このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね263 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2013年11月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
2020/4 (1)
2020/3 (9)
2020/2 (10)
2020/1 (9)
2019/12 (9)
2019/11 (9)
2019/10 (9)
2019/9 (9)
2019/8 (9)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
日本版NSCの密室と中国との戦争 - ロシアとの密約
2013-11-07 23:30:00
テーマ: 政治・経済
日本版NSC法案が衆院特別委で可決された昨日(11/7)、中国山西省の省都太原の共産党委員会前で連続爆破テロがあった。夜は右翼の櫻井よしこがテレビに登場し、改憲プロパガンダを吐き散らしていた。後世の歴史は、この日をどう書くことだろうと思いを馳せる。ボストンで同じ爆破テロが発生したのは、半年前の4月のことだった。圧力鍋を使用し、中に入れた鉄釘などを飛散させ殺傷力を高めていた点など、ボストンの犯行と手口が酷似している。犯人はボストンの事件を見て真似ている。ボストンの事件が起きたとき、日本のマスコミは、犠牲になった市民に弔意を表し、標的とされた都市に同情を言い、悪逆非道な犯人への憤りを口にした。ボストン市に対して、テロに屈せず、今後も伝統の大会を継続するよう励ましの言葉を送った。今回、同じテロ事件なのに、報道の論調は全く逆で、テロを起こした犯人に共感を示し、社会的背景を説明して事件の必然性を語り、その動機の正当性を伝える内容になっている。格差と貧困に不満を持ち、独裁政権に抵抗する者による行動だろうと、恰も義挙のように言っている。被害に遭った市民を気遣う視線は全くない。ボストン市に対してはいたわりの言葉を送ったが、太原市に対しては、お前らが汚職と圧政を続けているから、民衆の怒りを買ってこんな結果を招いたのだと、ざまあみろと罵倒して糾弾している。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
TOP