WAKUWAKU競馬道場

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼9 コメント4
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

【2016年】ローズS レース展望 【簡易版】
2016/09/13 18:02:00
テーマ: レース展望
週初めの簡易版レース展望です。
オークス馬シンハライト、桜花賞馬ジュエラー、桜花賞3着馬アットザシーサイド、桜花賞&オークス7着のレッドアヴァンセ、アルテミスS勝ち馬デンコウア ンジュ、君子蘭賞勝ち馬カイザーバル、チューリップ賞3着馬ラベンダーヴァレイ、桜花賞5着馬アドマイヤリード、前走STV賞2着のテラノヴァなど。

過去10年で1番人気は[2-3-1-4]で5連対。6~9番人気は6連対、10番人気は2連対。最近6年のうち5年で6番人気以下が連対しており、馬連 は73倍、50倍、1.7倍、78倍、210倍、17倍。春のクラシック好走馬が揃ってガチガチもあるが、中穴以上の決着が多い。

シンハライトはチューリップ賞でジュエラーにハナ差で1着、桜花賞でジュエラーにハナ差で2着。オークスは位置取りが悪くなり、かなり厳しいレースになっ たが、メンバー最速の33.5秒で最後に捻じ伏せた。過去10年でオークス馬は[2-1-0-4]。太め残りで負ける馬が多いが、どこまで仕上げてくる か。

ジュエラーは[2-2-0-0]で上がりは全て最速。桜花賞を勝った後に左前脚の第1指骨を剥離骨折が判明。骨折明け、目標は次の秋華賞だけにここで無理 はできない。そのあたりがどう仕上げとレースに影響するか。シンハライトはディープインパクト産駒、ジュエラーはヴィクトワールピサ産駒。馬体の成長に注 目。

アットザシーサイドは桜花賞で0.3秒差の3着。オークスは11着に終わったが、芝1800mならもう少しやれる。レッドアヴァンセは春善戦止まりに終 わったが、使い詰めの影響があった。リフレッシュして馬体が成長していれば。シンハライト、ジュエラーでガチガチの可能性があるが、穴っぽい馬を絡めてみ たい。

コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ