このブログはプレミアムブログです。購読することで記事全文をすぐにご覧いただけます。
このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね156 コメント83
プロフィール
世に倦む日日
世に倦む日日
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年6月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
・現在、コメントにつきましては、エキサイト版の方で受け付けております。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。Twitterでの情報発信も続けておりますので、どうぞご利用下さい。
暴行を受けた元秘書の証言 - 豊田真由子事務所での経験は収容所だった
2017-06-23 15:16:00
テーマ: 政治・経済
c0315619_13374339.jpg週刊新潮(6月29日号)を買ってきて、豊田真由子の記事を読んだ。元秘書に対する暴行は、5月19日、20日、21日と3日間にわたって断続的に行われていて、20日に車内で行われた場面がICレコーダーに録音されている。被害者は5月23日に病院で診察を受け、診断書を発行してもらった。書面には「顔面打撲傷」「左背部打撲傷」「左上腕挫傷」と所見が記されており、本日(23日)のTBSのビビットで現物の映像が出ていた。昨日(22日)の同番組では、この問題でマスコミの窓口となって取材に対応し、事件収拾の責任者となっているところの地元事務所の「元事務局長」なる者が登場していたが、記者の質問に答えて、4日前の時点で被害者の顔にあざが残っている事実を認めていた。1か月前の傷害があざとして残っていることからも、後部座席からの豊田真由子の殴打が想像以上に激しく、重傷の被害だったことが窺える。元秘書は6月18日に事務所を辞め、すぐに告発の動きに出ていて、豊田真由子と「元事務局長」は、この一週間、新潮の記事掲載を阻止するため仲介と説得に奔走していた。今日のビビットの映像では、元秘書本人が声色を編集処理せずに取材に応じて証言していたが、冷静な態度と口調が印象的だった。
こちらの記事は有料です


2017年06月分の記事は、月額324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

「易姓革命」を待機する気配 - 保守論壇の地殻変動と霞ヶ関の抵抗
2017-06-21 16:26:00
テーマ: 政治・経済
いいね1
c0315619_15131246.jpg間もなく都議選の告示がある。23日に告示されると、7月2日の投開票まで9日間しかない。あっと言う間に結果が出る。事実上、選挙戦は終盤だ。投票から2週間を切った重要な時期に、内閣支持率の急落を告げる報道がマスコミ各社から一斉に出された。安倍晋三にとっては態勢を立て直す時間がない。支持率急落の情勢の余韻が続くまま、選挙期間の刻一刻が過ぎて投票日を迎える。今回の都議選は全国が注目する大型の選挙になっている。争点は豊洲市場の移転問題ではなく、自民党が勝つか都民Fが勝つかという問題で、安倍政権に対する賛否が問われ、小池新党への期待の程度が問われる選挙になっている。東京都の都政プロパーの問題ではなく、国政の関心で都民の一票が投じられ、その民意を全国の有権者が注視するという構図になった。最新の予想を見てみると、サンデー毎日(三浦博史)が、自民48、都民41、公明23、共産12、民進1という数字を出している。自民は現有から9議席減。現代ビジネス(鈴木眞志)の予測では、都民46、自民37、公明21、共産15、民進4で、自民は20議席減。もう一つ、夕刊フジ(鈴木哲夫)の予測だと、都民46、自民42、公明21、共産13、民進1で、自民は15議席減。
こちらの記事は有料です


2017年06月分の記事は、月額324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

内閣支持率下落と今後の政局の条件 - 都議選を反安倍モメンタムの渦にせよ
2017-06-19 16:36:00
テーマ: 政治・経済
いいね1 コメント1
c0315619_14431829.jpg昨日(18日)、マスコミ各社から一斉に世論調査が発表され、内閣支持率の急落が次々と報告された。最初に共同が前回より10.5ポイント下がって44.9%と数字を上げ、次に毎日が10ポイント下落の36%と続き、さらに日経が7ポイント下落の49%と報道。夜になって朝日が6ポイント減の41%、読売が12ポイント減の49%と出揃った。これほどマスコミが期日を合わせて世論調査を並べるのは久しぶりだ。予め調整した上での一斉報道と思われる。そこに意味がある。とはいえ、各社が急落を報じた支持率は、折れ線グラフをたどれば昨年春の水準であり、例えば、読売が図表で示している推移を確認しても、安保法が強行採決された2年前の最低値までは下がっていない。集団的自衛権行使の閣議決定がされた3年前の水準と同じで、急落したカーブの程度も類似していることが分かる。あのとき、新宿駅南口で衝撃の焼身自殺未遂事件があり、世論は沸騰して支持率は急降下したが、喉元過ぎれば熱さ忘れる国民性の故か、すぐにリバウンドして元に戻っている。安保法のときも同様で、1年後の参院選で安倍晋三は圧勝して3分の2を固めた。したがって私は、金子勝のように「潮目が変わった」と無邪気に断定する楽観的気分にはなれない。
こちらの記事は有料です


2017年06月分の記事は、月額324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

保守派を取り込めなかった共謀罪反対運動 - 世論を攻略できぬまま敗北
2017-06-15 16:29:00
テーマ: 政治・経済
いいね1
c0315619_15024178.jpg共謀罪法案が、徹夜国会の末に今日(15日)の朝に成立した。昨夜(14日)、報ステに生出演した田原総一朗が共謀罪について持論を述べる場面があり、開口一番、これは岸信介が成立を目論見ながら断念に追い込まれた警職法であり、安倍晋三は岸信介の怨念を晴らすべく憲法改正の前に共謀罪(=警職法)を仕掛けてきたのだと謎解きをしてみせた。共謀罪を解読する政治思想史的な洞察として、なるほどと腑に落ちる。他のコメントは耄碌爺の与太話に終始したが、この指摘と認識は本質的で正鵠を射ていると思う。もっと早くこの視点がマスコミで論議されるべきだった。1958年10月、逆コースを突っ走る岸信介が、警察官の警告・制止・立入りの権限を強化し、令状なしの身体検査や保護を名目とする留置を可能とするところの警察官職務執行法改正案を突然国会に上程。これに護憲団体などが猛然と反発して警職法改悪反対の共闘会議を結成して対抗、それが巨大な国民運動に発展し、10月から11月にかけて5波にわたる統一行動が実施され、11月5日には400万人がスト・職場大会・街頭抗議行動に参加、遂に成立断念に追い込むという出来事があった。この反対運動の経験と成功が、2年後の60年安保闘争の爆発に繋がり、岸信介は退陣に追い込まれている。
こちらの記事は有料です


2017年06月分の記事は、月額324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

「絶対的権力は絶対的に腐敗する」 - 「一国の政治は国民を映し出す鏡」
2017-06-13 15:29:00
テーマ: 政治・経済
いいね1 コメント1
c0315619_13470783.jpg2週間前の5月29日に、アクトン卿の「絶対的権力は絶対的に腐敗する」という言葉を思い出してツイッターに書き込んだ。例のレイプ事件の被害者が顔を出して告発に出たニュースを知り、会見の言葉と表情を見たとき、不意にこの言葉が頭に思い浮かんだ。事件を揉み消したのは、直接には当時警視庁刑事部長だった中村格であり、中村格に指示を出したのは内調トップの北村滋と官房長官の菅義偉である。今、どうしてこの言葉が咄嗟に思い浮かんだのか考えている。カメラの前に登場した被害者女性の渾身の勇気が、そして権力に対する不屈の意思が、何か閃光がひらめくような感覚で受け止められ、精神の純白さと力強さに圧倒された。そして、その対極にあるところの、加害者権力側の腐って汚臭を放つ真っ黒なものがコントラストとして意識され、思考と記憶の回路から何かがインスパイアされて、観想と表現がこの政治学の古典の言葉に行き着いた。真っ黒なものがどれほど底なしに真っ黒か、腐ったものがどれほど救いようもなく腐り果てているかは、その反対にある、純白で清冽なものを対置することによって初めて覚知することができる。ここまで絶対的に腐敗しているのだということを、あらためて痛感させられ、徹底的に確信させられ、アクトン卿の言葉が循環して神経が興奮する状態が続いた。
こちらの記事は有料です


2017年06月分の記事は、月額324pt(円)お支払いいただくとすぐにご覧いただけます。
※最新月を購入する場合は月額制になり、講読解除をしない限り継続になります。

購読して全文を見る

世に倦む日日
Powered By レジまぐ
ページの先頭へ