このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね256 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2011年8月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
2019/9 (5)
2019/8 (9)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
野田佳彦の勝利の意味 - 票差、演説、政策、被災地
2011-08-30 23:30:00
テーマ: 政治・経済
野田佳彦の「ノーサイドにしましょう、もう」の言葉は、決して一般の者が常識で受け取る意味ではない。政治の表現らしいダブル・ミーニングが込められている。この「ノーサイド」は、「敗北を認めて無条件降伏しろ」という意味だ。敵味方なく互いに尊重して和睦という意味ではない。「もう」の一言にも意味がある。昨年の代表選に続いて二度目だぞというリマインダの含意がある。つまり、小沢派に対して、主流派に対する政策上の対立軸を放棄しろと迫っているのであり、白旗を掲げる時機だと宣告しているのだ。1年前に菅直人が言った「ノーサイド」と同じであり、「もう」は菅直人に続いて二度目という意味に他ならない。小沢派に対してマニフェストへの執着は断念しろと言い、増税路線を受け入れろと詰めている。政策を転換して全員が転向するか、小沢派を解散するか、党を出て行くか、三つに一つを選択しろというポツダム宣言である。おそらく、年末の税調と閣議で、来年4月からの消費税5%引き上げが決定されるだろう。「税と社会保障の一体改革」の方ではなく、「復興財源」の方の増税案目として、その基幹税に消費税が選ばれる展開になると予想される。それを2012年から2015年まで4年間続け、2016年から社会保障財源に名目を切り替える魂胆だ。3党合意の延長で、秋の間に議論を固め、年末の税調で決めてくるに違いない。TPPの方も、野田佳彦の訪米時に日米合意のペーパーに入れると思われる。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ