という烽火を上げ、首相官邸に向け、全国に先駆けて進軍を開始する決意です」「安倍政治の暴走にストップをかけ、戦争法廃止を掲げて発展してきた共同の枠組みを広げ、八王子の持つ潜在力と可能性を汲み尽くしたいと思います」と言っている。反安倍・反安保を訴え、その民意を市長選で示そうというのが五十嵐仁の意図であり、そして五十嵐仁を候補に担いだ市民団体のウィニング・ストラテジーだった。選挙が終わって惨敗の結果が出た今は、あまりに国政にフォーカスしすぎだったという批判が上がっていて、市民の関心は日常の暮らしなのだから、もっと地道な足下の市政の課題を訴えるべきだったという声が上がっている。だが、それは結果論というものだ。

こちらの記事は有料です


2016年01月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

小林節は新党結成を決断せよ - 三つの市長選の結果が憲法学者に促すもの
2016-01-25 19:07:00
テーマ: 政治・経済
記録的な寒波が西日本を襲った1/24(日)、宜野湾、八王子、岩国の3都市で注目の市長選があり、いずれも自公が推す現職が勝利を収めた。最も重要視された宜野湾市長選は、自公の現職が6000票の差をつけてオール沖縄の新人候補に勝っている。事前の予想では両者が拮抗しているという情報だったが、蓋を開けてみると意外な大差で驚かされた。前回、2012年に伊波洋一が敗れたときは、共産・社民・社大の推薦で、佐喜真淳は自民・公明の推薦だったが、票差はわずか900票である。今回、オール沖縄の体制を組みながら6000票も差をつけられたことは、革新陣営にとっては手痛い打撃であり、辺野古基地建設に反対する沖縄の人々にとっても厳しい事態と言えるだろう。どうしてこれほど差が開いたのか、敗因を分析しないといけないが、それを考える上で参考になるのは、八王子市長選の圧倒的大差の結果だと思われる。共産・社民などの支援を受けた五十嵐仁が、自公の現職にダブルスコアで大敗した。五十嵐仁の選挙は、小池晃や福島瑞穂や宇都宮健児が応援演説に入り、山本太郎や山口二郎が応援メッセージを出すという、まさに左翼リベラルが総力を挙げた鳴り物入りの選挙だった。32.6%の低投票率で、ダブルスコアの惨敗という結果は、誰も予想していなかった図ではないか。

こちらの記事は有料です


2016年01月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

辺見庸のインタビューのSEALDs批判とマルクスの『経済学・哲学草稿』
2016-01-22 18:46:00
テーマ: 政治・経済
辺見庸のインタビューが、昨日(1/21)の朝日のオピニオン面(15面)に載っていた。SEALDs批判のくだりがあり、次のように言っている。「あれは『現象』だと思うけれど、ムーブメント(運動)とは考えてません。まだスローガンみたいな言葉しか言えてないじゃないですか。ぼくはそこに何も新しいものを感じない。もっと迂遠で深い思想というか、内面の深いところをえぐるような言葉が必要だと思います」。「例えば米国や欧州でのサミットに反対するデモは、資本主義のあり方そのものに反対している。(略)日本とは『怒りの強度』が全然違う。なぜ、国会前デモのあとに行儀良く道路の掃除なんかできるんでしょうかね」。「むしろ現状維持を願っているような感じがしますね」。「『怒りの芯』がない。それは言葉の芯とともにどこかに消失してしまったんでしょう」「この社会システムが必要なのは購買者・消費者としての人間であって、怒る人間とか変革する人間ではないということだと思うんです。『人間』を締め出していると言うんですかね。疎外ということです」。SEALDs運動の発する言葉には「怒りの芯」がないと言い、聞く者の内面に響く言葉がなく、体制に順応的だと言っている。これらの指摘は、私が昨年7月からずっと言ってきたことと同じで、共通の認識と主張である。

こちらの記事は有料です


2016年01月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

民主党の労組系比例候補を見る - なぜ連合は共産党を拒絶するのか
2016-01-19 18:56:00
テーマ: 未設定
連合は大きな力を持っている。民主党の議員や地方組織が連合に頭が上がらないのは、選挙を連合に全面依存しているからで、連合の労組運動員の支援がなければ、ポスター貼り一つ自前でできず、掲示板が真っ白になってしまう。選挙集会での動員もできず、出陣式の演説会場は空っぽになる。政権を失い、政権交代の可能性がなくなったここ数年は特にそうで、労組から独立した党員やサポーター、ボランティアを候補者が自力で集めて選挙を運営することができない。現在の民主党と連合との関係は、敢えて喩えるなら公明党と創価学会のようなもので、まさに支持基盤そのものに他ならない。「共産党と手を組むな」という連合の指令に民主党が逆らえない理由は、そこから類推してシンプルに理解することができる。投票率が50%を切った国政選挙では、組織票が大きくものを言う。組織票を持たず、浮動票のみに依拠し、マスコミの風で議席を稼いでいる政党は、「第3極」のみんなの党のように、ブームが終われば藻屑のように消えざるを得ない。連合や創価学会は、力を持っているからこそ政治の表舞台には出ないのである。マスコミやネットで派手に存在感を示すことはせず、力を誇示したり、政策をくだくだしく自己主張したりはしない。彼らが力を示すのは選挙のときで、それ以外は裏に隠れて姿を現さない。連合は日本の政治を動かしている。

こちらの記事は有料です


2016年01月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ