WAKUWAKU競馬道場 22年目の競馬予想サイト

競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね30 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2021年1月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

大阪杯 レース展望
2017-03-30 21:12:00
テーマ: レース展望
いいねする
4月2日(日)に行われる大阪杯のレース展望です。

・キタサンブラック
・マカヒキ
・サトノクラウン
・ヤマカツエース
・アンビシャス
・ミッキーロケット
・ステファノス
・マルターズアポジー

今年からG1に昇格した。過去10年で1番人気は[4-3-2-1]で7連対。単勝1倍台は[2-2-2-0]、2倍台は[1-1-0-0]、3倍以上[1-0-0-1]。4歳馬は[3-1-1-0]、5歳馬は[1-2-0-0]、6歳馬は[0-0-1-1]。今年1番人気になるキタサンブラックは5歳馬で単勝は2、3倍台か。2番人気は[2-2-1-5]で4連対、3番人気は[1-0-1-8]で1連対のみ。6~9番人気が6連対と多いが、10番人気以下は[0-0-0-31]で不振。

最近5年の馬連は9倍、3倍、70倍、8倍、14倍で4年が10倍台までに収まっている。連対馬20頭のうち18頭が前走5着以内、残る2頭は前走重賞6、7着。最近は前走G1、G2で善戦した馬が活躍している。前走8着以下は[0-0-1-41]で3着が1回あるのみ。4歳は[6-3-3-15]、5歳は[3-4-2-21]、6歳は[1-2-5-25]、7歳以上は[0-1-0-29]で4、5歳馬が活躍している。6歳で連対した3頭は6、7、9番人気。穴で7番人気前後の6歳馬に注意。

キタサンブラックは昨年[3-2-1-0]で天皇賞(春)とジャパンCを制し、年度代表馬に選出された。前走有馬記念は2番手からメンバー7位タイの35.8秒で抜け出したが、最後にサトノダイヤモンドに差されてクビ差の2着。勝ったサトノダイヤモンドとは斤量2キロ差があったが、底力で負けた感もある。昨年は宝塚記念が前半5F59.1秒(稍重)だったが、大阪杯は61.1秒、天皇賞(春)は61.8秒、京都大賞典は62.0秒、ジャパンCは61.7秒、有馬記念は60.8秒でスローペースだった。

これまで前半5F59.8秒以上では[8-2-1-0]、前半5F59.2秒以下では[0-0-2-1]で皐月賞3着、ダービー14着、宝塚記念3着。流れが速くなると勝ち切れない傾向があるが、宝塚記念では前半5F59.1秒(稍重)で飛ばしてクビ+ハナ差の3着に粘っている。芝2000mは[1-1-1-0]で皐月賞3着、大阪杯2着があるが、マルターズアポジー、ロードヴァンドールの参戦で流れが速くなったときに真価が問われそうだ。控えて差すレースをする手もあるが、武豊騎手がどう考えるか。

マカヒキは[5-1-1-1]で凱旋門賞14着を除き3着以内を確保。昨年の皐月賞は後方2番手からメンバー最速の33.9秒で追い込んで0.2秒差の2着。位置取りが後ろ過ぎてディーマジェスティに0.2秒負けたが、1分58秒1で走っている。ダービーは中団の内からメンバー2位タイの33.3秒で上がり、サトノダイヤモンドとの激しい叩き合いをハナ差で制して優勝。秋はスローの上がり勝負になったニエル賞を勝ったが、速い流れで2分23秒6の高速決着になった凱旋門賞は14着に終わった。

ムーア騎手が騎乗した前走京都記念は5番手から伸び切れず0.2秒差の3着。ラスト100mで脚が鈍ったのは久々のせいか、それとも距離か。牝馬のスマートレイアーに先着を許したように物足りない内容だった。芝2000mは[2-1-0-0]で上がりは全てメンバー最速。叩き2戦目で言い訳のできない芝2000m。阪神は初めてになるが、中山の弥生賞と皐月賞で坂をこなしている。好位からのレースもできるが、流れが速くなりそうなメンバーだけに後方からか。ルメール騎手の乗り方がポイントになる。

香港ヴァーズと京都記念を連勝したサトノクラウン、金鯱賞を連覇したヤマカツエース、昨年の大阪杯勝ち馬アンビシャス、日経新春杯勝ち馬ミッキーロケット、昨年の天皇賞(秋)と香港カップで3着に入ったステファノス、小倉大賞典勝ち馬マルターズアポジー、金鯱賞2着馬ロードヴァンドール、同3着馬スズカデヴィアス、中山記念2着馬サクラアンプルールなど。土曜は曇り時々雨、日曜は晴れ時々曇りの予報。土日とも最高気温は14度。土曜の雨量によっては日曜も湿り気が残りそうだ。今週からA→Bコースに変更される。

サトノクラウンは香港ヴァーズでハイランドリールを差し切り、京都記念でマカヒキを完封。ただしハイランドリールはドバイWCで惨敗し、京都記念は得意の渋った馬場だった。芝2000mは[1-0-0-4]で弥生賞を勝っている。馬場が渋って高速決着にならなければ。ヤマカツエースは金鯱賞を連覇し、有馬記念で4着に入ったことがダテではないことを示した。芝2000mは[4-0-1-4]だが、距離に関係なく阪神では[0-0-0-4]。池添騎手は父の管理馬でG1勝ちのチャンスと意気込んでいる。

アンビシャスはスローの上がり勝負になった昨年の大阪杯で逃げたキタサンブラックを2番手から交わして勝っている。前2走は天皇賞(秋)4着、中山記念4着で少し足りないが、まともなレースができていない。テン乗りの福永騎手が折り合いをつけて終いの脚を上手く引き出せれば。ミッキーロケットは神戸新聞杯でサトノダイヤモンドにクビ差の2着に食い下がり、日経新春杯でシャケトラを完封して優勝。前走京都記念4着は出遅れが堪えている。芝2000mは[2-1-0-1]。剛腕・和田騎手が持ってくるか。

ステファノスは前走金鯱賞は6着に終わったが、叩き2戦目は[2-2-1-1]で芝2000mは[0-2-1-0]でクイーンエリザベス2世C2着、秋天2、3着。陣営の思惑通りに良化して激走するか。マルターズアポジーは前走小倉大賞典を前半5F57.6秒のハイペースで逃げて1分45秒8で走り2馬身差で圧勝。最近の重賞はスローペースが多いが、肉を切らせて骨を断つといった内容だった。ロードヴァンドールも強気なレースをしそうな雰囲気。昔のG1のような消耗戦になると何かが起きそうだ。

★先週の予想結果

◆有料版競馬道場(競馬アナリストGM)
日経賞 馬連6,370円 3連複32,630円>的中!穴馬アドマイヤデウス激走!
毎日杯 馬単1,310円 3連単14,420円的中![◎○▲]穴馬キセキ激走!
高松宮記念 3連複3,230円的中!穴馬セイウンコウセイ優勝!

<WAKUWAKU競馬道場について> ・当サイトは予想だけを配信するサイトではありません。
・競馬の知識を深め、予想のレベルが上がるように予想以外の情報も発信しています。
・1999年にWAKUWAKU競馬道場を開設してから今年で18年目に入りました。
・有料版競馬道場に10年以上ずっと利用されている方が数多くいらっしゃいます。
・当サイトでは一緒に競馬を楽しむこと、人との繋がりを大切にしています。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP