このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
元馬券生活者
元馬券生活者
元馬券師である。

現役時代は全国のJRAの競馬場から地方競馬まで、まさに全国を飛び回っていたが、予想屋に興味をもち自身の購入は控えめとなっていく。

予想屋第一弾は某チャンネルのパドック解説の頼りなさに愕然としプロならではの観点を見せつけようと会員を募り全レースのパドック診断から購入か回避か全ての指示を飛ばす予想屋を開業した。

会員には一定の満足を与えていたが、週末は必ず家に籠り競馬と1日向き合う生活に疲れ廃業とした。

現在は様々な投資にも取り組んでおり競馬と向き合う時間、馬券購入は控えめとなったが今でも一定の利益を確保している。
カテゴリー
登録がありません。
RSS
RSSフィード RSS
月別アーカイブ
2016/12 (3)
2016/11 (14)
2016/10 (8)
馬券の買い方
2016/10/19 01:37:00
テーマ: 未設定
買い方というかルールだな

現役時代の買い方は1レースあたり単勝8割、その他の券種2割で買っていた

資金が一万円なら単勝8000円、馬連2000円といった感じだ。

掛け方は単勝のみ追い上げ方式

競馬で勝ちたかったら追い上げは非常に有効であり、ハズれたら必ず資金を上乗せして賭けることをオススメする

例えば3倍の単勝を買い続け、2レースハズし3レースめで当たった場合

1000円→1000円→1000円と賭けた場合は3レース目で当たればプラマイゼロ

1000円→1300円→1600円と追い上げをした場合は900円のプラスとなる。

無理な追い上げは豊富な資金が必要な為になかなか難しいだろうが少しでも資金を上乗せすると収支が劇的に変わってくる

ただ追い上げ方式を採用する場合は豊富な資金とある程度の的中率が必要となってくる

単勝よりも複勝の方が当たりやすく収支も安定するだろう

そんな事は百も承知だが俺は単勝勝負にしている

複勝の方が単勝よりも期待値が高い場合は単勝ではなく複勝を買うこともあるが稀にある

複勝を抑えておけばという機会も幾度となくあったが、単勝にこだわる勝負で成果を上げ続けてきたので今更変えるつもりはない

複勝狙いでいくと思考回路が危険な方向へ陥りやすいのだが...

まぁそれはまた別の機会に
さて、レジまぐにおいては情報を買いたがる人もでてくるだろう。

的中率は高く、回収率も高く、予想をハズした時のダメージは少ない方がいい

そこで資金の割り振りは単勝6割、その他の券種4割構成でいく。

ハズれたら単勝のみ投資資金の一割増しでの追い上げ方式とする

投資資金を一万円に設定したなら

単勝6000円
馬連1000円
馬単  400円
3単3600円

こんな感じの資金割りとする

ハズれたら次レースは単勝7000円、その他4000円といった形となる

収支は単勝であげ、後はボーナス的な感覚と保険に使うこととした

単勝の割合をここまで下げるのは初だが、オッズ3倍以下のレースは回避という形なら、やれるはずだ。

次回からいよいよ今週末の重賞の見解に入る

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ