このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね256 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2010年5月  >
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
2019/9 (7)
2019/8 (9)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
湯浅誠の参与復帰 - 脱構築主義と反貧困ルックと中間層の心性
2010-05-13 23:30:00
テーマ: 政治・経済
テレビのニュース番組では全く報道されず、購読している朝日新聞の紙面でも拾えなかったが、湯浅誠が内閣府参与に再起用されている。私は、定期的にGoogleのニュース検索で「湯浅誠」を叩いてトラックしていて、昨日(5/12)の検索で情報を得た。記事によれば、任務は前回と全く同じである。3月に騒動して辞任して、NHKで特集番組まで放送して、まだ2か月しか経ってない。この辞任問題で私は記事を3本書き、湯浅誠に国民への理由説明を求めたが、その訴えが届いたのかどうか、湯浅誠は「経緯説明と意見表明」と題した文書をネット上に発表した。今回、内閣府参事への再就職については自ら説明の口を開くのだろうか。NHKの番組では、世論を動かさないと行政は変わらないからと言い、運動家に戻って世論を動かすと言っていた。2か月の運動で世論は動かせたのか。私は3/1の記事で、「決意して大役を引き受けておきながら、簡単に辞めると言ったり、辞めるのを止めると言うのは無責任だ」と書いている。公共放送の電波を使って、官僚批判を含む辞任の弁を言い、副総理の菅直人の手を煩わせながら、2か月でその決意を撤回して再登板というのは、果たして国民感情からして納得できるものなのだろうか。内閣府参与という職は、そのようにアルバイト感覚で、非正規労働者のコマ切れ契約のように、就職したり離職したりするものなのか。きっと、産経あたりがそうした論調で猛然と攻撃を仕掛けてくるだろう。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ