WAKUWAKU競馬道場

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼7 コメント2
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

神戸新聞杯 レース展望 【簡易版】
2016/09/21 15:47:00
テーマ: レース展望
週初めの簡易版レース展望です。

ダービー2着馬サトノダイヤモンド、同4着馬エアスピネル、青葉賞2着馬レッドエルディスト、前走1000万条件を勝ったナムラシングン、ミッキーロケッ ト、共同通信杯2着馬イモータル、前走丹頂S6着のカフジプリンス、前走ラジオNIKKEI賞6着のジョルジュサンクなど。

過去10年で1番人気は[5-3-0-2]で8連対。6~9番人気は4連対、10番人気以下は連対なし。最近4年のうち3年で人気薄が連対し、馬連は52 倍、17倍、24倍、9倍で中穴決着が多い。ダービー最先着馬は[5-5-0-0]で連対率100%。ダービー2着のサトノダイヤンドは鉄板か。

7番人気で2着のマジェスティハーツは前走1000万条件1着、8番人気で2着のロードアクレイムは前走ラジオNIKKEI賞8着、サウンドオブアースは 前走ダービーで11着だった。前走1000万条件を勝った馬、前走ダービー、ラジオNIKKEI賞で惨敗した馬の巻き返しに注意。

サトノダイヤモンドは皐月賞3着、ダービー2着。今回は皐月賞1、2着馬、ダービー1着馬が不在。皐月賞1着、ダービー3着のディーマジェスティはセント ライト記念を制した。ダービーでは左後肢の落鉄があった模様。凱旋門賞に挑戦しなかったのは、その影響もあるか。本番前にどこまで仕上げてくるか。

エアスピネルは皐月賞4着、ダービー4着。今年の3歳牡馬のトップクラスは世界レベル。2戦とも例年なら勝ってもおかしくないレベルだった。母エアメサイ アは桜花賞4着、オークス2着だったが、秋に秋華賞を制した。武豊騎手は天皇賞(春)を勝って以降、芝重賞では[0-0-1-13]で不振が続いている。

レッドエルディストはダービーで後方から33.7秒で上がったが、中団につけた馬に33.3秒で上がられては厳しかった。春は完成度が低かったが、秋を迎 えてどこまで完成されてくるか。過去10年で前走1000万条件勝ち馬は[0-1-4-35]。ナムラシングン、ミッキーロケットはどこまで食い下がれる か。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ