WAKUWAKU競馬道場

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼9 コメント4
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

【2016年】京成杯AH レース回顧
2016/09/13 18:08:00
テーマ: レース回顧
先週の重賞レース回顧です。

ロー ドクエストは出遅れて後方を進み、3コーナーから大外を回って進出し、メンバー最速の34.2秒で差し切ってレースを制した。勝ちタイムは1分33秒0。 ピークトラムが逃げて前半3F35.1秒、5F58.1秒。最初の1Fはゆったり入ったが、2F目から最後まで11秒台のラップが続き、差し追い込み馬が 上位を独占した。ロードクエストはいつものようにスタートは遅かったが、勝負どころで外から早めに動くイメージ通りのレースで快勝。これまで右回りでは 勝っていなかったが、得意の芝1600mなら問題ないことを示した。中山は開幕週だったが、馬場全体がいいときは外差しも決まるという傾向通りの馬場だっ た。これも良かったのだろう。馬体は2キロしか増えていなかったが、春より少しボリュームアップし、休み明けとしては上々の仕上がりに映った。馬体の造り は違うが、ドリームジャーニーと似たようなタイプ。池添騎手はこういうタイプの扱いが上手い。左回りの直線の長いコースに実績があるが、本質的にはむしろ 小回り向きなのではないか。今後は富士SからマイルCSに向かう予定。マイルG1戦線を盛り上げてくれそうだ。

カフェブリリアントは内枠スタートから中団の内をロスなく進み、直線で馬群を割ってメンバー4位の34.6秒で伸びて0.1秒差の2着。戸崎騎手が道中ロ スなく進め、直線でスパッと捌いて持ってきた。6番人気で激走したが、芝1600mの阪神牝馬Sで0.2秒差の4着がある馬が、そのときよりも1キロ軽い 54キロ、内枠、戸崎騎手と条件が揃っていた。最終調教で前脚の可動域が広くなり、行きっぷりが良くなっていたようにやはり調子が戻っていたのだろう。馬 体は18キロ増えていたが、全体的にしっかりした印象で18キロ増ほど太くはなかった。今年はずっと芝1600mを使っているが、ベストは芝1400m。 次走スワンSに使ってきたら注意したい。戸崎騎手は7月以降の重賞[6-3-0-0]で現在9戦連続連対中。レース中に周りが見えており、余裕を持って騎 乗している。昨年は130勝だったが、今年は現在139勝。2位のルメール騎手に20勝差をつけて独走している。

ダノンプラチナは出遅れて後方からメンバー2位の34.3秒で追い込んで0.3秒差の3着。勝負どころでロードクエストを尾行して上がってきたが、直線で 並びかけるところまで行かなかった。勝ったロードクエストより3キロ重い58キロを背負っていたぶんもあるのだろう。前走東京新聞杯は11キロ増で太かっ たが、今回は18キロ絞れて太め感はなかった。ただし馬体の張りはひと息で休み明けを感じさせる仕上がりだった。今後は富士SからマイルCSになりそう。 今回使った反動がなく、上積みがあるかがポイントになる。

ダイワリベラルは1枠1番から内ラチ沿いの中団後ろを進み、メンバー5位タイの34.7秒で伸びて0.5秒差の4着。直線で馬群を捌いて最後までしぶとく 伸びたが、スタート後の行きっぷりが悪く、いつもより位置取りが後ろになったことが堪えた。カフェブリリアントの位置を取れていれば、馬券圏内があったの ではないか。前走京王杯SCで14キロ減った馬体が10キロ増えて戻っていた。箱型体型のジリ脚タイプで中山芝1600mがベスト。来年のニューイヤーS で注意したい。それまでは距離を延ばして福島記念が目標か。

クラリティスカイは中団からしぶとく伸びて勝ち馬と0.5秒差の4着同着。前走関屋記念は勝ち馬から0.5秒差の8着。昨年NHKマイルCを勝ってから惨 敗が続いていたが、ようやく復調してきた。今回は他馬より重い57.5キロを背負っていたことも影響しているが、芝1600mでは切れ不足。こういうタイ プは阪神芝1800mが合う。チャレンジC(ハンデ戦)に使ってきたら要注意。その前に惨敗しておきたい。

ダノンリバティは好位の外から早めに動いたが、直線で伸び切れず0.8秒差の10着。体型的に中山は合いそうだが、器用さがないため、広くて直線の長い コースが合うタイプ。中京記念で復帰し、中2週で新潟に輸送して関屋記念で目一杯走り、中3週で中山に輸送して京成杯AH。暑い時期だけにそのあたりの影 響もあったのだろう。攻め駆けするタイプで調教は動くが、前走より動きは地味に映った。予想とパドック診断では軽視。OP馬は目立って悪く映らないため、 微妙なところをチェックする必要がある。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ