お言葉ですが。

いろんな事にいろんな角度から書いていくブログです

僕の読書論
2015-10-17 07:21:00
テーマ: 読書・文芸
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1510/13/news048.html#l_sk_manga.jpg






《日本財団は、子供たちの学習意欲を高めたり、社会問題への興味の入り口になったりする娯楽漫画100作品を選び「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」として発表した。大和和紀さんが源氏物語をベースに描いた「あさきゆめみし」や、宮崎駿さんの「風の谷のナウシカ」、手塚治虫さんの「アドルフに告ぐ」など、100作品。一般漫画を“学び”の視点から選定する初の試みで、今後は国内外の図書イベントで紹介するほか、学校図書への普及などを働きかけていく。

選者は、明治大の藤本由香里教授(漫画研究)や菊池健・トキワ荘プロジェクトディレクターら7人。漫画家の里中満智子さんと慶応大大学院の中村伊知哉教授(メディア政策)が監修した。

史実を重視し、教育現場での補助教材にもなる学習漫画とは一線を画し、娯楽性、共感性を重視した。会見した里中さんは「日本の漫画のジャンルは広く、読むことで刺激を受けるという意味では、全てが学習漫画に当てはまるという意見もあった」と選考の難しさを吐露。「読むことで人生が豊かになる作品を選んだ。多くの議論が起こることを期待している」などと話した。》





里中さんは、今までもマンガの魅力を海外に積極的に発信するだけでなく、私たち日本人にも数々の名作の魅力を伝えてきた作家の一人です。今回も監修として携わりこのような発表をされる意味は、確かにあるでしょう。


それでも、私はこの記事を批判したい。







このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

プレミアムメッセージBOX(有料)
プレミアムメッセージBOX
プレミアムメッセージBOXは、コンテンツを購入してくださった購読者様が発行者に個別に有料で質問やコンサルティングのやりとりを行うことができる機能です。
このブログには発行者と直接やりとりができるプレミアムメッセージBOX(有料)が設置されています。(フォロー後にご利用頂けます)
プロフィール
松本誠二
松本誠二
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2017年10月  >
10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ページの先頭へ