WAKUWAKU競馬道場★20年目の競馬サイト★ 相馬眼予想が好評!

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

いいね29 コメント6
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2020年1月  >
10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

AJCC レース展望
2017-01-19 23:50:00
テーマ: レース展望
いいねする
1月22日(日)に行われるAJCCのレース展望です。

・ゼーヴィント
・リアファル
・ミライヘノツバサ
・タンタアレグリア
・シングウィズジョイ
・クラリティスカイ
・ルミナスウォリアー
・ワンアンドオンリー
・クリールカイザー


過去10年で1番人気は[2-0-0-8]で2連対。単勝1倍台は[2-0-0-1]、2倍以上は[0-0-0-7]。昨年は単勝4.4倍のサトノラーゼンが10着に終わった。2番人気は[4-2-2-2]で6連対、3番人気は[1-1-2-6]で2連対。連対馬15頭が5番人気以内、残る5頭は6、7、9、9、11番人気。最近5年の馬連は3倍、33倍、149倍、119倍、19倍で堅いか波乱両極端。

4歳[1-2-1-13]、5歳[3-0-4-20]、6歳[3-1-3-27]、7歳[3-3-1-24]、8歳以上[0-4-1-21]で高齢馬が活躍。連対馬14頭が6歳以上。中山芝重賞で実績のある高齢馬に注意。6番人気以下で3着以内に入った10頭のうち7頭が6~8歳馬。厳寒期に4、5歳の一線級はほとんど出走しないため、重賞実績のある高齢馬が激走するのがパターン。穴で6~9番人気に注意。

ゼーヴィントは昨年3月に未勝利戦を勝って以降[3-2-1-0]で3着以内を確保。1番人気に支持されたラジオNIKKEI賞で重賞初制覇を飾り、今回と同コースのセントライト記念では3番手からメンバー4位の35.0秒で伸びてディーマジェスティにクビ差の2着に入った。前走福島記念は中団から早めに動いてメンバー3位の35.6秒で上がって0.2秒差の2着。初の古馬相手で1番人気に支持され連対を確保した。

右回りは[3-2-0-0]で中山は[2-1-0-0]。自在性があり、立ち回りが上手いため、トリッキーな中山コースは合っている。4歳馬のため、55キロで出走できる。戸崎騎手は今年1番人気で[0-5-1-16]で連対率22.7%。昨年は1番人気で活躍したが、今年はまだ1番人気で勝っていない。3週目でエンジンが掛かってくるかどうか。セントライト記念2着があるが、距離は微妙に長い感がなくもない。

リアファルは15年に神戸新聞杯を勝ち、菊花賞で3着に入った馬。有馬記念16着時に左前脚腱鞘炎を発症し、11ヶ月ぶりの出走となった前走金鯱賞は3番手からしぶとく伸びて0.2秒差の5着。スローの上がり勝負で切れ負けしたが、最後までしぶとく伸びて復調気配を示した。音無厩舎の管理馬でクリソライト、マリアライトの半弟。ひと叩きされ、坂路で好タイムを出している。G1を狙える実力馬が完全復活するか。

中山芝2200mで3戦3勝のミライヘノツバサ、菊花賞&天皇賞(春)4着馬タンタアレグリア、エリザベス女王杯2着馬シングウィズジョイ、前走中山金杯2着のクラリティスカイ、前走ディセンバーS2着のルミナスウォリアー、14年のダービー馬ワンアンドオンリー、15年のAJCC勝ち馬クリールカイザー、前走1600万条件を勝ったナスノセイカンなど。過去3年の連対馬は6歳が3頭、7歳が3頭。高齢馬に注意。

ミライヘノツバサは中山は[4-1-1-1]で皐月賞12着を除き3着以内を確保。中山芝2200mは未勝利、山吹賞、迎春Sを先行して押し切っている。前に行ってしぶとい脚を使うタイプ。内田博騎手が強気な騎乗で持ってくるか。タンタアレグリアは青葉賞&阪神大賞典2着馬。中山ではホープフルS7着、セントライト記念6着に終わっているが、G2なら力は足りる。昨年の天皇賞(春)以来でどこまで仕上がってくるか。

シングウィズジョイは前走エリザベス女王杯で3番手から抜け出してクビ差の2着。12番人気で穴をあけた。中山ではターコイズSを勝っている。再度ルメール騎乗で前走がフロックでなかったことを証明できるか。クラリティスカイは中山金杯で内ラチ沿いの3番手から粘り込んで0.1秒差の2着。斤量は0.5キロ軽くなるが、距離延長、メンバー強化で条件は厳しくなる。田辺騎手から柴田善騎手に乗り替わる。

ルミナスウォリアーは左回りの方が得意だが、中山芝[1-3-0-2]。柴山騎手は今年[1-1-3-32]、5番人気以内では[1-0-2-17]で連対率5%。ワンアンドオンリーは大不振が続いているが、中山で乗れている田辺騎手でどこまで変わるか。クリールカイザーは中山芝2200m[2-2-0-3]の巧者。早め先頭から後続を引き離してどこまで踏ん張れるか。田辺騎手から吉田豊騎手に乗り替わる。

WAKUWAKU競馬道場
競馬アナリストGM

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
TOP