WAKUWAKU競馬道場

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼9 コメント4
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

ローズS レース回顧
2016/09/21 15:49:00
テーマ: レース回顧
先週の重賞レース回顧です。

シンハライトは後方からメンバー最速の33.7秒で大外から差してハナ差の辛勝。勝ちタイムは1分46秒7。重馬場でクロコスミアが逃げて前半 5F59.9秒。道中流れが緩んでラスト3F11.7-10.9-12.0秒。前に行った馬が有利な展開になったが、シンハライトが末脚の威力と底力で捻 じ伏せた。道中徐々に位置取りが悪くなったが、直線でエンジンが掛かると一頭だけ次元の違う伸び脚で差し切った。小柄な牝馬で決め手で勝負するタイプだけ に重馬場が懸念されたが、この日の芝戦で最速となる33.7秒で伸びてその不安を払拭した。前残りの展開だったことを考えると着差以上に強い内容。紅梅 S、チューリップ賞、ローズSはハナ差、オークスはクビ差で優勝。馬がゴールを知っているのか接戦に強く、最後にひと伸びして前に出る。今回は途中で交わ せると馬が分かったのか、最後は馬自身が余力を残していた。ブエナビスタも接戦に強かったが、走る馬に共通する賢い面があるのだろう。春より馬体が14キ ロ増えて全体的なバランスが良くなり、馬体の造りが距離をこなす方にシフトしてきた。次走の秋華賞は直線が短い内回りコースだけに今日のようにじっくり構 えていると展開次第で届かない可能性があるが、前半の行きっぷりを見ると促せば中団あたりで流れに乗れそう。3冠牝馬スティルインラブが秋華賞を勝ったと きのように外から徐々に進出して前を動かし、4コーナーで前を射程圏に入れるレースができれば、京都内回りでも問題ない。ジュエラーが崩れたことで2冠達 成の可能性が高くなった。秋華賞が負担の掛かるレースにならなければ、ジェンティルドンナ(石坂厩舎)と同様にジャパンCに挑戦することになりそうだ。

クロコスミアは1枠1番スタートからハナを切って前半5F59.9秒のマイペースで進め、直線で後続を引き離したが、最後にシンハライトに交わされてハナ 差の惜しい2着。これまで差すレースをすることが多かったが、岩田騎手が1枠1番を生かしてハナを切り、最後までしぶとい脚を使った。内ラチ沿いの最短 コースを走り、ラスト3Fは11.7-10.9-12.0秒。ラスト2F目で後続を引き離し、ラストを12.0秒でまとめている。岩田騎手の考えられた騎 乗が上手く嵌まったが、重馬場で他馬がそれほど切れる脚を使えなかったことも有利に働いている。ステイゴールド産駒は渋った馬場が得意。クロコスミアは重 馬場の函館未勝利戦を勝ち、稍重の札幌2歳Sで3着があった。適度にスタミナが問われる芝1800mも合うのだろう。馬体は14キロ増えて春より全体的に しっかりとしていた。次の秋華賞は距離が1F伸び、斤量も1キロ増えるが、馬場が渋り、かつ内枠に入ったら注意したい。

カイザーバルは好位からメンバー2位タイの34.4秒で伸びて0.1秒差の3着。四位騎手が秋華賞の権利を獲ろうと好位で流れに乗り、直線でもジワジワ伸 びて3着を確保。まだ非力さが残っており道悪は得意ではないが、開催2週目の馬場ということもあり、こなすことができた。前に行った馬が有利な展開になっ たこともプラスに働いている。ひと夏越して前走馬体が18キロ増えていたが、今回は14キロ減っていた。パドックを見ると少し減り過ぎた感があった。現時 点でシンハライトとは差があるように映るが、好位で流れに乗れるのは強み。母は桜花賞馬ダンスインザムード。本番の向けてどこまでステップアップしてくる か。

デンコウアンジュは中団からメンバー2位タイの34.4秒で伸びて0.4秒差の4着。最後に外から鋭く伸びてきたが、前を捕まえるところまで行かなかっ た。エンジンの掛かりが遅く直線で少しモタついたが、最後に伸びて力があることを示した。アルテミスSでメジャーエンブレムを差し切ったのはダテではな い。前走オークスでは直線で大きな不利があって0.4秒差の9着。不利を受けやすいタイプだけに秋華賞では今回騎乗した内田博騎手の乗り方が問われそう だ。

アットザシーサイドは2番手につけたが、直線で伸び切れず0.9秒差の5着。ラスト1Fでバッタリ止まったのを見るとやはり距離が長いのだろう。仕上がり 早の牝馬で休み明けでも仕上がりは悪くなかった。母は短距離馬ルミナスハーバー。次走は秋華賞を使うかもしれないが、その後は芝1400m前後を使うこと になるのではないか。

ジュエラーは押して好位につけたが、直線で全く伸びずに1.6秒差の11着。休み明けで馬体が10キロ増えていたが、ほとんどが成長分でそれほど太くはな かった。中身が伴っていなかったというより、Mデムーロ騎手がコメントしているように重馬場が影響した可能性が高い。直線で前を捕まえられないと分かった 時点でMデムーロ騎手は次走に向けて余力を残していた。直線が短い京都内回りの秋華賞に向けて、ある程度スタートを決めて好位で折り合えたのは収穫。相馬 眼的に本来の走りができれば、シンハライトと勝ち負けできる馬。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ