WAKUWAKU競馬道場

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼9 コメント4
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

サウジアラビアRC レース展望
2016/10/05 23:17:00
テーマ: レース展望
今週行われるサウジアラビアRCのレース展望です。

<メニュー>

■データからのアプローチ(過去10年)
・4つのポイント

■メンバー&実績からのアプローチ
・2つのポイント

■出走予定馬の知っておきたい基本的事項
・クライムメジャー
・ダンビュライト
・ロジムーン
・ブレスジャーニー
・バリンジャー

■データからのアプローチ(過去10年)

13年までいちょうS(OP特別)として行われ、14年に重賞に昇格。15年にいちょうSからサウジアラビアRCに名称変更された。OP特別を含めた過去10年のデータを分析する。

データの詳細は、笠倉出版社「競馬大予言」の重賞データ1本釣り(競馬アナリストGM著)を参照。

●過去10年の馬連は全て5番人気以内の人気馬で決着

1番人気は[1-4-1-4]で5連対。連対全馬が5番人気以内。6番人気以下は[0-0-2-60]。最近5年の馬連は5倍、4倍、20倍、21倍、9倍。20倍。上位人気馬が堅実で波乱は少ない。

→上位人気馬:クライムメジャー、ダンビュライト、ロジムーン、ブレスジャーニー、バリンジャー

●連対馬19頭が前走3着以内。前走惨敗馬では厳しい

前走勝ち馬が13連対。連対馬20頭のうち19頭が前走3着以内。前走4着以下は[0-1-2-31]で唯一連対したのは前走新潟2歳S4着馬。前走惨敗馬が巻き返すのは難しい。

→前走4着以下:サクセスムーン、シャイニードライヴ、セイウングロリアス、バリンジャー(函館2歳S6着)、ロジセンス

●関西馬は連対率が高い。4番人気以内の関西馬に注目

関東馬は[7-6-9-67]で連対率14.6%、関西馬は[3-4-1-13]で連対率33.3%。関東馬は5番人気以内なら[7-6-7-16]。関西馬は前走勝ち馬が4番人気以内なら[3-3-0-2]。

→人気になる関西馬:クライムメジャー、ダンビュライト
→人気になる関東馬:ロジムーン、ブレスジャーニー、バリンジャー

●キャリア関係なし。初勝利直後でも人気なら通用する

前走新馬戦勝ち馬は[3-5-3-18]。前走3番人気以内だった馬が4番人気以内なら[3-5-2-4]。未勝利戦勝ち馬は[4-1-4-30]、4番人気なら[4-1-2-4]。

→前走新馬戦勝ち馬:クライムメジャー、ダンビュライト
→前走未勝利戦勝ち馬:ウィンドライジズ、ブレスジャーニー、ロジムーン

■メンバー&実績からのアプローチ

●全馬が1勝馬。OP以上で3着以内がある馬がいない

今年は全馬1勝馬で500万条件で連対がある馬はサクセスムーン(アスター賞2着)しかいない。OP特別に出走した馬はおらず、重賞経験があるのはバリンジャー(函館2歳S6着)のみ。

→例年は重賞またはOP特別で好走した馬が出走するが、今年は1頭もいない。例年以上に前走新馬戦、未勝利戦を勝った馬でも通用するのでは。

●東京芝経験馬は3頭。同コース勝ち馬は1頭しかいない

東京芝を経験している馬はブレスジャーニー、ロジセンス、ロジムーン。同コースの東京芝1600mを経験している馬は、ブレスジャーニー[1-0-0-0]、ロジムーン[0-2-0-0]。

→今年は東京コースを経験している馬が少ない。東京芝1600mで連対した2頭の3戦はいずれも稍重で馬場が渋っていた。左回りを経験していれば、東京経験はそれほど問われないか。

■出走予定馬の知っておきたい基本的事項

●クライムメジャー

中京芝1600mの新馬戦を好位からメンバー最速の33.9秒で差し切り、1分35秒6で快勝。0.2秒差の2着アドマイヤミヤビは次走未勝利戦を直線一気で圧勝している。今年の2歳戦でトップの7勝を挙げている池江厩舎の管理馬で半兄にヒカルオオゾラ、サトノノブレスがいる。シルクHCで4,000万円で募集された馬。2戦連続でMデムーロ騎手が騎乗する。新馬戦は中京最終週でタフな馬場だった。

●ダンビュライト

中京芝1600mの新馬戦を好位からメンバー最速の37.2秒で差し切って5馬身差で圧勝。内枠からロスなく回り、コーナーワークで楽々と先団に取りついた。不良馬場で勝ちタイムは1分40秒7。今年の2歳戦で3位タイの5勝を挙げている音無厩舎の管理馬で半兄にラブラドライトがいる。サンデーレーシングで3,600万円で募集された新種牡馬ルーラーシップ産駒。陣営はルメール騎手を確保している。

●ロジムーン

デビューから全て芝1600mを使われ、2、2、1着。未勝利戦でブレスジャーニーに負けたが、向こう正面で狭くなって下がる不利があった。前走未勝利戦は好位からメンバー最速の33.8秒で差し切って3馬身差で圧勝。セレクトセールで2808万円で取引された馬で半兄にムーンリットレイクがいる。440キロ台の小柄な牡馬で仕上がり早く、相手なりに堅実に走るタイプ。3戦連続で戸崎騎手が騎乗する。

●ブレスジャーニー

前走東京芝1600mの未勝利戦を中団からメンバー最速の34.6秒で差し切り2馬身半差で圧勝。新馬戦は出遅れて3着に終わったが、スタートを決めて中団につけることができた。2着ロジムーンは次走未勝利戦を圧勝している。北海道サマーセールで270万円で取引されたバトルプラン産駒。

●バリンジャー

福島芝1200mの新馬戦を2馬身半差で圧勝。前走函館2歳Sは出遅れて後方からメンバー最速の35.0秒で追い込んで0.7秒差の6着。馬主は金子氏。セレクトセールで2700万円で取引されたステイゴールド産駒で半兄にメテオロロジストがいる。距離延びて持ち前のしぶとさを生かせれば。

★先週の予想結果

◆競馬道場(競馬アナリストGM)
スプリンターズS 馬連4,490円的中!◎レッドファルクス優勝!
内房S 3連単44,160円、習志野特別 3連単11,280円的中!

WAKUWAKU競馬道場

★PC版ホームページ

★携帯版ホームページ

★ツイッター

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ