このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね256 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2010年5月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
2019/8 (6)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
メーデーと憲法記念日 - 統一すること、多数になって世界を動かす
2010-05-04 23:30:00
テーマ: 政治・経済
憲法記念日の集会と言うと、通常は改憲派の側の動員数が大きく、護憲派の熱気が萎み気味だったのが特徴だったが、最近は様子が変わり、今年も著しい逆転状況が確認された。テレビの画面を見ても、福島瑞穂が登場した日比谷の「5・3憲法集会」は盛況で満席だったが、改憲派が開いた新宿の「新しい憲法をつくる国民大会」の方は客席が疎らで、意気消沈した会場の空気が一目瞭然だった。政治家の顔も全く放送に出て来ない。時事の記事を読むと、「5・3憲法集会」には4500人が参加、「新しい憲法をつくる国民大会」はその1割の450人の参加とある。改憲派のモメンタムが衰え下がっている。テレビ報道では紹介されなかったが、 「5・3憲法集会」には社民党と共産党の二党の幹部が顔を揃えて挨拶していて、その意義はやはり小さくない。革新超党派による「5・3憲法集会」は、すでに10年の実績があり、今年の銀座パレードの横断幕にも、「歩み続けて10年」の言葉が書かれている。この集会を実現し、10年の伝統を築いた事務局は立派だ。写真を見ると、田中優子がパレード先頭列中央に陣取っている。この着物姿の行進がテレビで流れたら、護憲派へのプリファレンス(支持率)はさらに高くなる効果を導いただろう。狡猾なテレビは逆効果を謀り、福島瑞穂だけの映像を切り取った。ニュースでは、護憲派の8団体が集まっての共同開催という説明があった。8団体は、社民党系と共産党系と無党派系の3系列に分かれる。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ