このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね266 コメント1
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2010年3月  >
10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
2020/5 (11)
2020/4 (9)
2020/3 (9)
2020/2 (10)
2020/1 (9)
2019/12 (9)
2019/11 (9)
2019/10 (9)
2019/9 (9)
2019/8 (9)
2019/7 (10)
2019/6 (9)
2019/5 (9)
2019/4 (10)
2019/3 (9)
2019/2 (9)
2019/1 (10)
2018/12 (9)
2018/11 (11)
2018/10 (9)
2018/9 (9)
2018/8 (10)
2018/7 (10)
2018/6 (10)
2018/5 (9)
2018/4 (9)
2018/3 (10)
2018/2 (9)
2018/1 (9)
2017/12 (9)
2017/11 (9)
2017/10 (9)
2017/9 (9)
2017/8 (9)
2017/7 (9)
2017/6 (9)
2017/5 (9)
2017/4 (9)
2017/3 (10)
2017/2 (9)
2017/1 (10)
2016/12 (9)
2016/11 (10)
2016/10 (9)
2016/9 (9)
2016/8 (10)
2016/7 (10)
2016/6 (10)
2016/5 (12)
2016/4 (12)
2016/3 (12)
2016/2 (13)
2016/1 (12)
2015/12 (12)
2015/11 (12)
2015/10 (12)
2015/9 (12)
2015/8 (12)
2015/7 (12)
2015/6 (12)
2015/5 (12)
2015/4 (12)
2015/3 (15)
2015/2 (12)
2015/1 (12)
2014/12 (16)
2014/11 (12)
2014/10 (13)
2014/9 (13)
2014/8 (12)
2014/7 (13)
2014/6 (12)
2014/5 (15)
2014/4 (14)
2014/3 (13)
2014/2 (13)
2014/1 (12)
2013/12 (12)
2013/11 (13)
2013/10 (15)
2013/9 (13)
2013/8 (13)
2013/7 (12)
2013/6 (12)
2013/5 (16)
2013/4 (16)
2013/3 (13)
2013/2 (14)
2013/1 (16)
2012/12 (12)
2012/11 (15)
2012/10 (14)
2012/9 (14)
2012/8 (12)
2012/7 (12)
2012/6 (12)
2012/5 (14)
2012/4 (12)
2012/3 (14)
2012/2 (15)
2012/1 (20)
2011/12 (15)
2011/11 (17)
2011/10 (17)
2011/9 (17)
2011/8 (15)
2011/7 (17)
2011/6 (19)
2011/5 (19)
2011/4 (16)
2011/3 (20)
2011/2 (17)
2011/1 (18)
2010/12 (15)
2010/11 (16)
2010/10 (19)
2010/9 (18)
2010/8 (16)
2010/7 (19)
2010/6 (23)
2010/5 (22)
2010/4 (20)
2010/3 (23)
2010/2 (18)
2010/1 (19)
2009/12 (14)
2009/11 (17)
2009/10 (16)
2009/9 (17)
2009/8 (17)
2009/7 (17)
2009/6 (13)
2009/5 (13)
2009/4 (15)
2009/3 (24)
2009/2 (19)
2009/1 (19)
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
辻元清美は国交副大臣を辞任せよ、普天間移設問題で論陣を張れ
2010-03-05 23:30:00
テーマ: 政治・経済
今年の元旦のニュースで、前原誠司が、5月のGWまでには連立政権から社民党を追い出して、普天間移設は辺野古沖の現行案で決めますので、どうぞご安心下さいとルースに約束した一件があった。めでたい元日の朝、新年のPCを立ち上げると、ネットのニュースでこの不愉快な情報が流れていた。ラジオのニュースでも、正午にこの話題を放送していた。その頃、福島瑞穂は、鳩山由紀夫と菅直人と一緒に、代々木オリンピック記念青少年総合センターに設けられた公設派遣村を視察していた。福島瑞穂が、この問題で鳩山由紀夫や菅直人と立ち話をして、真偽の確認に及んだかどうかは分からない。だが、2か月が経ち、普天間問題をめぐる情勢は前原誠司の予告したとおりに動いている。このとき、政府の検討委というのは、福島瑞穂の社民党が「重大な決意」で土壇場の抵抗を試みて、現行案での年内決着で押し切られそうになった状況を、最後の踏ん張りで押し戻して妥協をみた所産の政府の調整機関だった。ここで持ち堪えて年内決着を阻止できれば、1月24日の名護市長選に繋げられ、そこを反転攻勢の起点にして県外国外移設へ展望を拓くことができる。福島瑞穂や沖縄県民やわれわれが、年の暮れに持っていたのはそんな感懐で、正月の前原誠司のニュースは、不快だが論外の暴言であり、現実性の観点からは少し遠い親米右翼の負け犬の遠吠えだった。まさか、国新党の下地幹郎が県内移設で動くとは思わなかったし、阿部知子が九州案を言い出すなど想像もできなかったからである。
世に倦む日日
Powered By レジまぐ
TOP