WAKUWAKU競馬道場★20年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね29 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年5月  >
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

シルクロードS 調教診断&有力馬診断
2017-01-28 21:22:00  (最終更新日時:2017-01-29 16:34:36)
テーマ: 有力馬診断
事後公開します。

■調教診断

■[6+/]ダンスディレクター 1着
栗坂で2頭併せで軽く仕掛けられて先着。バネの利いたフットワークで最後まで余力十分。レースを使いながら走りに余裕が戻ってきた。前走より良化。

■[6+-]セイウンコウセイ 2着
南Wで軽く仕掛けられた。軽快なフットワークで最後まで余力十分。2戦連続京都に輸送して中2週になるが、引き続き馬は元気でデキ落ちはなさそう。

■[6+-]セカンドテーブル 3着
栗CWで強めに追われた。しっかりとした脚捌きで動いている。使いながら馬体が少しずつボリュームアップしてしっかりした。一連のデキをキープ。

■[6+-]ラインスピリット 5着
栗坂で馬なり調教。舌がハミを越していたが、軽快なフットワークで最後までしっかり伸びた。かなり使い込まれているが、デキ落ちは見られない。

■有力馬診断

■[6+]セイウンコウセイ 2着

昨年以降、ダートでは[1-3-0-0]、芝では[4-1-0-1]。唯一連対を外した白秋Sは休み明けで馬体が16キロ増えていた。芝1200mは2戦2勝。ダートを含め、短距離ではまだ底を見せていない。4走前のさくらんぼ特別(福島芝1200m)は前半3F33.7秒で2番手から抜け出して1分8秒0で優勝。ハナ差の2着メラグラーナはその後1000万、1600万条件を連勝し、前走ラピスラズリSで2着ナックビーナス(次走カーバンクルS1着)、3着セカンドテーブル(次走淀短距離S2着)を子供扱いしている。前走淀短距離Sは前半3F34.1秒の緩い流れになり、2番手から33.8秒で抜け出して2着セカンドテーブルに0.2秒差をつけ、1分8秒0で快勝。ラスト3Fは11.4-11.1-11.4秒で最後までラップが大きく落ちなかった。1600万条件、OP特別を連勝し、パフォーマンスを引き上げている。

昨年以降9戦して全てハナか2番手からのレースを続けている。ある程度速い流れについて行っても直線に入るとギアチャンジしてひと脚使えるタイプ。そのため、後続は追いつけそうで追いつけない。3戦連続で京都に輸送するが、最終調教を見る限り、中2週でも馬は元気一杯で調子落ちは見られない。輸送リスクはあるが、今のデキならクリアできるのではないか。前走同コースの淀短距離Sを勝ったが、同斤の55キロで出走できる。過去10年のシルクロードSで淀短距離S勝ち馬は[1-4-0-5]、斤量増減なしは[0-2-0-1]で前走良馬場なら[0-2-0-0]。昨年のローレルベローチェは3連勝で淀短距離Sを56キロで勝ち、シルクロードSを同じ56キロで2着に粘っている。重賞初挑戦になるが、極端なハイペースにならなければ、Bコース変更を味方に前に行って粘り込みがある。前に行ってギアチャンジできるところが魅力。

---

調教診断は7頭、有力馬診断は2頭を取り上げています。


有力馬診断では狙える理由を長文で詳しく解説しています。

PREMIUM POST

152円 購入する

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP