このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね263 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2011年10月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
2020/4 (1)
2020/3 (9)
2020/2 (10)
2020/1 (9)
2019/12 (9)
2019/11 (9)
2019/10 (9)
2019/9 (9)
2019/8 (9)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
小沢一郎のネット動画出演の逸機と輿石東のノーサイド
2011-10-03 23:30:00
テーマ: 政治・経済
今日(10/3)の新聞をひらくと、スポーツ面の見開きに週刊誌2誌の広告が載っている。右側に週刊ポスト、左側に週刊現代。両方とも小沢一郎の記事をメインにして売っている。週刊ポストの大見出しは、「小沢一郎『抹殺裁判』」で、小見出しに「ならば、小沢一郎を贈収賄で逮捕せよ」「日本は恐ろしい国になった」とある。「これでいいのか暗黒ニッポン」とも。9/26の地裁判決を厳しく糾弾する姿勢だ。一方、週刊現代の大見出しは「小沢一郎 かげりゆく権力」であり、小見出しは、「いまひとつの時代が終わろうとしている」「淋しき陸山会の帝王」である。このライバル2誌は従来より小沢一郎について真っ向から対立する立場をとってきて、ポストの方が対小沢与党、現代の方が対小沢野党と、くっきりと対極的な位置と関係で記事を書いてきた。今週も、そのコントラストが明瞭に現れた編集方針となって、2誌が店頭に並んで部数を競い合っている。さて、この広告情報を見て、消費者の私はどう反応するかである。去年の今頃なら、コンビニに駆け込んで、まず現代の方を数秒ほど立ち読みし、次にポストを手に取って、中身も見ずにレジに差し出す行動に出ただろう。1年前の今頃とは、あの代表選の挫折と痛恨の3週間後である。1年経ち、震災と原発事故があり、小沢問題への感性や認識も違ったものに変容している。今回は、どちらも購入しない。立ち読みしようとも思わない。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
TOP