WAKUWAKU競馬道場

競馬雑誌で活躍中の競馬アナリストGMがお届けする競馬予想情報

このブログをフォロー

更新情報の通知を受け取れるようになります。

お礼9 コメント4
RSS
RSSフィード RSS
カレンダー
<  2016年12月  >
10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
競馬アナリストGM
競馬アナリストGM
競馬サイト「WAKUWAKU競馬道場」(1999年~)の主宰。2002年から笠倉出版「競馬大予言」の「重賞データ1本釣り」を連載中。著書は「重賞を勝つための極意」など。

【PC版】WAKUWAKU競馬道場
【携帯版】WAKUWAKU競馬道場
 ツイッター

【2016年】セントライト記念 レース展望 【簡易版】
2016/09/13 18:01:00
テーマ: レース展望
週初めの簡易版レース展望です。
皐月賞馬ディーマジェスティ、ラジオNIKKEI賞勝ち馬ゼーヴィント、スプリングS勝ち馬マウントロブソン、青葉賞4着馬プロディガルサン、前走白百合 S2着のメートルダール、同3着のノーブルマーズ、京成杯勝ち馬プロフェット、500万、1000万条件を連勝したカルヴァリオ、同コースの水仙賞勝ち馬 アルカサルなど。

過去10年で1番人気は[3-1-1-5]で4連対。6~9番人気は4連対、10番人気以下は2連対。キタサンブラックが勝った昨年は前残りになり、 6-9-10番人気で馬連133倍、3連単6180倍の大波乱になった。中山で行われた過去5年の馬連は20倍、49倍、91倍、27倍、133倍。重賞実績馬 が揃うが堅くはない。

ディーマジェスティはダービーで0.1秒差の3着に負けたが、直線でサトノダイヤモンドに寄られて外に持ち出すロスがあった。皐月賞を勝った中山で1キロ 軽い56キロ。二ノ宮厩舎はセントライト記念で[1-4-0-6]、1番人気は[0-0-0-1]、2番人気は[1-4-0-0]。以前からこのレースと は相性がいい。

ゼーヴィントはラジオNIKKEI賞で重賞初制覇。中山では2戦2勝で未勝利、山藤賞を勝っている。戸崎騎手では2戦2勝。現在、戸崎騎手は重賞で9戦連 続連対中。素直に軸が正解か。マウントロブソンはさつき賞6着、ダービー7着でそれほど負けていない。過去10年のセントライト記念で堀厩舎は [2-0-0-2]で相性がいい。

プロディガルサン、メートルダールは秋になってどこまで馬体が成長してくるか。ノーブルマーズは休み明けを除き、逃げたときは[2-2-1-0]。マイ ペースで逃げるとしぶとい馬。過去10年で前走500万条件は2連対、1000万条件は5連対。前走函館でミッキーロケットに勝ったカルヴァリオあたり か。大竹厩舎はアルカサルと2頭出し。


コメント(0)

コメント一覧

コメントがありません。
ページの先頭へ