このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね203 コメント103
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2009年11月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
京都de小憩 - 青蓮院の青不動、三千院の庭園、福寿園の茶の湯
2009-11-01 23:30:00
テーマ: 日記
紅葉前の京都へ行ってきた。今回は青蓮院と三千院、そして茶の湯体験の三日間。青蓮院は十数年前にJR東海のテレビ広告に取り上げられ、すっかり人気のスポットになり、今では京都観光で必見の定番コースになっている。昔はそれほど有名な寺ではなかった。今秋、国宝の青不動が初めて御開帳ということで、TBSの「世界ふしぎ発見」でも大きく紹介されていて、今回の京都の旅の目的となった。青蓮院は夜のライトアップが催されていて、夜間に拝観することができる。拝観料は1000円。高額だが、青不動にお参りをして、ライトアップを楽しんで庭園を散策する分の対価としては、東京から来た者は妥当だと納得ができるかもしれない。「世界ふしぎ発見」では、護摩焚きの様子が放送されていて、ぜひ体験したいと思ったが、一日に二回催される護摩焚きへの参加には最低5000円の料金が必要で、思わず二の足を踏んでしまった。青蓮院で最もよかったのは、青不動の前でお参りをするお婆さんの姿だった。大日如来の化身である不動尊は古来より多くの信仰を集めている。江戸時代とか、室町時代とか、その頃の日本人がするように、そのお婆さんは青不動の前に正座し、床に手をついて深々と拝礼、その次に両手を合わせて願い事を祈り、それを終えて青不動をまじまじと見入っていた。その動作が流れるように自然で、ぎこちなさがなく、とてもいい感じなのである。観光的動機ではなく信仰的動機で青不動と向き合っている。
こちらの記事は有料です


2009年11月分の記事は、324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。

会員登録する

世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ