このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね253 コメント122
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2011年4月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
2018/12 (7)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
冴えわたり響く辺見庸の言霊 - 3・11後の言葉と思想へ
2011-04-28 23:30:00
テーマ: 読書・文芸
辺見庸がテレビに出たのは2年ぶりで、2009年の2/1のETV特集以来のことである。あのときの秋葉原事件を語った「しのびよる破局」も絶品だったが、今回の大震災を語ったモノローグも素晴らしく感動的な中身だった。新しい詩編が間もなく発表されるらしいが、今回の語りが、2年前のように文章となり新刊となることはないのだろうか。辺見庸のオーラルは冴えていて衰えていない。むしろ完成度が上がっている。口を発して出る全ての言葉に隙がなく、一言一句が詩文として推敲され彫啄されて芸術品に仕上がっている。辺見庸は語る言葉を全て暗記していて、表現はアドリブではないのだ。司馬遼太郎のモノローグも素晴らしかったが、辺見庸も素晴らしい。2年前のETV特集のあと、5月に早稲田で講演し、昨年12月に日比谷で講演しているが、昨年の様子などを噂で聞くと、もう外で講演する機会はないのではないかという予想を持っていた。身体の具合が悪いのと、講演を依頼した主催者との関係に納得していない雰囲気が窺われたのである。その意味で、今回のETVでのパフォーマンスは、私からすれば「復活」の印象が強い。今回も映像で階段を歩行する姿が出るが、身体の不自由はさらに進んでいる感があった。あれだけのパフォーマンスを収録できるということは、NHKのスタッフとの信頼関係があるのだろう。できれば、テレビ出演の機会を多くして欲しいと思う。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ