このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね263 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2014年10月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
2020/2 (9)
2020/1 (9)
2019/12 (9)
2019/11 (9)
2019/10 (9)
2019/9 (9)
2019/8 (9)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
救助の初動を政府資料から再検証する - 消防と自衛隊はどう動いたのか
2014-10-04 23:30:00
テーマ: 政治・経済
御嶽山の噴火災害で問題なのは、予知ができなかったから犠牲が出たとか、地下の震動が予兆として周知されなかったとか、そういう問題ではないのだ。最も重大な問題は、災害が発生して救助を求めている遭難者が多くいたのに、生死の境をさまよっている人々が目の前に100人規模でいたのに、国が救助に出なかったことである。消防も、警察も、自衛隊も、すぐに救命救助に出動しようとせず、救助に出ない言い訳をあれこれ探してマスコミで捲き、無駄に72時間を浪費したことである。救助をするべき者がサボタージュし、被害者を見殺しにしたことだ。災害救助の行政システムが機能せず、その行政の不作為が正当化されたことだ。本来、この国の消防警察のレスキュー隊の態勢と技能をもってすれば、あの日(9/27)、日没までに山頂に取り残された遭難者の大半を救助・搬送することができた。先進国であり、ヘリ救助に十分な予算が付され整備されている日本は、そして国土が狭くて、救助隊が短時間で空から現場に急行できる日本は、それが可能な条件を持っている。もし、野中広務が官房長官を務める政府であったなら、即刻の決断と指示で、多くを救助できていただろう。命が助かったかどうかは別に、重体の者を病院に搬送していたはずだ。少なくとも何人かは、死なずに助かった命があったに違いない。問題はその点なのだ。初動の救助の不作為が問題なのである。昔の日本はこうではなかった。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
TOP